クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

貯金が0円でも1,000万円以上を使えてしまうクレジットカード。カード会社が個人の信用のみで、お金を貸してくれることに感謝です。

f:id:cardmics:20171121204148j:plain

私は現在、15枚のクレジットカードを保有しているのですが、それらのカード全ての利用限度額を合わせると、軽く1,000万円を越えます。

これって説明不要だとは思いますが、貯金がたとえ0円であったとしても、保有カードを使えば自由に1,000万円まで使っちゃえるってこと

もうブランド品を買い漁ろうが、キャバクラで豪遊しようが、ファーストクラスに乗って世界中を旅してまわろうが私の自由。

カードの利用限度額というのはそういうものです(クレジットカードの仕組みをよくわかっていないという方は、下記記事を参考に)。

利用限度額が大きすぎる点について:

ヤケになって使うことも出来る:

こんな風にカード利用者も人間なんですから、仮になにかの出来事で自暴自棄になって貯金を使い果たし、その後にカード利用限度額の上限目一杯まで好き勝手に使っちゃう可能性だってありますよね。

実際、公務員や上場企業の社員の方であれば、私同様に利用金額の合計が1,000万円を超える方は少なくないはず。

そんな彼らが『どうせ自己破産するんだから、目一杯、カードで豪遊してやれ!』ってヤケになってしまったら、カード会社の経営は大丈夫なんでしょうか?*1

ちょっと心配になります。

信用だけでカードを使わせてくれること:

それにも関わらず、クレジットカード発行会社というのはみなさんから土地や建物、株券、債権といったものを担保として預かっているわけではなく、ご存知のように『個人の信用力』だけで多くの方にクレジットカードを発行し、好き勝手に買い物等で利用させているわけです。

  • 担保がある場合:好き勝手使われてもまだ安心
  • 担保がない場合:好き勝手使われるとすべて損失に

これは見方を変えれば、クレジットカードってかなり危ういビジネスモデルとも言えそうな感じ。まさに超ハイリスクなため、信用だけでクレジットカードを渡してくれているカード会社にはもっと感謝しないといけないのかもしれませんね。

平時は大丈夫でも急事には大変なことに:

まぁそれでも何十年もこのビジネスモデルでクレジットカードを発行し、結果的にクレジットカードは日本だけでも2億枚以上発行されている現状を考えると、ちゃんとビジネスとしては成立している模様。

しかし、それはあくまでなにも起きていない平時の時の話であって、天災や世界的な大不況が発生した時にはどうなるんでしょうか。他人事ですがそんな日が来ないことを祈るばかりです。

以上、 貯金が0円でも1,000万円以上を使えてしまうクレジットカード。カード会社が個人の信用のみで、お金を貸してくれることに感謝です…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカードの利用限度額についてもっと詳しく知りたいという方は、下記記事も参考にどうぞ。 利用限度額のアレコレについて専門家がわかりやすく解説しています。

news.cardmics.com

*1:カードを使わせるだけで使わせて、自己破産されてしまえばカード会社はそのお金を回収することが不可能に…。要するに泣き寝入りです。

PAGE TOP