クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

楽天カードはどこで使えるのか?楽天カードが支払いに使えるお店や場所の一覧リストを、初心者にもわかりやすく解説します。

f:id:cardmics:20170825234503j:plain

今回は『楽天カードは楽天市場でしか利用できないの?』とか、『楽天カードはどこのお店で使えるの?』という疑問を抱えている方のために、楽天カードを使える場所についてわかりやすく解説をしてみたいと思います。

これを読めば楽天カードが使えるお店と使えないお店が明確にわかるようになるので、いつでもどこでも楽天カードを使いたい方は参考にどうぞ。

楽天カードが使えるお店一覧:

楽天カードはどこでも利用可能:

まず、楽天カードが使えるお店はどこなのか?というと、これはざっくり言ってしまえば、クレジットカード払いが使えるお店のほぼ全ての店舗です。

ガソリンスタンド、書店、レストラン、居酒屋、デパート、病院、ドラッグストアなどなど、クレジットカード払いが使えるお店であれば大抵、楽天カードを支払いに利用可能。

  • 楽天カードが使えるお店 ≒ クレジットカード払い出来るお店

ごく一部の例外こそありますが、お店の外に下記のようなVisa、マスターカード、JCBのシールが貼られていたら『あっ、この店舗では楽天カードが使えるんだな』と思って問題ありません。

お店の外やレジにこんな感じのマークがあれば楽天カードが使える

お店の外やレジにこんな感じのマークがあれば楽天カードが使える

なぜ楽天カードはどこでも使えるのか?

ではなぜ、楽天カードはどこのお店でも支払いに使えるのか?それは楽天カードが前述のVisa、マスターカード、JCBと提携しているクレジットカードのためです。

論より証拠。

すでに楽天カードを入手した方は、楽天カード表面にそれらのマークがあるのを確認してみてください。間違いなくVisa、Mastercard、JCBのどれかが印刷されているのが確認できるものと思います。

そう、それが各ブランドとの提携の証。

  • Visaマークがある人:Visaが使えるお店で使える
  • Mastercardマークがある人:Mastercardが使えるお店で使える
  • JCBマークがある人:JCBが使えるお店で使える

そしてそのマークがあるだけで、クレジットカードが使えるお店のほとんどで利用出来てしまうので、クレジットカードが使えるお店であれば楽天カードが使えるかどうかを心配する必要がないんです。

AMEX提携の楽天カードだけは別:

但し、2018年から募集が開始された、アメリカン・エキスプレスと提携をした楽天カードの場合には使えないお店は少なくない感じ。

  • Visa、Mastercard、JCB付き:ほぼすべてのお店で利用可能
  • アメリカンエキスプレス付き:使えないお店もちらほら

これはアメリカン・エキスプレスが使えるお店の数がVisaやMastercard等と提携している店の数よりも少ないことが原因なので、この点はもう諦めるしかありません。

アメックスが使えるお店でのみ、楽天カードを活用いただければなと思います(どの国際ブランドを選ぶべきかは下記記事参照)。

news.cardmics.com

海外渡航先でも使える:

楽天カードが使えるのは国内に限った話ではありません。

あなたが手にする楽天カードにVisaやMastercardの印字がされているなら、アメリカ合衆国、韓国、インド、スペイン、フランス、ブラジルといった海外の国や地域でも問題なく支払いに使えます。

  • Visaマークがある人:海外でも使いやすい
  • Mastercardマークがある人:海外でも使いやすい

反面、JCBマーク付きの楽天カードを保有中の場合には、海外での利用が難しい場合もちらほら。

日本人がよく観光に行くようなハワイ、韓国、台湾等であれば問題ありませんが、それ以外の地域だと支えるお店が限定的となる可能性があるのでご注意ください(楽天カードは2枚目の発行が可能なので、海外渡航する予定があるならVisa付きやMastercard付きの追加発行を是非)。

楽天カードだから使える場所が少ないわけではない:

こう書くと「楽天カードが海外で使えることはわかったけど、さすがに三井住友カードほどじゃないでしょ?」と思われる方がいるんですが、これは間違い。

Visaマークが付いた楽天カードと三井住友カードでは、使えるお店の数にほぼ差がないので、楽天カードだから海外で使いにくいと思う必要はありません。

楽天カードは世界中の国や地域で使える

楽天カードは世界中の国や地域で使える

Visaマークさえ入っていればそんな心配不要です。

AmazonでもYahooでも使える:

あと、楽天カードは楽天のクレジットカードだから、ライバル企業であるAmazonやYahooショッピングでは使えないんじゃないか…と思っている方も多いんですが、こちらも問題なく利用可能。

なぜなら楽天カードはVisaやJCB等の国際ブランドと提携しているので、AmazonだろうがYahooだろうがソフトバンクだろうが、ここで楽天カードを使うのはまずいだろう…という場所の支払いにも使えてしまうのですね。

この点もご安心いただければと思います(国際ブランドの仕組みについては下記記事参照)。

news.cardmics.com

楽天カード表面にそういったマークがない方は:

楽天カードの表面にそういったVisa、Mastercard、JCBといったマークがないという方は、もしかするとそれは楽天カードではなく、楽天銀行のキャッシュカードや楽天ポイントカードかもしれません。

そういったカードはそもそもクレジットカードではないので、楽天カードが使えるお店であっても支払いには利用不可(厳密にはデビットカードなら使えることもある)。

  • ブランドマーク付き:クレジットカードかブランドデビット
  • ブランドマークなし:キャッシュカードやポイントカード

とにかく買い物で楽天カードを使いたいなら、クレジットカードとしての楽天カードを作成する必要ありですよ(楽天カードの公式サイトはこちら)。

電気代やガス代の支払いにも使える:

f:id:cardmics:20170619154806j:plain

尚、楽天カードはレストランや書店といった実在するお店だけでなく、電気代、ガス代、携帯料金といった固定費用の支払いにも利用可能です。

これらの支払いを楽天カード払いするだけで自動的に楽天ポイントが貯まりますので、現在、銀行口座振替をしている方は楽天カード払いに切り替えてみてください。

たったそれだけで毎月、ザクザクと楽天ポイントをためていくことが出来ます。

年金や新聞代だって楽天カード決済可能:

また、国民年金保険料、プロバイダ料金、新聞代、生命保険代、ふるさと納税などなど、こちらもクレジットカード払いが出来る固定費であればすべて楽天カード払いOK。

前述のようにとにかくクレジットカード払いできる費用であればなんでも楽天カードで支払ってしまうことが出来るので、どんどん活用いただければなと思います(カード払いが出来る公共料金一覧リストはこちら)。

以上、楽天カードはどこで使えるのか?楽天カードが支払いに使えるお店や場所の一覧リストを、初心者にもわかりやすく解説します…という話題でした。

参考リンク:

楽天カードをまだ作っていない方は、下記記事もあわせて読んでみてください。楽天カードをお得に作る方法や、楽天カードはどんな人が作れるのかをわかりやすく解説しています。

あと、クレジットカード全般の知識も手に入れておきたい方は下記記事も参考に。

クレジットカードを作ったことがない方が不安に思っている点について解消できる記事だと思いますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP