クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

楽天カードと楽天プレミアムカード、どちらを作るべきか悩んでいる方に!2つのカードを比較し、その保有メリットをまとめてみた。

f:id:cardmics:20171119232209j:plain

これから楽天カードを作ろうと思っているのだけれども、楽天カードと楽天プレミアムカードのどちらを作ろうか迷っている…という方、少なからずいらっしゃるかと思います。

そんな方のために今回は、楽天カードと楽天プレミアムカードそれぞれの魅力を簡単にまとめてみました。

これを読んでいただければどちらを作るべきかの判断がしやすくなるはずなので、是非、参考にしてみてくださいね。

楽天カードと楽天プレミアムカードの比較:

2種類のクレジットカード比較表:

楽天カードと楽天プレミアムカードを比較するためにも、まずはざっくりと2枚のカードを比較してみましょう。わかりやすく表にまとめてみたのでご確認ください。

比較項目 楽天カード 楽天プレミアムカード
名称 楽天カード 楽天プレミアムカード
年会費 無料 1万円+税
発行費用 無料 無料
更新費用 無料 無料
ETCカード年会費 有料 無料
カードの色 シルバー ゴールド
プライオリティパス 発行不可 無料発行可能
国内空港ラウンジ 利用不可 無料利用可能
海外旅行傷害保険 利用付帯 手厚く付帯
国内旅行傷害保険 付帯なし 手厚く付帯
公式サイト こちら こちら

大きな違いはやはり年会費:

この2枚のクレジットカードの一番大きな違い、それは言うまでもありませんが年会費がかかるかかからないかという点です。

楽天カードは何年間でも年会費無料で使い続けることが出来るのに対し、楽天プレミアムカードの場合には年間1万円+税の維持費がかかることになるため、このお金を払う価値があるかどうかで、どちらのカードを作るべきかを考えるのが基本。

仮に年会費を払ってでも使う価値があると思えば楽天プレミアムカードを、いやいや1万円以上の年会費なんて払う価値はないよと思うのであれば無料の楽天カードを選択するのが無難です。

  • 1万円以上の年会費を払う価値アリ:楽天プレミアムカード
  • 1万円以上の年会費を払う価値ナシ:楽天カード

楽天プレミアムカードの魅力まとめ:

そのため、どっちのクレジットカードを持つべきかについては、兎にも角にも楽天プレミアムカードの魅力を知っておくことが重要。

これらの楽天カードにはない楽天プレミアムカードならではのメリットに魅力を感じ、それに対して年間1万円+税を払っても良いという方は、楽天プレミアムカードを選ぶようにしてください。

  1. カードの色がゴールドカード
  2. 利用限度額が大きめ(最高300万円)
  3. 国内にある主要空港のラウンジが無料で使える
  4. 海外にある空港ラウンジが無料利用できる、プライオリティパスを持てる
  5. 楽天市場(SPU)で楽天カードよりも2%分、ポイントが貯まる
  6. 楽天市場、楽天ブックス、楽天トラベルでポイント優遇あり(選択性)
  7. 誕生日がある月に利用すると楽天ポイントが多く貰える
  8. 海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険が手厚い
  9. ETCカードの年会費無料
  10. 利用明細書の郵送代無料

詳しいカードスペックは公式サイトも参考にどうぞ。

海外に行く方には大きな魅力アリ:

その上で個人的に言わせていただくとすると、海外旅行や海外出張に年に1回以上いく方でないと、楽天プレミアムカードに保有メリットはほとんどありません。

楽天市場や楽天トラベル、そして楽天ブックスで獲得ポイントが増える長所に期待される方もいるかもしれませんが、これだけで1万円分の年会費をポイント回収するのはかなり大変…。

年間50万円以上もカード決済する方でなければまず元は取れないと思います。

  • 年間50万円以上、楽天でカードを使う:ポイント獲得で年会費の元が取れる
  • 年間50万円も楽天を使わない:ポイント獲得分で年会費の元を取ることは出来ない

加えて、ただ単純にゴールドカードが欲しいのであればあえて楽天プレミアムカードでなくてもOK。

2016年には年会費が格安な楽天ゴールドカードというカードも誕生しているので、楽天カード選びは2択で考えるのではなく是非、3択で考えてもらえるといいかなと思います(詳しくは下記記事を参照)。

news.cardmics.com

事業主にはメリットのある楽天プレミアムカード:

個人事業主や株式会社経営者の方にとっては1つ、楽天カードよりも楽天プレミアムカードを使う大きなメリットがあります。

それは「楽天ビジネスカード」という、経費の支払いや商品の仕入れ等に使うことが出来るビジネス用クレジットカードを別途、発行することが出来る点。

このビジネスカードは楽天プレミアムカード保有者のみ発行できる追加カードなので、こちらを作ることが出来る分だけゴールドカードのほうに保有メリットがあります。

仮に楽天ビジネスカードがあればその後は私生活での支出は楽天プレミアムカード、仕事での支出は楽天ビジネスカード…といったように、2枚のカードを使い分けることができるようになるのでなにかと便利。

更にクラウド会計ソフトなどのクレジットカード明細書と連動して使うことが出来る会計ソフトを利用すれば、経理業務にかける時間をグッと短縮することも可能ですよ(経理作業をラクにしたい方はこちらの記事も参照)。

年会費を払いたくない方は楽天カードで充分:

f:id:cardmics:20170928131829j:plain

ちなみに。

私自身、楽天市場でよく買い物をするヘビーユーザーですが、保有しているのは楽天プレミアムカードではなくただの楽天カードです。

理由は前述のように1万円以上の年会費を払うだけの価値を、楽天プレミアムカードに対して見いだせないためですね*1

このように楽天ポイントを貯めたい、ガソリンスタンドで楽天ポイントが欲しいなどなど、単純に節約目的で楽天カードを作るなら通常のノーマル楽天カードで充分。

節約効果にはそれほど大きな差はありません。

海外に行く方なら楽天プレミアムカードを:

反面、海外旅行や海外出張に頻繁に行く方、とりあえずクレジットカードはたくさん持ちたくないけどゴールドカードが1枚くらいは欲しいという方などには、楽天プレミアムカードはおすすめ出来ると思います。

特に海外へ行く際にはこのカードを持っているのと持っていないのとでは雲泥の差あり。

付帯されている海外旅行傷害保険を適用させるためにも、是非、楽天プレミアムカードの保有を検討ください。

それだけで安心感が段違いですよ(海外の医療費がどれだけ高いかは下記記事を参考に)。

news.cardmics.com

追記:楽天プレミアムカードに切替えた

追記です。

この記事を書いた後、どうしても楽天プレミアムカードが欲しくなった私は、年会費無料の楽天カードから楽天プレミアムカードに切替を行いました。

そのあたりの詳しい事情や、切替後のメリットについては下記記事にまとめてあるので、興味がある方はそちらをご覧ください。

以上、楽天カードと楽天プレミアムカード、どちらを作るべきか悩んでいる方に!2つのカードの保有メリットをまとめてみた…という話題でした。

参考リンク:

その他、楽天プレミアムカードと楽天カードのどちらにするかまだ迷うという方は、下記記事などもあわせてどうぞ。

プライオリティパス発行だけに焦点を絞った場合には、楽天プレミアムカード=日本で一番お得なクレジットカードなので、それだけを目的にこのクレジットカードを持っている方も少なくありません。

news.cardmics.com

*1:本当ならプライオリティパスや海外旅行傷害保険で年会費の元くらい取れそうなんですが、私の場合は他のクレジットカードでこれらの特典はカバーできるので、楽天カードをわざわざ楽天ゴールドカードにしなくても大丈夫な状況です。

PAGE TOP