クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

PayPayが100億円あげちゃうキャンペーン第二弾を発表!わかりやすくキャンペーン利用時に気をつけたいポイントをまとめてみた。

f:id:cardmics:20181123125411g:plain

2018年末に社会現象にもなった、スマホ決済「PayPay(ペイペイ)」の100億円あげちゃうキャンペーン。

この100億円あげちゃうキャンペーンの第2弾がなんと、2019年2月12日9時から開始されるという情報が入ってきました。PayPay公式サイトよりの引用です。

「第2弾100億円キャンペーン」を2月12日から開始
~ 支払額の最大20%や抽選で最大1,000円相当が戻ってくる!

100億円あげちゃうキャンペーン第2弾について:

前回のキャンペーンとは条件が違う:

まず、この情報を見て、『おおおお、前回、買い損ねたiPadやMacBook Airを購入するぞ!』と思った方は要注意。

第2回の100億円あげちゃうキャンペーンは、確かにPayPay利用で最大20%分の残高が戻ってくるキャンペーンであるのは間違いないのですが、第1回目のキャンペーンとはPayPay残高の付与条件が全く別物。

使い方次第では対してお得にならないこともありえるので、PayPayをお得に使いたい方はその条件をしっかり把握しておくことが重要であると言えます。

1回あたりの付与上限は1,000円まで:

では、第1回目と2回目でどの部分が大きく異なるのか…というと、それはPayPayの還元対象となる支払い金額が少額に抑えられてしまった点。

前回のキャンペーンでは1回あたり25万円の買い物まで20%還元の対象となっていましたが、今回は5,000円の買い物までがその対象と、大幅にグレードダウンしてしまっているのがその特徴です。

  • 第1回:25万円の買い物まで20%還元
  • 第2回:5,000円の買い物まで最大20%還元

まぁざっくり言ってしまうと、家電やインテリア、自転車といった高額の支出には不向きなキャンペーンであると言えます。

但し5万円まで還元される:

ただ、あくまで上限が引き下げられたのは1回あたりの還元金額だけ。

キャンペーン期間中に還元される上限金額は前回のキャンペーン同様に5万円となっているので、コツコツとPayPayを利用すれば25万円の支払いで5万円分のPayPayボーナスを貰うことも夢ではありません。

  • 第1回:上限の還元額は5万円まで(月間の上限)
  • 第2回:上限の還元額は5万円まで(キャンペーン期間中の上限)

うまくコンビニやスーパーマーケット、飲食店などでPayPayを利用して、家計の出費節約につなげてもらえればなと思います。

ヤフーカード以外と連携させては駄目:

あともうひとつ。

第2回目の100億円あげちゃうキャンペーンを利用する上で気をつけたいのが、楽天カードや三井住友VISAカードといったクレジットカードと、PayPayを連携させちゃ駄目という点。

こちらは下記のようにPayPay利用時の還元率が10%に悪化してしまうことになるので、どうしてもクレジットカードを連携させてPayPayを使いたいのであれば、Yahoo! JAPANカードを2月12日までに作成あるのみ…といった感じです。

他社カードと連携するとPayPayの還元率は悪化する

他社カードと連携するとPayPayの還元率は悪化する
10回に1回当たる懸賞も対象外:

同様に、他社発行のクレジットカードをPayPayに連携させると、5~10回に1回、1,000円分が還元される懸賞くじの抽選も対象外。

他社カードを連携すると懸賞の抽選にも参加できなくなる

他社カードを連携すると懸賞の抽選にも参加できなくなる

それゆえ、よほどお金に困っている…といった方でもない限りは、銀行口座からPayPay残高をチャージするか、Yahoo! JAPANカードを使ってPayPayを使うほうがお得ですよ。

以上、PayPayが100億円あげちゃうキャンペーン第二弾を発表!わかりやすくキャンペーン利用時に気をつけたいポイントをまとめてみた…という話題でした。急遽作った記事なので、情報が分かり次第また追加させていただきます。

参考リンク:

PayPayと親和性の高い、Yahoo! JAPANカードについては下記公式サイトも参考に。

楽天カードと同様にキャンペーンがお得な年会費無料カードなので、まだ持っていない方は作成を検討ください(下記記事では保有メリットなどを詳しく解説しています)。

news.cardmics.com

PAGE TOP