クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

富裕層向けの楽天カードである、楽天ブラックカードの申込に突撃してみた!招待状なしで入会審査に通るかどうか挑戦します。

f:id:cardmics:20180408180917j:plain

インターネット上で人気の楽天カード。

この楽天カードには一般的に公開されている券種以外にも、富裕層向けに作られている楽天ブラックカードという隠れカードが存在するのですが、こちらはなんと自分から申込ができない招待制のクレジットカード。

楽天カード側から『あなたは楽天ブラックカードを持つのにふさわしい人間だ!』と認めてもらわない限り、入手することは出来ません(詳しい入手方法については下記記事を参照)。

news.cardmics.com

招待状なしでの楽天ブラックカード入手について:

絶対に入手が無理なわけでもない:

ただそれじゃ楽天ブラックカードは楽天カード側からの招待がないと絶対に作れないクレジットカードなのかというと実はそうでもなく、インターネット上にはわずかではありますが、自分から楽天ブラックカードに申込をして入手できたケースが存在。

実際、楽天ブラックカードの公式サイトにも、「原則」という言葉が確認できるくらいなので、直接申込をして100%入手が無理なわけでないようです。

楽天ブラックカードは、原則、楽天カードが発行するカードをお持ちの方の中から選ばれたお客様へご案内させていただいております。ご案内をお受け取りのお客様のお申し込みをお待ちしております。 

楽天ブラックカードに突撃してみた:

そこで当サイト『クレジットカードの読みもの』では実験がてら、楽天ブラックカードの直接入手に挑戦してみることに(これを業界用語では突撃と呼びます)。

幸い、私自身は他にもブラックカードを複数枚所有していますし、楽天カードそのものの利用歴も良好なので、運が良ければ入手できるのでは?と思ったためです。

事前に400万円ほど利用金額を使う:

ただ過去に楽天ブラックカードに突撃をして玉砕した方は数知れず。

私も普通に申込をするだけでは審査に落とされてしまうだけだと思ったので、今回は楽天カードを短期間に集中利用してみることにしました。その証拠画像は下記のものとなります。

楽天カードを使いまくった証拠画像

楽天カードを使いまくった証拠画像

ご覧いただければわかるように、2018年9月27日時点で楽天カードを約290万円ほど利用(利用限度額300万円のうち、使える金額が12万円ということは差し引き288万円を使っているということ)。

ここから更に楽天カードを利用し続け、2018年11月13日に至るまでに合計で400万円ほど浪費させていただきました。

さすがにこれだけ楽天カードを利用すれば、楽天カード側に「この楽天カード保有者は上顧客に違いない!」と思わせることが出来るのではないかと思ったためです。

私は楽天グループの上顧客:

ついでにいうと私は楽天グループ全体の上顧客です。

メインである楽天市場の最高会員ランクであるダイヤモンド会員はすでに6年3ヶ月も継続中ですし、楽天銀行のハッピープログラムは「スーパーVIP」、そして楽天証券も「超割コース 大口優遇」と、これ以上ないほど楽天にお金を貢いているほど。

ダイヤモンド会員は6年3ヶ月継続中

ダイヤモンド会員は6年3ヶ月継続中

楽天側から見える属性としては、最高ランクに位置する存在なのではないでしょうか?

私が審査落ちしたら全員落ちるくらいの属性:

つまり私は楽天ブラックカードに突撃をする人間の中でも、もっとも楽天ブラックカードの審査に通りやすい属性を持った人間であるということ。

まぁ自分でいうのもアレですが、私が楽天ブラックカード審査に落とされるようなことがあれば、他の方が申し込んだとしても審査に通るはずもない…と言っても過言ではない感じですね。

そのくらい楽天側にとって私は上顧客なので、この審査結果次第で楽天ブラックカードの審査基準がすこしは垣間見えることでしょう。

ブラックカードは富裕層向けのカードランク:

『ブラックカードなんて言葉、あんまり聞いたことないけどどういうカードなの?』と疑問な方は下記記事も参考に。

ブラックカードは富裕層向けに発行されている、ごくごく限られた発行枚数しかない希少なクレジットカードランク。当然、ゴールドカードやプラチナカードよりも上に値するランクですよ。

ほんとうに突撃可能なのか?

f:id:cardmics:20180715142457j:plain

ちなみに。

それでも楽天ブラックカードの審査に落ちたとしたら、過去に楽天ブラックカード審査に通った人は「たまたま楽天カード側が楽天ブラックカードの招待状を送るタイミングと重なった」だけなのかも。

事実、楽天ブラックカードに突撃して審査突破できた方というのは、比率にして1%いるかどうかってくらいなので、これを考えるとその線もありえるのかなぁ…と思ってます。

  • 間違い:楽天ブラックカードは突撃すれば稀に審査に通る
  • 正解?:たまたま招待状が送られてくるタイミングとかぶっただけ

さてさてどうなることやら…ですが、審査結果が出た場合にはこの記事に追記をする形でまた報告させていただきますね(Twitterでも報告予定なのでフォローください)。

追記:楽天ブラックカードの審査結果が出た

追記です。

楽天ブラックカードへの突撃に対する、審査結果が早速出ました。気になる方は下記記事をご覧いただければなと思います。

以上、富裕層向けの楽天カードである、楽天ブラックカードの申込に突撃してみた!招待状なしで入会審査に通るかどうか挑戦します…という話題でした。

参考リンク:

楽天カードって評判が悪いのになんで保有してるの?と思われる方は下記記事も参考に。楽天カードの口コミが悪い理由と、その対処法についてまとめています。

news.cardmics.com 

PAGE TOP