クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

いつの間にか楽天ブラックカードがJCBと提携!なんとカード保有者はJCBコンシェルジュデスクも無料で利用可能になるようです。

f:id:cardmics:20180715133314j:plain

いつの間にか…というか、情報源が全く見つからないのですが、楽天カード株式会社が新たにJCBと提携し、JCBブランド付きの楽天ブラックカードの発行を開始したようです。

ポイ探ニュースからの引用です*1

楽天カードは、楽天ブラックカードにJCBブランドを追加した。

従来はMastercardブランドのみだったが、JCBブランドが追加され、従来は利用できなかったコンシェルジュサービスも追加されている。

Mastercard、JCBブランドでコンシェルジュデスクは異なり、MastercardブランドはMastercardコンシェルジュ、JCBブランドはJCBのプラチナ・コンシェルジュデスクの利用となる。

JCB提携の楽天ブラックカードについて:

JCBのコンシェルジュデスクが利用可能:

このJCBブランド付きの楽天ブラックカードでは、なんとJCB THE CLASSといった一部のブラックカード&プラチナカード利用者しか使うことが出来ない「JCBコンシェルジュデスク」の利用が可能な様子。

  • マスターカード提携:マスターカードのコンシェルジュデスク利用可能
  • JCB提携:JCBのコンシェルジュデスク利用可能

これが仮に本当だとすると、年会費3万円+税で利用できる楽天ブラックカードのコストパフォーマンスは圧倒的に良いことになりますね。

楽天市場でのポイント優遇にプライオリティパス、そしてコンシェルジュデスク利用可能などなど、コスパ重視でステータスカードを選ぶなら楽天ブラックカード最強で間違いありません。

楽天ブラックカードが欲しいなら:

但し、残念ながら楽天ブラックカードは自分から申込が出来ない招待制のクレジットカード。

楽天カードや楽天ゴールドカード、そして楽天プレミアムカードといった楽天カード株式会社が発行しているクレジットカードを保有をしている人のうち、楽天カード側が『この人は楽天カードを持つに相応しい』と評価した人しか作ることが出来ないので、この点が楽天ブラックカードのネックですね。

  • 自分からの申込:不可能
  • 楽天カード側から招待された人:申込可能

詳しくは下記記事にまとめてあるので、どうしてもJCBコンシェルジュデスク付きのクレジットカードを作りたいという方は、参考にしてもらえればなと思います。入手のハードルは果てしなく高いです。

news.cardmics.com

JCBのステータスカードといえば…:

f:id:cardmics:20180715133213j:plain

ちなみに。

JCBブランド付きの楽天ブラックカードでJCBのコンシェルジュデスクが利用可能になったのなら、もしかして東京ディズニーランド内にある会員制レストランCLUB33(クラブ33)にも入れるんじゃないか?と思われるかもしれませんが、こちらはたぶん無理でしょう。

あれはあくまでJCB THE CLASS会員向けの特典なので、いくらJCBのコンシェルジュデスクが使えるようになっても利用資格が得られるわけではありません。

この辺は明確にJCBの最高峰カードであるJCB THE CLASSとの差別化が図られていると思うので、ご注意くださいね(詳しくは下記記事にて)。

以上、いつの間にか楽天ブラックカードがJCBと提携!なんとカード保有者はJCBコンシェルジュデスクも無料で利用可能になるようです…という話題でした。

参考リンク:

『私もあれやこれやと依頼できるコンシェルジェデスクを利用してみたい!』という方は、下記記事も参考に。

コンシェルジュデスクは使い方次第で自分の時間を24時間以上に出来る、素晴らしいサービスですよ。 どんどん利用して生活に花を添えましょう。

news.cardmics.com

*1:ポイ探の菊池社長は楽天ブラックカード保有者のようなので、たぶん間違いのない情報でしょう。

PAGE TOP