クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

セゾンカードの事業者向けアメックスプラチナの長所を、クレディセゾン社員に質問!創業期でも作りやすく、与信枠が大きいカードです。

f:id:cardmics:20180917112912p:plain

セゾンカードの事業者向けプラチナカードである『セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』。

このプラチナカードの長所や保有メリットを、発行しているクレディセゾンの社員に直接聞いてきました(MFクラウドExpoにて)。上記公式サイトとあわせてお読みいただければと思います。

セゾンプラチナアメックスならではの長所:

セゾンプラチナアメックスならではの長所は主に2つ。それぞれ詳しく説明していきますね。

1.スタートアップの経営者でも作りやすい:

まず、セゾンプラチナアメックスの長所1つ目は、スタートアップ、つまり創業期の企業経営者でも作りやすいという点。

もちろん入会審査次第になりますが、会社を設立して1年目であっても、このクレジットカードであれば審査に通る可能性があります。

ちなみに他の法人向けクレジットカードだと、なかなか初年度に作るのは難しかったりするんですよね。3年分の決算書を出せとか、帝国データバンクによる調査が必要だったりと審査がかなり厳しいので、その点、確かにセゾンプラチナアメックスには長所があると言えそうです*1

  • 通常の法人向けカード:審査が厳しい
  • セゾンアメックス:1年目の経営者でも作成可能
個人事業主であっても作れる:

また、セゾンプラチナアメックスは株式会社や合同会社といった法人格を持たない個人事業主でも、問題なく作成可能なビジネスカード。

個人格だけど私的なカード利用と経費の支払いを明確に分けたい…という方などは、こういったクレジットカードを作ることで経費記帳を楽にしてみてください。起業間もない個人事業主であっても作成できる可能性があります。

2.与信枠が大きめ(限度額が高い):

セゾンプラチナアメックスの2つ目の長所は、与信枠が大きめであるということ。

今日、『どのくらいの与信枠を最初から貰えるんですか?』とクレディセゾンの社員に質問したところ、さすがに明確な回答をいただくことは出来ませんでしたが、少なくとも100万円以上の利用枠は貰えそうな感じ。

  • 他の法人カード:ショッピング枠が最初は小さい
  • セゾンプラチナアメックス:最初から枠が大きい

特にクレジットカード決済が多い企業経営者の方にとって、この枠の大きさは魅力的なのではないでしょうか?枠が小さすぎて、経費精算に使いたくても使えない法人カードでないことは確かです。

その他の特典&サービスも豊富:

f:id:cardmics:20180505153028j:plain

こんな感じでセゾンプラチナアメックスは創業期の企業経営者にも優しい作りのクレジットカード…なわけですが、もちろんそれだけがこのカードの魅力ではありません。

プライオリティパス(海外で空港ラウンジが付ける通行券)が貰えたり、年間利用額が多い方には年会費の割引があったりと、提供されているサービスの種類はとんでもなく多いので、是非、興味がある方は公式サイトにてその内容のチェックをしてみてください。

読めば読むほど、『へぇ、こんなサービスも使えるのか』と思ってもらえると思います。

本家アメックスの法人カードとの比較も:

尚、セゾンカード発行のビジネスカードではなく、本家アメリカン・エキスプレス社でもビジネス向けゴールドカードを発行しているので、2枚の法人カードを比較してみることもおすすめ。

こう見比べてみると同じアメックスブランドでも、サービス内容がだいぶ違うことがおわかりいただけるかと思いますよ(本家アメックスはゴールドカードなのに、セゾンプラチナアメックスよりも年会費が高いなど)。

以上、セゾンカードの事業者向けアメックスプラチナの長所を、クレディセゾン社員に質問!創業期でも作りやすく、与信枠が大きいカードです…という話題でした。

参考リンク:

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス以外にも事業者向けのクレジットカードをもっと知りたい…という方は、下記のおすすめ法人カードを紹介している記事もどうぞ。法人カードの効果的な使い方についても解説しています。

news.cardmics.com

*1:まぁ会社責任ではなく、個人の責任で債務(利用金額)を払う契約になるために、設立1年目であってもカード審査に通るのでしょう。要するに社長さん本人に信用があれば作成可能、借金まみれだったり他のカード利用歴が悪い方なら審査落ち…となります。

PAGE TOP