クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

楽天カードはVisa、マスターカード、JCBのどのブランドを選ぶとお得?まだクレジットカードを持ってない人はVisaブランド一択です。

f:id:cardmics:20170525225301j:plain

年会費無料で作ることが出来るクレジットカードとして人気の高い楽天カードでは、Visaカード、マスターカード、JCBカードの3つのブランドから自分が好きなブランドを選ぶことが可能です。

しかし、クレジットカードをあまり作り慣れていない方からすると、『どれを選んでもいいよ!』といわれても逆に困ってしまう…そんな方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、楽天カード作成時にはどの国際ブランドを選ぶべきなのかをわかりやすく解説。

特に3つの国際ブランドの違いがよくわからないという方は、この記事を参考に自分に適したブランド選びをしてみてくださいね。

楽天カードと国際ブランドの基礎知識:

クレジットカードを1枚も持っていないなら:

まず、楽天カードが自分にとって初のクレジットカードである…というのであれば、これはもう迷う必要性はありません。Visaを選べばOKです。

  • カードを1枚も持ってない人:Visa選択でOK
  • カードを他にも持ってる人:他の選択肢も考慮

なにせVisaカードと提携した楽天カードを作成すれば日本国内だけでなくアメリカ、フランス、イタリア、韓国などの海外で楽天カード払いが使えるようになるため。

同様にメキシコ、ブラジル、ウルグアイといった南米諸国、更にはアラブ首長国連邦、イスラエル、バーレーンといった西アジアでの支払いだってVisa付きの楽天カードなら支払いに使うことが出来ます。

Visa付きの楽天カードなら世界中で支払いに使える

Visa付きの楽天カードなら世界中で支払いに使える

使いにくい国や地域はごくごく一部のみ。バック1つで世界を隅々まで旅するつもりでもなければ気にする必要性すらありません。

JCBは国内に強いが海外に弱い:

反面、日本で勢力の強いJCBカードの場合には、日本国内では利用に不便がなくても、海外では使いにくいケースも多い状況。

  • Visa提携の楽天カード:
    日本国内だけでなく海外でも支払いに使いやすい
  • JCB提携の楽天カード:
    日本国内では使いやすいが、海外では使いにくい

それゆえ、『海外には絶対に行かない!』という方であればJCBブランド選択でも大丈夫ですが、海外にいく可能性が少しでもあるのであればVisa提携の楽天カードがベストでしょう(念のため、各ブランドのざっくりとした特徴は下記表を参照)。

国際ブランド 特徴
Visa(ビザ) 世界で一番有名で、且つ利用者が多い国際ブランド。Visa提携の楽天カードを入手すれば、世界にあるほぼすべての国や地域で支払いが使えます。
Mastercard(マスターカード) マスターカードもVisa同様、世界各国で使いやすい国際ブランド。最近ではAppleとの提携強化などにより、スマホ決済の分野ではVisaより使いやすいことも多いです。
JCB(ジェーシービー) 日本国内での知名度が抜群の国際ブランド。国内利用において困ることはありませんが、海外では日本人がよく行くような主要観光地でもない限り使えないことが多いです。

楽天カードが2枚目だったらどうする?

では、すでに他のクレジットカードを持っている状態で、2枚目や3枚目として楽天カードを作る場合には、どのブランドを選ぶべきなのか?

これについてはすでに持っているクレジットカードのブランドとは違うものを選ぶのがおすすめ。

わかりやすくどの国際ブランドを選んで良いかについては、下記リストを参考にどうぞ。

  • Visaカードを持っている→JCBがおすすめ
  • マスターカードを持っている→JCBがおすすめ
  • JCBカードを持っている→Visaがおすすめ

こんな感じでざっくりと選んでしまってOKです。

他、すでにVisaカードとJCBカードを持っている…という場合などは、マスターカードを選べば問題なし。

選び方としてはとにかくVisaが最優先なんですが、Visaとマスターカードはサービス内容や使える場所がほぼほぼ同じなので、Visaかマスターカードを保有中の方はJCBを選択するのがおすすめとなります。

アメックスやダイナースクラブを持っている場合:

また、1枚目のクレジットカードとしてアメックスやダイナースクラブカードを持っている場合にも、おすすめはVisa提携の楽天カード。

  • アメックスを持っている→Visaがおすすめ
  • ダイナースを持っている→Visaがおすすめ

とにかくVisaかマスターカードはどちらか1枚持っておくことが大事なので、楽天カードの国際ブランド選びで迷ったら汎用性の高いカードブランドを作るところからはじめてもらえればと思います(国際ブランドについてもっと詳しく知りたい方は下記記事も参照)。

news.cardmics.com

国内利用のみならどれを選んでも問題なし:

海外旅行や海外出張等に行く予定がないのであれば、VisaでもMastercardでもJCBでもそう違いはなし。

日本国内なら使い勝手にそこまで大きな違いはないため、感覚や直感を頼りに好きな国際ブランドを選んでしまって問題ありません。

また、仮にどうしても違う国際ブランドが欲しくなった場合には、楽天カードを作り直すか、楽天カード以外のクレジットカードを作ればそれでOK(おすすめのVisaカードは下記記事参照)。

別に1枚だけしかクレジットカードを作っちゃいけないルールはないので、過度に悩みすぎる必要はないですよ。

国際ブランド選択、応用編:

f:id:cardmics:20180731130817j:plain

ここまでがクレジットカード初心者向けの解説でしたが、ここから先はもう少し知識がある方向けの内容です。

もっとお得に楽天カードを使いたい…という方は、これらの情報も参考にした上で、楽天カード申込をしてもらえればなと思います。

Apple Payで楽天カードを使いたいなら:

2021年現在、iPhone版のおサイフケータイとも言える「Apple Pay(アップルペイ)」で楽天カードを使いたいのであれば、マスターカードブランドの選択が最善かも。

その理由は単純で、マスターカード提携の楽天カードならApple Payをフル機能で利用できるためです。

反面、Visa提携の楽天カードはApple Payのネット決済に対応していないので、タクシー配車アプリやネット通販等において不便な思いをしてしまう可能性あり。

とはいえ、Apple Payのネット決済はまだまだ普及しきっている…というわけでもないので、Visaブランドを選択してもさほど不便さは感じないと思われます。

まぁほんと、気にする方向けといった感じですね。

ハワイや台湾に行くならJCBでも:

海外旅行好きであってもフランス、イギリス、エジプトといった遠方の国や地域に行かずに、ハワイ、グアム、台湾といった日本人に馴染みの深い近場の観光地にしか行かない方は、VisaやMastercardよりもJCB付き楽天カードのほうが使いやすい可能性もあります。

これはそれらの地域ではJCBブランドが使いやすいだけでなく、JCBプラザラウンジと呼ばれるJCBカード保有者向けの観光拠点が用意されているため(引用はこちら)。

  • Visa会員:ラウンジなし(ハワイを除く)
  • JCB会員:JCBプラザラウンジが使える

JCBプラザ ラウンジ

一部主要都市には、JCB会員の方専用の自由にくつろげる空間「JCBプラザ ラウンジ」を設置。

「JCBプラザ ラウンジ」では、JCBプラザの共通サービスに加え、ドリンクやマッサージ機を用意してラウンジならではのサービスを提供します。また、インターネットや現地情報誌などを自由にご覧になれます。

このラウンジを利用すれば現地ツアーの手配やインターネット利用などの旅のサポートを受けることが出来るので、英語や中国語が苦手な方にはJCB付きが意外と良いかもしれません。

詳しくは下記記事をあわせてお読みください。

news.cardmics.com

nanacoチャージはポイント対象外に:

JCBブランドの楽天カードを作ると電子マネーnanacoへのチャージで得をする…という記述がインターネット上にはいくつか残っていますが、こちらのサービスは残念ながら2017年10月末をもって終了済み(引用はこちら)。

  • 2017年10月末まで:JCBがお得だった
  • 2017年11月以降:Visa等とお得度は一緒に

11月ご利用分(※1)の「楽天カード利用獲得ポイント」進呈より、今後下記ご利用分がポイント進呈の対象外となります。

【対象外となるご利用】

  • nanacoクレジットチャージ
  • モバイルSuica(※2)
  • モバイルSuica年会費
  • モバイルSuica(Apple)(※3)
  • スマートICOCA(※4)

※1 2017年10月31日(火)以前のご利用分でも2017年11月5日(日)時点で楽天カードに売上情報が届いてないものはポイント進呈対象外になります。

※2 モバイルSuicaご利用分には、電子マネーへのチャージのほか、モバイルSuicaで購入されるモバイルSuica特急券・定期券・Suicaグリーン券なども含まれます。

※3 モバイルSuica(Apple)ご利用分には、モバイルSuicaからApple Payでチャージする電子マネーのほか、モバイルSuica(Apple)で購入されるモバイルSuica特急券・定期券・Suicaグリーン券なども含まれます。

※4 電子マネーへのチャージのほかICOCA発行再発行等も含まれます。

いまではJCB付きの楽天カードでnanacoチャージをしてもポイント加算は対象外となりましたので、nanacoチャージ用のクレジットカードを探している方はご注意ください(詳しくは下記記事参照)。

news.cardmics.com

2018年からはアメックスも選択可能に:

2018年9月25日からは、楽天カード作成時に選択可能な国際ブランドにアメリカン・エキスプレス・カード(通称:アメックス)が追加。

  • 2018年9月以前:3種類から選択可能
  • 2018年9月以降:4種類から選択可能

結果、現時点ではVisa、Mastercard、JCBを加えた4つから好きな国際ブランドを選べるようになっているのですが、率直なところ、アメックスをあえて選択するメリットはまったく無いため、従来どおりVisa、Mastercard、JCBの3種類から選べば問題ありません。

アメックスならではのステータス性はない:

こう書くと『いやいや、アメックスを選択すれば楽天カードのステータス性が高まるんじゃないか?』と思われる方もいるかもしれませんが、アメックスのロゴがあろうがなかろうが楽天カードは楽天カードです(苦笑)

残念ながら年会費無料のクレジットカードにステータス性なんてものは存在しないので、『アメックス付きを選択すれば女性からモテるんじゃないか!?』とか、『デートの時は格好良く、アメックス付きの楽天カードでビシッと支払いをしよう!』なんて勘違いはしないようにしてくださいね。

逆に恥をかく可能性すらありますよ(魅力的なアメックスが欲しいなら下記記事を参考にどうぞ)。

news.cardmics.com

ディズニー好きならJCBブランドを選択:

JCBブランドのクレジットカードを保有していると、ディズニーリゾート内で開催されるJCB会員限定の貸切イベントや、パークチケットが当たる可能性あり。

だいたい毎年2度はこういったキャンペーンが実施されるため、JCBマジカル目当てでJCBブランドを選択される方も多いですね。

海外旅行には滅多に行かない&ディズニーファンなら是非、挑戦ください!

よくある質問とその答え:

f:id:cardmics:20170517142114p:plain

楽天カードの国際ブランド選びでまだ迷いがある方向けに、Q&A形式でよくある質問とその答えを作ってみました。

細かい疑問の解消にどうぞ。

Q.VisaとMastercardってほんとに差がないの?

国際ブランドのVisaとMastercardは世界的に競合する2社らしく、サービス内容にはほとんど違いがありません。

そのため、Visaがなんとなく嫌いとか嫌だと思う方は、それだけの理由でMastercardを選んでもまったく問題なし。

そのくらい使えるお店、使える国や地域に差がないのです。

Visa同様に使えるお店や場所が多いMastercard

Visa同様に使えるお店や場所が多いMastercard
国際的なシェアはVisaが圧倒的:

ではなぜ当サイト『クレジットカードの読みもの』ではVisaのほうを推奨しているのかというと、これはMastercardよりもVisaのほうが国際的なシェアが高いため。

要は発行済のクレジットカード枚数がMastercardよりもVisaのほうが多いので、トラブルが発生した際や疑問が生じた時に安心感があるといえますよ。

  • Visa:国際的なシェアNo.1
  • Mastercard:Visaに次ぐ2番手

特にクレジットカードに不慣れな初心者の方であれば尚更です。

Q.楽天ゴールドカードの国際ブランド選びは?

楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカード作成時にどの国際ブランドを選ぶべきか…というと、これは年会費無料の楽天カード作成時と考え方はまったく一緒。

他にクレジットカードを保有していない方や、海外旅行や海外出張に頻繁に行く方であればVisaが一番だと思いますし、逆に国内でしかクレジットカードを使う予定がないならJCBカードを選択しても問題ありません。

海外旅行や海外出張に行くならVisaかMastercardを選択

海外旅行や海外出張に行くならVisaかMastercardを選択

楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードであっても、国際ブランドにアメリカン・エキスプレス・カードを選択するメリットはほぼ無し。選択肢から除外してOKです。

楽天プレミアムカードを作るならJCB以外で:

但し、海外で強みを発揮する楽天プレミアムカードを作る場合には、いくら海外に渡航する予定がないからといってもJCBを選択するのはすこし勿体ないところ。

将来的に海外に行く可能性はゼロではないと思うので、最初からVisaかMastercardブランドを選択しておくのがおすすめですよ。

それで急な海外旅行にも対応可能となります。

news.cardmics.com

Q.タッチ決済が使える国際ブランドは?

楽天カードにおいてタッチ決済が使える国際ブランドは、VisaとMastercardの2つ。

残念ながらJCBやアメリカン・エキスプレス・カード券面では非接触のタッチ決済を使うことが出来ないので、コンビニやスーパーマーケットで素早く支払いを済ませてしまいたい方はこれら2つの国際ブランドから選ぶようにしてください。

  • Visa:タッチ決済対応
  • Mastercard:タッチ決済対応
  • JCB:非対応
  • AMEX:非対応

そうすれば楽天カードそのものをクレジットカード決済機に近づけるだけで、支払いが済むようになります(タッチ決済に対応しているお店のみ)。

上記のマークがあるお店なら楽天カードをかざすだけで支払い完了

上記のマークがあるお店なら楽天カードをかざすだけで支払い完了

楽天カードのタッチ決済とは?

タッチ決済とは、店頭で専用の端末にクレジットカードをかざすだけで決済が完了するサービスです。サインや暗証番号の入力が不要となり、スピーディーに決済できます。

JCBやAMEXはApple PayやGoogle Payで対応:

尚、楽天カード作成時にJCBやアメリカン・エキスプレスを選択した場合には、Apple PayやGoogle Payといったスマホ決済でスムーズな支払いは実現可能。

  • 最新iPhone利用者:Apple Payが使える
  • 最新Android携帯利用者:Google Payが使える

QUICPayが使えるお店ならものの1~2秒で支払いが完了してしまうので、Visaのタッチ決済やMastercard コンタクトレス決済が使えなくてもそれほどストレスは感じませんよ。

QUICPayについては下記記事も参考にどうぞ。

news.cardmics.com

Q.VisaやMastercardでもディズニー絵柄は選べる?

ミッキーマウスやミニーマウスが可愛くデザインされた楽天カードは、VisaやMastercardを選択した時でも選べるのか…というと、これは残念ながら無理。

JCB選択時のみ選べるデザインとなっているので、ディズニーデザインを選びたい場合にはJCB以外の選択肢がない状況です。

  • Visa:選べない
  • Mastercard:選べない
  • JCB:ディズニーデザイン可能
  • AMEX:選べない

ご理解ください。

楽天PINKカードでも同様:

そしてこれはピンク色した楽天PINKカード作成時も一緒で、ミッキーマウスやミニーマウス絵柄を選びたいなら国際ブランドはJCB一択。

楽天カード同様にVisaやMastercardを選択してしまうとディズニーデザインは選択できなくなってしまうのでご注意ください(JCBのみ選択可能な理由は下記記事参照)。

news.cardmics.com

Q.国際ブランドによって手数料は変わらないの?

選択する国際ブランドによって、リボ払いや分割払いの金利手数料は変わらないものなの?と心配な方もいるかもですが、こちらはブランドごとの違いはまったくなし。

Visaカードを選択してもMastercardを選択しても楽天カードの金利手数料には変化はないので、手数料が気になる方も安心して申込いただければと思います。

当然、年会費や発行手数料もまったく同一。

  • 年会費:どれも無料
  • 金利手数料:ブランドごとに違いなし
  • 入会金:どれも無料
  • 再発行手数料:ブランドごとに違いなし

ブランドごとの差異はありません。

海外利用時の事務手数料には違いあり:

但し、楽天カードを海外で利用した時に必要となる「事務手数料(日本円を外国通貨に両替するためにかかる費用)」は、国際ブランドごとに若干の違いあり。

海外で楽天カードを使うと外貨への両替手数料がかかる

海外で楽天カードを使うと外貨への両替手数料がかかる

Visa、Mastercard、JCBにはそれほど違いはありませんが、AMEXだけが高めに設定されているので、こういったところからも楽天カード作成時にAMEXを選ぶべきではないことがわかります。

  • Visa:1.63%
  • Mastercard:1.63%
  • JCB:1.60%
  • AMEX:2.00%

ご注意ください。

為替レートも国際ブランドごとに異なる:

加えて、為替レートは各国際ブランドごとに設定されているレートなため、Visa、Mastercard、JCBすべてで同一なわけではありません。

どうやら相対的にMastercardが一番リーズナブルに設定されていると噂ですが、通貨や時期&時間によって逆に一番割高になってしまうこともあるので、あまり深く考えなくて良いかもしれません。

海外で1,000万円単位の決済をする予定がある方のみ、気にすべき項目ですね。

YOSHIKIデザインやイニエスタ券面はMastercardのみ:

あんまり希望者はいないかと思いますが、X JAPANのYOSHIKIがデザインされた楽天カード券面や、ヴィッセル神戸に所属しているイニエスタ選手デザインの楽天カードが欲しい方はMastercardを選択する必要あり。

  • YOSHIKIデザイン:マスターカードのみ
  • イニエスタデザイン:マスターカードのみ

VisaやJCBを選択してしまうとこれらの券面は選べなくなっているのでご了承ください。

他、楽天イーグルス・デザインやFCバルセロナ・デザイン等も国際ブランドが限定的。どうしても…という場合は対象となる国際ブランドの中から選択いただければと思います。

さぁ楽天カードを作ろう:

f:id:cardmics:20170525225327j:plain

ここまで楽天カードを作る際には、Visa、Mastercard、JCBのどのブランドを選ぶべきなのかを解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

楽天カードは入会特典も非常に魅力なクレジットカードゆえ、まだ持っていないという方は是非、この機会に作成してみてください(現在実施中のキャンペーン詳細は下記公式サイトより)。

発行後の満足度が非常に高い、秀逸なクレジットカードですよ。

以上、楽天カードはVisa、マスターカード、JCBのどのブランドを選ぶとお得?まだクレジットカードを持ってない人はVisaブランド一択です…という話題でした。

参考リンク:

どの楽天カードを選んで良いのかわからない方は下記記事も参考に。クレジットカードの専門家がお得な楽天カード選びについてわかりやすく解説しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP