クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

SBIカードが住信SBIネット銀行の子会社に!SBIホールディングスが2015年10月に、SBIカードの全株式を譲渡する予定のようです。

f:id:cardmics:20171203130709j:plain

インターネット上で一時期、お得なクレジットカードとして話題になったSBIカード。

このSBIカードが2015年10月から、住信SBIネット銀行の子会社になることが正式決定したようです。SBIホールディングス、及び住信SBIネット銀行の双方がニュースリリースにて発表しました。

住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:円山法昭、以下「住信SBIネット銀行」という)は、2015年4月21日開催の取締役会において、SBIカード株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役執行役員社長:森田俊平、以下「SBIカード」という)の全株式を、SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:北尾吉孝、以下「SBIホールディングス」という)より譲り受けることを決定し、同社を住信SBIネット銀行の完全子会社とすることになりましたので、お知らせいたします。

このたび当社は、当社連結子会社であるSBIカード株式会社(以下、「SBIカード」)の全株式を、当社の持分法適用関連会社である住信SBIネット銀行株式会社(以下、「住信SBIネット銀行」)に譲渡することにいたしましたので、お知らせいたします。 

SBIカードの運営会社変更について:

ネットバンク傘下に入ることで変化も:

今回のSBIカードの譲渡ですが、もはや住信SBIネット銀行もSBIホールディングスが半分程度出資しているSBI系のネットバンクのようなものなので、持株会社内での移動にすぎないという見方も出来そうな感じ。

  • 現在:SBIホールディングスの子会社
  • 今後:SBIホールディングスが出資している住信SBIネット銀行の子会社

しかし、それでもSBIカードという単独のクレジットカード発行会社がネットバンク傘下に入ることは、おいおい、大きな影響を及ぼすはず…。

たとえば住信SBIネット銀行ならではのサービスがSBIカードに盛り込まれていくなどの変化が出てくると思うので、個人的にはこういった相乗効果に期待したいところですね。すくなくともSBIカード保有者にとっての改悪は、それほど無いのではないでしょうか?

追記:SBIカードそのものがサービス終了

追記です。

住信SBIネット銀行の傘下になったSBIカードでしたが、それでも運営はうまくいかなかったようで、2018年2月を以てサービス終了となってしまいました。

良くも悪くもネットを賑わしたクレジットカードだっただけに、やや寂しい思いがありますね。次なるカードに期待しましょう。

以上、SBIカードが住信SBIネット銀行の子会社に!SBIホールディングスが2015年10月に、SBIカードの全株式を譲渡する予定のようです…という話題でした。

参考リンク:

SBIカードよりもポイントが溜まりやすいクレジットカードを知りたい…という方は、下記記事を参考に。

ポイント還元率の高い、おすすめのクレジットカードを紹介しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP