クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

プライオリティパスは1人旅向け?同伴者のエアポートラウンジ利用料が27USドルでは、高くてとてもじゃないが使えません。

f:id:cardmics:20180404121149j:plain

プラチナカードやブラックカードといった類のクレジットカードを保有している方の場合、プライオリティパスを無料で貰える場合があります(詳細は下記記事)。

プライオリティパスとは、世界中にある空港の、エアポートラウンジと呼ばれる場所が無料で使える会員資格のこと。

「?」な方のために更にわかりやすく言うと、飛行機の搭乗時間まで、くつろいで過ごせるスペースがタダで使えちゃう会員制度…と思えば間違いありません。

このパス1枚あるだけでBARみたいな空間で無料のお酒を飲んだり、軽食を食べながらゆったりと過ごせます。

プライオリティパスの問題点について:

プライオリティパスは自分のみ:

ただこのプライオリティパス、基本、自分向けなんですよね。あくまでそういったエアポートラウンジを使えるのは自分のみで、恋人や友人、同僚といった同伴者がいる場合には、その利用者分は有料となります。

しかもその金額が27USドルと高い(今のレートでいうと3,000円くらい)。

まぁ、無料でお酒が飲み放題、そして美味しい食事などがついて雑誌などもおいてある空間を、何時間でも使うことが出来るわけですから、そのくらいの金額でも安い…ということもできますが、フトコロに余裕がない時だとちょっとためらっちゃう金額ですよね。

特に30分くらいしか使えない時ならなおさらです。

  • 1人でラウンジ利用:プライオリティパスがあれば無料
  • 2人でラウンジ利用:プライオリティパス1枚だけだと同伴者は有料

結果、1人旅をしている時であれば問題ありませんが、団体行動をしている時に『じゃっ、俺、プライオリティパスがあるからラウンジ行ってくるわ!』なんてことはやりたくても普通は出来ません。ほんと、使い方が難しいところなのです。

複数枚のパスを保有していても同伴者は有料:

ちなみに私はプライオリティパスを現時点で3枚保有。

もしやこれなら複数枚を提示して、3名で使わせろという理論も可能なのでは?と思い、エアポートラウンジの入り口でスタッフと交渉してみました。

しかし結果はというとやはりダメ。プライオリティパスはあくまで本人のみが利用可能だということで、同伴者分の無料利用は認めてもらうことは出来ませんでした。

  • 間違い:プライオリティパスを複数枚持っていれば、複数名で使える
  • 正解:プライオリティパスは名義本人のみしか利用できない

これもきっと、エアポートラウンジの場所によっては受け入れてくれるところもあるかもしれませんが、基本は無理と思っておいたほうが良さそうです(エアポートラウンジを運営している側も、プライオリティパスを発行している会社から利用料が貰えるため本来であれば使ってもらいたい)。

同伴者が無料になるステータスカードも:

尚、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード等のクレジットカードでは、プライオリティパス保有者本人だけでなく、同伴者についても無料で空港ラウンジを利用可能。

さらに家族カードを保有している家族会員についても無料でプライオリティパスを発行してくれるので、夫婦ともに保有すれば合計で4名まで無料利用することも可能です(アメックスプラチナの入手方法は下記記事にて)。

同様に楽天カードの最上位カードである楽天ブラックカードでは、なんと同伴者1名どころか同伴者2名まで利用という強みあり(入手方法はこちら)。

常に家族や恋人と海外旅行に行っている方であれば、こういったステータスカードを持つと空港ラウンジも有効活用できるものと思います。ご検討ください。

以上、プライオリティパスは1人旅向け?同伴者のエアポートラウンジ利用料が27USドルでは、高くてとてもじゃないが使えません…という話題でした。

参考リンク:

海外旅行にはあまり行かないから、国内ラウンジだけが使えれば充分…という方は下記記事も参考に。国内限定なら年会費2,000円程度で空港ラウンジが使い放題のクレジットカードなんてものもありますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP