クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

ポイントの有効期限がないクレジットカードと、ポイント有効期限が短いカードを比較!無期限なポイント制度にもデメリットは存在します。

f:id:cardmics:20180404115510j:plain

クレジットカードで買い物をした時に貰えるポイント。

クレジットカードの中にはポイントの有効期限がないセゾンカードのようなカードもあれば、反対にポイントが1年程度ですぐに失効して使えなくなってしまうオリコカードのようなカードも存在します。

  • クレジットカードA…ポイントの有効期限がない
  • クレジットカードB…ポイントは1年で失効してしまう

この2枚を比較した場合には、当然ながら多くの方はカードAを選びますよね。私でもそうすると思います。

ポイント有効期限に対する価値について:

有効期限がないことはデメリットにもなる:

しかし、ポイントの有効期限がないことにはデメリットも存在。それは当たり前の話になってしまうんですが、『ポイントが失効しないこと』です。

これ、私たち消費者からしてみれば非常に有り難いことなんですが、クレジットカードを発行している会社側からモノゴトをみるとそうではありません。

なにせいつまでたってもポイントが失効していかないわけですから、下記のような利用者が発生してしまうことになります。

  1. いつまでもポイント交換をせずに、10年、20年とポイントを貯めてしまう人(数十万円以上のポイントが交換されないままに残る)
  2. クレジットカードをほぼ使っていない利用者(カードは使われないものの、ポイントだけは残ったまま)
  3. ポイントの失効がないため、ほぼ全員がポイントを交換する
全員がポイントを交換すると支出が増える:

特にクレジットカード会社からしたら問題なのは、3番目の『ポイントの失効がないため、ほぼ全員がポイントを交換する』という点。

最初のクレジットカードAとBの利用者が100人いると想定して書いてみましょう。

  • クレジットカードA…100人中100人がポイントを交換する
  • クレジットカードB…100人中50人程度しかポイントを交換しない

これ、わかりますか?カード会社からすると、クレジットカードBを発行するほうが出費が少ないんですよ。

それをポイント有効期限なしにしてしまうとほぼ全員がポイントを交換してしまうので、ポイントを付与した分は全額、支払うことを想定しておかないといけないことになります。

  • クレジットカードA…ポイント付与した全額を払う
  • クレジットカードB…ポイントの半分程度は失効する(失効した分は、言わばカード会社の儲けとなる)

カードBの場合にはポイントを上乗せ出来る:

最初の質問に一旦戻ります。

ポイント有効期限ないクレジットカードと、ポイント有効期限が1年間のクレジットカードがあったら、どっちを申し込みますか?という質問であれば、問答無用でポイント有効期限がないほうのカードを選びますよね。

しかし、仮にポイント有効期限が1年間のカードが、『ポイント失効分を考慮して、ポイントを交換する人に渡しちゃおう』と判断した場合にはどうでしょうか?こうなると条件がだいぶ変わってくるはずです。

  • クレジットカードA…100円の買い物で1ポイント
  • クレジットカードB…100円の買い物で2ポイント

半分程度のポイントが失効するのであれば、こんなふうにカードAとくらべて2倍のポイントを消費者にプレゼントしたとしても、合計付与ポイント数自体は変わりません(100円で2ポイントをあげても、そのうちの半分の利用者はポイントを交換しないため)。

こんな感じでカード会社としてはポイントの有効期限を短くしてしまうことで、クレジットカードBを魅力的なカードに見せることが出来るのですね(原資はAもBも同じです)。

有効期限ありのカードは魅力度も高い:

f:id:cardmics:20190522180351j:plain

長々と書いてきましたが、要するに言いたいのはこういうことです。

  • ポイント有効期限がないクレジットカードは総じてポイント付与が少なく、ポイント有効期限が短いカードは総じてポイント付与数が多い。じっくりとポイントを貯めたいなら有効期限がないものを、ザクザクとポイントを稼ぎたいなら有効期限が短いものも検討してほしい。

ただ、あくまでこういう傾向がある…というだけなので、ポイント有効期限が短いのに全くお得ではないカード…なんていうのもあるんですけどね。

このあたりは申し込み前にきちんと調べて欲しいなと思います(とりあえず有名なカードをいくつか置いておきます)。

ポイント有効期限がないカード:

ポイント有効期限がないカードとして有名なのはセゾンカード…ですが、他にもアメリカン・エキスプレス・カードやダイナースクラブカード等も有効期限はありません。

ポイントの有効期限が短いカード:

ポイント有効期限の短いカードにはポイント面に特徴のあるカードが多数。楽天カードやYahoo! JAPANカード等も1年と短めです。

さてさて、みなさんはポイント有効期限のないカードとポイント有効期限が短いクレジットカードのどちらを選びますか?是非、みなさんなりの視点やこだわりで選んでもらえればなと思います。

以上、ポイントの有効期限がないクレジットカードと、ポイント有効期限が短いカードを比較!無期限なポイント制度にもデメリットは存在します…という話題でした。

参考リンク:

ポイントをザクザク稼ぎたい…という方は、下記のポイントが貯まりやすいカードをまとめた記事を参考にどうぞ。

個人的には有効期限は短いけれども、有効期限が常に更新されていく楽天カードのようなカードが一番お得なんじゃないかな?と思っています。

news.cardmics.com

PAGE TOP