クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

私の財布の中に入っている、クレジットカード枚数は全部で10枚!効率よくポイントを貯められるカードと、見栄のカードを合わせた枚数です。

f:id:cardmics:20170525225316j:plain

『クレジットカードの専門家として、cardmicsさんは財布の中に何枚くらいクレジットカードを入れてるんですか?』

ここのところそんな質問をされる機会が多いので、今回は誰の参考になるかはわかりませんが、私が財布の中にいれているカード枚数について記事を書いてみたいと思います。

正直、私のカード枚数は参考になるとは思えないので、あくまで興味本位程度に読んでみてくださいね。

私が持ち歩いているカード枚数について:

持ち歩いている枚数は全部で10枚:

早速、私の財布の中に入っているクレジットカードの枚数を数えてみたら、実に10枚も持ち歩いていました。

内訳としては下記のような感じ。

  • ポイント獲得目的:4枚
  • 電子マネー利用目的:2枚
  • ステータス目的:3枚
  • カード提示特典用:1枚

ポイント目的で持ち歩いているクレジットカードが大半ですが、取材目的に持ち歩いているクレジットカードも多いので、きちんと持ち歩き枚数を絞れば5枚くらいでもどうにかなると思われます。

ブラックカードは持ち歩かないと勿体ない:

あと、「ステータス目的」として持ち歩いているクレジットカードには、プラチナカードやブラックカードがあるんですが、こちらは年会費が10万円以上するので、持ち歩かないと損な感じ。

ただそれじゃ意味もなく持ち歩いているのかといえばそんなことはなく、ブラックカード保有者であれば無料で使えるラウンジがあったり、コンシェルジュサービス(秘書のようなサービス)を使う機会があることを考えると、財布の中に入れておくことが重要であると言えます。

ついでにいうと、異性の前でいい格好をしなくちゃいけない時がいつ訪れるかわからない…というのもありますね(笑)。

そんな時に財布の中に楽天カードしか入っていなかったら目も当てられないので、基本、ステータスカードはすべて持ち歩くようにしているというわけです(ステータスカードが欲しい方は下記記事も参考に)。

news.cardmics.com

仕事用にカードが必要なことも:

私が多くのクレジットカードを持ち歩いている理由がもうひとつ。それは私生活向けに保有しているクレジットカードと、経費支払い用のクレジットカードを分けて利用しているため。

こうすると経費として支払いをした分を明確に区別することができるので、経理処理や確定申告の際に便利ですよ。

私同様、仕事でクレジットカード払いを使う機会が多い方は参考にどうぞ。

紛失リスクが高すぎるので危険:

f:id:cardmics:20180505154723j:plain

では、みなさんも普段から10枚以上のクレジットカードを財布の中に入れておくべきなのか…というと、もちろんそんなことはありません。

これは単純な話、これだけの枚数のクレジットカードを財布に入れておくと、財布を紛失してしまった時の手続きが面倒なことになってしまうため。

仮に財布をなくしてしまった時には10社のクレジットカード発行会社に緊急電話をし、『カードを紛失してしまいました』と伝えなくてはいけないなんて、想像するだけで面倒&大変な作業ですからね(苦笑)

  • 持ち歩き枚数が少ない場合:紛失手続きはラク
  • 持ち歩き枚数が多い場合:紛失手続きが面倒なことに

絶対におすすめできるものではないなぁ…と思います。

以上、私の財布の中に入っている、クレジットカード枚数は全部で10枚!効率よくポイントを貯められるカードと、見栄のカードを合わせた枚数です…という話題でした。

参考リンク:

私が現在保有しているクレジットカード一覧については下記記事を参考に。ブラックカードやプラチナカードなど、年会費にして60万円以上のカードを常に持ち歩いています。

news.cardmics.com

PAGE TOP