クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

POSレジにウイルスを仕込み、クレジットカード情報を外部送信するプログラムが日本国内でも発見される。無防備なPOS端末が狙われる!

f:id:cardmics:20181113165941j:plain

日本国内にもいよいよ、この種のウィルスが蔓延し始めたようです(下記、引用部分を読んでみてください)。

トレンド社は今年1~3月、国内のPOS端末のウイルス調査を実施したところ、端末内で顧客が入力したクレジットカードの暗証番号を盗むウイルス数件を検出した。

暗証番号はPOS端末に入力されると瞬時に暗号化されるが、このウイルスは入力のタイミングを監視し、暗号化の直前に暗証番号を抜き取るという。盗まれた情報は、攻撃者のサーバーに自動的に送信される仕組みだった。 

わかりやすくこの内容を説明すると、お店でクレジットカード払いをしたら、それだけであなたのクレジットカード番号が悪い人たちにバレてしまう可能性がある…ということ。

当然、その目的は入手したクレジットカード番号の不正利用や転売になります。

POS感染型のウィルスについて:

欧米では増加傾向に:

日本ではまだ被害らしき被害は発見されていないみたいですが、アメリカやヨーロッパでは徐々に増加傾向にあるこの手のコンピュータウィルス。

今のところ、国内では顧客情報の流出などの被害は明らかになっていないが、同様のウイルスは欧米で急増しており、世界では今年1~5月だけで昨年1年間(22件)の9倍以上の208件が検出されている。

すでにアメリカで起きた下記事案では、大手ホームセンターから4,000万枚ものクレジットカード情報が漏洩したという大規模な事件となりました。

大げさでもなんでも無く、かつてないほどの脅威だと思います。

news.cardmics.com

お店でクレジットカードが使えなくなる:

いやはや、こういったウィルスが一般的になってしまうと、もはやお店でクレジットカードを使えなくなるだけでなく、信用で売買ができるというクレジットカードの仕組みそのものが崩壊してしまうことに繋がりかねません。

未だに古いPOSレジを使ってクレジットカード決済をしているチェーン店(特に中小スーパーマーケット)などは真っ先に狙われてしまう可能性大なので、早めに最新式のPOSレジを導入するなどして、最新型のウィルス対策を講じて欲しいものですね。

  • 古いPOSのまま使う:情報漏えいが起きる可能性あり
  • 新しいPOS端末を導入する:漏洩する可能性が低い

我々カード保有者側ができるのは、それを願うことだけです。

不正利用されても盗難保険がある:

ちなみに万が一、あなたのクレジットカードを第三者に不正利用されたとしても、所定の手続きさえ行えばあなたの負担額は0円で済みます(申請期限は有り)。

重要なのは毎月きちんと利用明細書を確認し、自分が使って以外の利用がないかどうかを確認すること。

これだけで不正利用は怖いことないので、毎月1度の利用明細書確認だけは怠らないようにしてくださいね。

以上、POSレジにウイルスを仕込み、クレジットカード情報を外部送信するプログラムが日本国内でも発見される。無防備なPOS端末が狙われる…という話題でした。

参考リンク:

『なんだかクレジットカードを利用するのが怖くなってしまったよ…』という方は下記記事も参考に。

クレジットカード会社では365日24時間体制で不正利用がないかどうかを監視していますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP