クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

専門家がリボ払いのメリットとデメリットを解説!これからクレジットカードのリボ払いを使う予定がある方は、その落とし穴に注意しよう。

f:id:cardmics:20190712205632j:plain

今回はクレジットカードのリボ払いを使うメリットにはどのようなものがあるのか…という点について、わかりやすくまとめてみたいと思います。

果たしてリボ払いには利用価値があるのかどうか、この記事を通して知ってもらえればなと思います。

リボ払いを利用するメリット:

早速、リボ払いを利用する上でのメリットについてまとめておきたいと思います。

これらのメリットはあくまで「考え方によってはメリットだよね」というものを紹介しているだけなので、それ以上先の議論については後述する解説をご覧ください。

1.手元にお金がなくても使える:

まず、リボ払い最大のメリットは、手元にお金がなくても支払いが出来る…という点です。

たとえば手元に10万円しか現金がない方も、リボ払いなら30万円、50万円といった買い物をすることが可能。

なにせリボ払いは毎月の支払い額はミニマムペイメント、つまり最小限の支払いだけでOKなので、自分のフトコロ以上の買い物ができる…というのはひとつのメリットと言って良いでしょう。

リボ払いは金欠時に役立つ:

実際、私も過去、大学の学費が手元のお金だけで払えなくなった時に、リボ払いに助けてもらった経験あり。

あの時、リボ払いがなければ大学を中退するしかなかったので、どれだけこの支払い方法に助けられたかわかりません(詳しくは下記記事を参照)。

news.cardmics.com

2.家計の支払い管理が楽:

リボ払いを使うメリットその2は、毎月のお金の管理が楽になる点。

なぜならリボ払いでは5万円使おうが10万円使おうが、毎月の支払い金額を固定することが出来るメリットがあるため、その金額さえ確保しておけば家計のやりくりが可能になるためです。

  • 5万5,000円のカード払いをした月:翌月の返済は1万円のみ
  • 3万8,000円のカード払いをした月:翌月の返済は1万円のみ

f:id:cardmics:20171010091300p:plain

そのため、無理のない返済額を設定しておけば、使いすぎた月も節約した月も一定額の返済で済むために生活が安定。

正社員や公務員のように給与が固定給だ…という方にとって家計のやりくりで頭を痛める必要のないリボ払いは、使い方次第で面白い支払い方法になるとは思います。

3.好きな時に繰り上げ返済できる:

リボ払いを使う利点その3としては、リボ払いは好きな時に繰り上げ返済が出来るという点。

たとえばファミマTカードのように、コンビニのレジでリボ払いの返済をする…なんてことが出来るクレジットカードもあるので、都度都度、フトコロ具合にあわせてお金を返済していきたい…という方に向いています。

特に夏冬にボーナスがしっかり出る職種の方なら、毎月の返済を少なめにしてボーナスでバランスを取る…なんてことも可能。

これなら日々の生活をそこまで切り詰める必要がありません。

リボ払いを利用するデメリット:

f:id:cardmics:20190918142143j:plain

続いてはリボ払い利用上のデメリットについて。

これらのデメリットとメリットを天秤にかけて、リボ払いを使うべきかどうかを判別してもらえればと思います。

1.金利手数料が発生する:

リボ払い最大のデメリットは、説明するまでもなく金利手数料が発生する点。

カード会社ごとにその設定金利は異なりますが、未払い残高に対してだいたい14~18%程度の金利が発生することになります(下記は三井住友カードのリボ払い金利)。

手数料:実質年率15.0%

仮に10万円を1年間、借りっぱなしにした場合には返済額が11万4,000~11万8,000円程度になるイメージですね。

まぁ実際には毎月返済していくので返済総額はそこまで高くはなりませんが、考え方によっては10万円の洋服や家電を11万円以上で買うような形になります。

2.返済がなかなか終わらない:

リボ払いのデメリット、2つ目はリボ払いを毎月利用しているといつまでも返済が終わらないという点。

リボ払いは前述のように最小限の支払いのみでOKな決済手段ゆえ、毎月の返済金額が少ない場合には返済しても返済してもなかなか返済が終わりません。

下手すると1回の支払いを返済しおえるまでに3年以上の期間を必要とする場合すらあります。

20万円をリボ払いすると40回払いに:

論より証拠、楽天カードで20万円のリボ払いを毎月5,000円ずつ返済すると、下記のように40回の返済が必要な状況に(楽天カードの公式サイト)。

毎月5,000円ずつの返済だと完済まで3年4ヶ月かかる

毎月5,000円ずつの返済だと完済まで3年4ヶ月かかる

40回の支払いを必要とするということは、リボ払いの返済を終えるまでに3年4ヶ月の期間を必要とする…ということでもあるので、想像するだけでゲッソリしてしまう方も多いのではないでしょうか?

これに加え、毎月毎月、生活費をリボ払いしていくと、次から次への未払い残高が膨らみ、いつまでたっても返済が終わらないことになります。

リボ払いを使うとローンが組みにくくなる:

あなたがもしリボ払いを利用し、未返済の残高がたんまりと残ってしまっているとしたら、それはあなたがお金に困っているなによりの証拠。

そんな状況を他のクレジットカード会社や銀行などに確認されてしまったら、新規にクレジットカードを作ることも、住宅ローンや自動車ローンを新規に組むことも難しくなります(いわゆるクレジットヒストリーが傷ついた状態になる)。

  • リボ利用歴あり:お金に困ってそうと認定
  • リボ利用歴なし:困窮してるとは思われない

これもリボ払い利用上のデメリットで間違いなしですね。これから住宅や自動車を買う予定がある方はお気をつけください。

メリット以上に大きなデメリット:

f:id:cardmics:20180731131212j:plain

ここまでクレジットカードでリボ払いを使うメリット&デメリットを紹介させていただきましたが、説明するまでもなく、各種メリットはリボ払い最大のデメリットである「金利がかかる」というものですべて相殺されてしまうものばかり。

要するに金利を払ってまで得るべきメリットではないので、リボ払いは使わないほうが無難です。

お金に困った時はどうすべきなのか?

『そうはいっても手元にお金がないんだからしょうがないじゃないか!』という方もいらっしゃると思うので、いくつかお金に困った時にどうすべきなのか…という内容についてもすこし紹介しておきます。

ビューカードを活用する:

お金に困った時、個人的に一番おすすめしたいのがボーナス1回払いです(ボーナス払いに関する知識がない方はこちら)。

下記記事で紹介しているように、ビューカードというクレジットカードを利用すれば、ユニクロでの支払いも西友での生鮮食料品の買い物もすべて、あとからボーナス払いに切り替えることが出来るため、支払いを先延ばしできた分だけ金利発生を抑えることが可能。

…というのもリボ払いとは異なり、ボーナス払いはボーナス時期まで支払いを無利息で先延ばしできる方法なので、お金をやりくりするのに最適なんですよ(ボーナス時期までに返済額を貯めておけばOK)。

反面、最初からリボ払いを使ってしまうと、その月から金利が発生するようになってしまうため、いつの日かリボ払い金利でクビが回らなくなることに。

ほんと非常にもったいない支払い方法だと言えるので、お金が手元にないという理由でリボ払いを使っている方は、ビューカードへの切替がおすすめなのですね(ビューカード公式はこちら)。

銀行のカードローンを利用する:

それでもお金に困っているんだ…という方は、リボ払いの金利を払うよりも大手銀行のカードローンを利用するほうがまだマシ。

これは単純な話、リボ払い金利はどのクレジットカード会社でも概ね14~18%程度かかるんですが、銀行カードローンだと借り方次第でその金利をそれ以下に抑えることが出来るので、リボ払いを使うよりも思い切って借金してしまったほうが負担が少ないためです。

  • おすすめしない:リボ払いを使って金利負担
  • おすすめ:銀行カードローンで借金をしてリボ払い返済

まぁなかなか借金をするって勇気がいるかもしれませんが、その勇気のあるなしだけで重い金利負担をしつづけるのはバカらしい話。

そのため、リボ払いの未払い残高分だけ借金をして、そちらを先に返済してしまうようにしてください。

それだけで毎月の負担金利が随分と変わってきますよ(すでにリボ払いを目一杯利用してしまっている…という方は、下記記事も参考に)。

news.cardmics.com

リボ払いは最後の手段:

f:id:cardmics:20181113163424j:plain

あれこれ解説してきたように、クレジットカードのリボ払いというのは最後の最後の手段。

すでにほかの支払い手段や借入先からお金を借りてしまい、もう他の支払い手段がない…というタイミングになってはじめて使うかどうかを検討すべきものなので、それ以外の場合では絶対に利用しないようにしてください。

業界人である私が言うのもアレですが、そのくらいリボ払いは百害あって一利なし。金利を負担しても利用する価値など全くありません。

キャンペーンやポイント目的もダメ:

あと、「楽天カードでリボ払いをするとポイント獲得数が増えるから」とか、「今、リボ払いを利用するとキャンペーン特典として3,000円分の商品券が貰えるんだ」といってリボ払いを使おうとする方もいますが、そういったリボ払いの使い方も要注意。

カード会社もビジネスなので、自社にとって損になるようなキャンペーンを展開することはありませんよ。くれぐれもお気をつけください。

以上、専門家がリボ払いのメリットとデメリットを解説!これからクレジットカードのリボ払いを使う予定がある方は、その落とし穴に注意しよう…という話題でした。

参考リンク:

リボ払いの金利ってどのくらいかかるの?という点が気になる方は、リボ金利の計算方法を紹介している下記記事を参考に。

昔よりは利息がかからなくなりましたが、今でも十分に重い負担となりますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP