クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

リボ払い専用クレジットカードは、もうクレジットカードとは別の名称にしたほうが、利用者にわかりやすいのではないだろうか?

f:id:cardmics:20170825234455j:plain

リボ払いのみしか利用することが出来ない、通称『リボ払い専用クレジットカード(リボ専)』というクレジットカードが存在します。

現在ではファミマTカード、JCB EIT、三井住友エブリプラスなどが有名ですが、クレジットカード会社として儲けの多いこのジャンルは、今やどこのカード会社も注力したいジャンル。

今後も新しいリボ払い専用クレジットカードが発行されることでしょう。

リボ払い専用カードの名称について:

一見、普通のカードに見える:

そんなリボ払い専用クレジットカード最大の落とし穴は、一見、普通のクレジットカードに見えることによる勘違いを引き起こしてしまう点。

要するにリボ払い専用のクレジットカードと知らずに作ってしまう方が後を絶たない状況があります(実際、Yahoo!知恵袋には知らずに使ってしまった方からの質問が存在)。

理解した上で使う分には問題ないけど:

もちろん、リボ払い専用であったとしても、きちんと知識を持った上で利用するのであればなんら怖いことは無いクレジットカードなんですが、全ての人が100%理解した上で使うなんて無理な話。

だったら注意喚起の意味も込めて、クレジットカードとは別の名称にしちゃうのも手なんじゃないかな?と思うのです。

  • 通常のクレジットカード…今の名称のまま
  • リボ払い専用カード…別の名称に

今のままじゃ混同して申し込んでしまう人があとを絶ちません。

名称を変えることに意味がある:

こんな感じでリボ払い専用クレジットカードの名称を通常のクレジットカードとは別の名称すれば、間違ってリボ払い専用カードを申し込んでしまう人が減るはず。

変更する名称についてはリボという言葉が浸透しているのであれば、リボカードでもなんでも良いと思いますが、一目瞭然でリボ払い専用だということがわかると良いですね。

逆にアメリカのように、ミニマムペイメントカードという名称にしてしまうと、横文字ばかりで日本人には理解しにくいデメリットがあるように思います(業界としてはわざと横文字にして、仕組みをわかりにくくさせたいというのはありそう)。

知らないうちにリボ払い専用カードになる例も:

楽天カードやイオンカードなどの一般クレジットカードも、ちょっと設定を変更すると自動的にリボ払いしか使えなくなるリボ払い専用クレジットカードに変化。

こちらも気付かずリボ払い専用に変更してしまう方がいるようで、下記記事のように『知らないうちに楽天カードに100万の借金を背負わされた!』と憤慨する人もいるくらいです。

利用の際はお気をつけください(リボ払いに関連するキャンペーン等に応募さえしなければ大丈夫)。

放っておけば大きな社会問題に:

f:id:cardmics:20170804194210j:plain

最後に。

今はまだリボ払いが大きな社会問題になっているとは言えませんが、このままクレジットカード会社がリボ払いを推進していったらどうなるかはわかりません。

その時にあわてて対応するのではなく、カード会社には今からしっかりとした啓蒙活動をしていってほしいもの。『知らずにリボ払いを使う人が悪い』では、もう無理がありますよ(長い目でカード業界の未来を見ていってほしい)。

以上、リボ払い専用クレジットカードは、もうクレジットカードとは別の名称にしたほうが、利用者にわかりやすいのではないだろうか?…という話でした。

参考リンク:

そういえばクレジットカードの支払い方法とかポイント制度について知識がないなぁ…という方は下記ページを参考に。

クレジットカードの専門家がわかりやすく基礎知識を解説しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP