クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

お金がなくても実践できる、100万円の資産づくりを解説!この方法ならクレジットカードで支払うだけで資産形成が可能です。

f:id:cardmics:20190522180511j:plain

『そろそろ資産づくりを始めないと…。』

そんなふうに思う気持ちはあるけれども、日々の生活がカツカツで月5,000円すら捻出できない…という方のために、今回は自己資金0円でもはじめられる資産づくりについて記事にしてみたいと思います。

この手法を長期で実践していただければ、100~300万円単位の資産形成も夢ではありませんよ。

お金が無くても資産づくりをする方法:

楽天ポイントで資産を作る:

まず、元手が無くてもお金を貯められる方法をカンタンに説明すると、楽天ポイントを使って資産を作っていく方法のこと。

こう書くと『おいおい!楽天ポイントを使った資産作りなんて絶対、大したことないでしょ?』と思われるかも…ですが、意外や意外、これが馬鹿に出来ない手法なんですよね。

前述のように長期で実践してもらえばポイントのみで100万円を貯めることだって可能ですし、人によっては200万、300万円を貯められる可能性だってある。

  • 比較的カンタン:100万円を貯める
  • すこし頑張れば可能:200万円を貯める
  • 努力が必要だが可能:300万円を貯める

そのくらい楽天ポイントには夢があります。

楽天ポイントは投資信託が買付できる:

ではなぜ、楽天ポイントを使うと資産づくりが出来るのか…というと、それは楽天ポイントでは1ポイント=1円の価値として、投資信託の買い付けが出来るから(楽天証券より引用)。

投資信託を買う

投資信託の買付代金の一部または全てに楽天スーパーポイントがご利用になれます。

投資信託(とうししんたく)

多くの投資家から資金を集めて、運用の専門家が金融・証券市場で資金の運用をし、そこで得られた運用益を分配金として投資家へ配分する仕組みの金融商品です。

投資信託の説明はちょっと難しいですが、投資信託を買い付けるというのは、みなさんのお金をプロの専門家に預けて増やしてもらうイメージに近いですね。

仮に1,000ポイント分の楽天ポイントなら1,000円として、1万ポイントなら1万円として専門家に預けて運用してもらえる形となります。

  • 楽天ポイント1,000ポイント
    1,000円分の投資信託を買付可能
  • 楽天ポイント1万ポイント
    1万円分の投資信託を買付可能
  • 楽天ポイント10万ポイント
    10万円分の投資信託を買付可能

要は楽天ポイントを貯めた分だけあなたの資産が増える、そんな感じでしょうか。

楽天ポイントは楽天カードで貯める:

ここまでわかったら、あとは楽天ポイントを貯めるだけ。使うのはテレビCMでもお馴染みの楽天カードです。

この楽天カードは入会金&年会費無料で使うことが出来る無料のクレジットカードなんですが、それにも関わらず、支払いに使うと100円あたり1ポイントの楽天ポイントが貯まる特徴有り。

楽天カードは年会費無料で作れるクレジットカード

楽天カードは年会費無料で作れるクレジットカード

それゆえ、いつでもどこでも楽天カードで支払いをするようにすれば、それだけで支払い金額1%分の資産づくりが可能になるメリットが生まれるんです(下記表はポイント獲得例)。

楽天カード利用場所 支払い金額 獲得ポイント
スーパーマーケット 月間3万円 300ポイント
ドラッグストア 月間1万円 100ポイント
居酒屋やレストラン 月間1万円 100ポイント
洋服店 月間1万円 100ポイント
コンビニ 月間1万円 100ポイント
携帯電話代 月間8,000円 80ポイント
電気、ガス、水道代 月間1.5万円 150ポイント
NHK受信料 月間3,000円 30ポイント
その他雑費 月間4,000円 40ポイント
合計 月間10万円 1,000ポイント
独身なら月間10万円利用を目標に:

目標は独身の方なら月間10万円の利用、家族がいる方であれば月間20万円の利用といったところ。

  • 独身の方:月間1,000ポイント獲得
  • 既婚の方:月間2,000ポイント獲得

さらに年収500万、600万円といった方の場合には、月間3,000ポイント獲得まで視野に入ってくるものと思います。

やるべきは兎にも角にも楽天カードを使うこと、これだけですね。

無理に楽天カードを使ってはいけない:

尚、念のため記載しておきますが、いくら楽天カードで支払いをすれば1%分の資産づくりになると言っても、無理に楽天カードを使ってしまっては本末転倒。

基本は今まで他のクレジットカードで支払いをしていた分や、現金を使っていたお店での支払いを楽天カードに切り替えることなので、ここは絶対に忘れないようにしてください。

  • 推奨:支出を増やさず現金払いを減らす
  • ダメ:ポイント目当てに支出を増やす

そうじゃないと資産づくりどころか、家計にとって負担となる借金を作る羽目になってしまいますよ(クレジットカードを持つと使いすぎてしまう方は下記記事参照)。

news.cardmics.com

楽天市場や楽天トラベル、楽天でんき等と絡める:

楽天ポイントはなにも楽天カードのみで貯まるポイントではありません。

他にも楽天市場や楽天トラベルといったサイトを利用したり、楽天でんきなどの電気代削減サービスを使うとさらに獲得ポイント数が増えてGood。

そうすれば月間支出が15~20万円程度の家庭でも、1,000~2,000円相当の楽天ポイントを上積みすることが出来るようになります。詳しくは楽天ポイントの効果的な貯め方について解説しているこちらの記事を参考にどうぞ。

元手0円で作れる資産について:

f:id:cardmics:20190712205358j:plain

続いて、楽天ポイントを使った資産作りを行うと、どのくらいの資産を作ることが出来るのか。

『どうせ月3,000円ずつ貯めていったって、大した資産なんて貯まらないでしょ?』と思う方のために、その辺りについても詳しく解説していきます。

どこまで資産作りに繋がるのか:

楽天ポイントを使って、仮に月3,000円ずつ投資信託を購入していった場合にはどのくらいのお金になるのか。

その推移を図にしたものが下記のものとなります(金融庁より転載)。

月3,000円の投資信託買い付けを30年続けた場合の図

月3,000円の投資信託買い付けを30年続けた場合の図

スマホから見るとちょっと小さくて見にくいかも…ですが、月3,000円を年率3%で運用したと仮定した場合には、30年後に174.8万円の資産形成が可能になる計算です。

これを多いと思うか少ないと思うかは人によって異なるはず。

しかし、個人的に言わせてもらえれば、楽天ポイントを使って投資信託を買い付けしていったら、30年後には200万円近くもの資産が出来ているって凄いことだなぁと思いますね。

  • 月3,000円を年率3%で20年間:98万4,906円
  • 月3,000円を年率3%で30年間:174万8,211円

所詮はポイントと侮るべからず…といった感じでしょうか。

月1,500円でも87.4万円の資産形成に:

『いやいや、自分には月に3,000ポイントも楽天ポイントを貯めるのは難しいよ』という方も、月1,500ポイントであれば無理なく貯められる可能性大。

こちらも年率3%で30年間、投資信託を買い付けし続けると約87.4万円の資産形成に繋がるため、100万円近くの資産作りが可能になります。

  • 月1,500円を年率3%で20年間:49万2,453円
  • 月1,500円を年率3%で30年間:87万4,105円

月1,500円の積立でも30年で100万近くの資産形成に

月1,500円の積立でも30年で100万近くの資産形成に

くどいようですが元手は0円。

楽天カードで貯まるポイントを使って資産運用するだけなので、生活がカツカツな方も、財布が空っぽな方でも実践可能です。

どんどん楽天カードで支払いをして、あなたの資産を作ってしまいましょう!

楽天カードでポイントを貯めるコツについては下記記事も参考に。楽天ポイントカードや楽天Rakooを使うともっとポイントは貯められます。

news.cardmics.com

ほんとうに資産が増えていくのか?:

ここまでで楽天ポイントを毎月コツコツと貯めていけば、100万円以上の資産を作ることが出来る…ということがおわかりいただけたかと思いますが、ではその理論の根拠となっている「年率3%で資産が増えていく」という状況は可能なのでしょうか?

こちらは外国株で運用する投資信託を買い付けた場合には、結構、現実的な数字。

論より証拠、過去20年間の年率平均リターンを確認してみると、年率3%で資産が増えていく計算は最低限な数字であることがわかります(引用はこちら)。

  • 外国株のみに投資:5.1%
  • 日本株のみに投資:2.1%

日本株についてもバブル崩壊の後遺症で伸び悩んでいるだけで、直近10年間でみれば平均7.5%の成長中です。

今後も成長するとは限らないけど:

まぁ、これらの年率平均リターンはあくまで過去の数値。

この先の未来も平均的に株価があがっていく保証はまったくありませんが、20年、30年単位で投資信託を買い続けるのであればリターンがマイナスになる可能性は限りなく低いので、資産づくりをしたい方は是非、コツコツと投資をしつづけるようにしてください。

そうすればいわゆるドルコスト平均法を実践するのと同じ効果が得られるため、資産残高を順調に増やしていくことが出来ますよ(引用はこちら)。

ドル・コスト平均法とは、価格が日々変わる金融商品を一度に購入するのではなく、一定額ずつ分けて購入することで、平均買付単価を抑える方法です。

例えば積立投信などで毎月一定額を積み立てると、価格が高いときには少なく、安いときには多く買い付けるため、毎月一定量(口数)を買う方法よりも、結果的に買付単価が平準化することになります。

イメージとしては増加と減少を繰り返しながら、資産が徐々に増えていく感じです。

おすすめの投資信託について:

その上で、おすすめの投資信託を紹介してみると下記表のような感じ。

どれも楽天ポイントを使って買い付けの出来る投資信託なので、月に1度、買い付けを実施してもらえればなと思います。

投資信託 リスク 解説
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 日本株、先進国株、新興国株のすべてにバランスよく投資できる投資信託です。言わば世界経済全体に投資をするようなものなため、国ごとの景気に左右されにくいメリットがあります。
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 主にアメリカ株が中心になりますが、その他にもイギリス、ドイツ、スイスといった先進国などにも投資ができる投資信託です。世界経済は引き続き、アメリカが引っ張ると思うならこちら。
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 日本株や先進国株だけでなく、国債などの債券や不動産投資にもバランスよくお金を振り分けてくれる投資信託です。その分、リスクは低くなりますが、年率平均リターンも低くなる可能性大。
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 中国、台湾、インド、ブラジル、韓国といった新興国株を中心に運用してくれる投資信託。伸びしろがある分だけ高いリターンが期待できますが、その分、リスクも大きいです。

上記の投資信託は、楽天証券の「投信スーパーサーチ」を利用すれば簡単に見つけられますが、類似した投資信託にeMAXISシリーズがあるのでご注意ください(Slimという文字があるのと無いのとでは大違い)。

投資信託を組み合わせることも可能:

尚、楽天ポイントを使って投資信託を買い付ける場合でも、1つの投資信託に絞って買い付けをする必要性はなし。

たとえば新興国株式に期待はしてるけど全部をそちらに振り分けるのは怖いな…と思う方は、半分だけeMAXIS Slim 新興国株式インデックスを買い付けし、残りを比較的安全なeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を買い付けるする…なんていうのも手です。

加えて、楽天証券ではこの他にも2,600以上の投資信託が存在。

正直、投資初心者はあれやこれやと投資信託を買い付けせず、eMAXIS Slimを選んでおけばいいんじゃないかな…と思うところはありますが、攻めの資産運用をしたい方は他の投資信託買い付けも検討ください。

うまく組み合わせをすれば年率5%以上のリターンを得ることだって夢ではありません。

楽天銀行とセットなら更に効果的:

今回の記事では楽天証券と楽天カードの組み合わせを紹介させていただきましたが、ここに楽天銀行のハッピープログラムを組み合わせると、投資信託の残高に対して年率0.048%分の楽天ポイントを貰えるメリット有り。

率直、0.048%分なんて少なく感じるかもしれませんが、自己資金を加えて投資信託を買い付ける方であれば結構な副収入になるので、それらのポイントもそのまま投資信託の買い付けに回すのがおすすめですね。

そうすればより効率的に資産を増やせるものと思います。

カツカツでも資産づくりをしよう:

f:id:cardmics:20180505153206j:plain

長々と解説をしてきたので、最後にもう一度、やり方をまとめておきます。

元手0円で資産づくりができる手法とは、

  1. 楽天証券で口座開設
  2. 楽天カードを使って楽天ポイント獲得
  3. 楽天ポイントで投資信託を買い付け

たったこれだけ。

これで月間1,500~3,000ポイントの確保は難しくないので、獲得したポイントを使って是非、資産づくりをはじめてみてください。

それだけで100万円以上の資産形成も夢ではありませんよ。

以上、なぜか元手0円でもお金が貯まる、カツカツな人向けの資産作りを解説!長期でこの方法を実践すれば、100万円単位の資産形成も可能です…という話題でした。

参考リンク:

資産運用についてもう少し知識を入れておきたい…という方は下記記事も参考に。

投資信託とは何なのか?どうしてお金が増えるのか?そういった基礎知識についてわかりやすく解説してくれる書籍を紹介しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP