クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

実はPayPay、送金相手の携帯番号さえわかればお金を送ることが可能!ただ送金時にパスワード入力が不要なのは激しく心配です。

f:id:cardmics:20181123125411g:plain

100億円あげちゃうキャンペーンで話題になった、スマホ決済のPayPay(ペイペイ)。

このPayPayのアプリをいじくって遊んでいたら、あまり知られていない面白い送金機能を発見したので、今回はその件について記事にさせてもらおうと思います。

PayPayの送金機能について:

携帯番号さえわかれば送金できるPayPay:

その機能とは、送金を希望する相手の携帯番号さえわかれば、PayPay経由でカンタンにお金が送れてしまうというもの。

やり方は非常にシンプル。

PayPayのトップ画面下にある『スキャン支払い』をクリックし、更に左下にある『友だちに送金する』をクリックすると携帯番号の入力画面が現れるので、そこにお金を送りたい相手の番号と金額を入力すればそれで送金完了となります。

  1. PayPayを開く
  2. 画面下にあるスキャン支払いを選択
  3. 左下にある友達に送金するを選択
  4. 携帯番号を入力
  5. 金額を入力
  6. 支払い完了
電話番号で送金する解説画像:

これだけだとわかりにくいので、一応、何点か説明画像も紹介。最初の「友達に送金する」というボタンだけは非常にわかりにくいのでご注意ください。

スキャン支払い画面の左下にある「友達に送金する」ボタン

スキャン支払い画面の左下にある「友達に送金する」ボタン

送金を希望する相手の電話番号を入力する画面

送金を希望する相手の電話番号を入力する画面

送金する金額を入力する画面(PayPay残高から送金)

送金する金額を入力する画面(PayPay残高から送金)

送金についての知識&注意点:

次に、PayPayを使ってお金を送金する上での注意点についてもいくつか紹介しておきます。

まずは単純な話ですが、いくら携帯番号だけでお金を送ることができるといっても、送金相手がPayPayを利用していないと利用はできないという点。

  • PayPay利用者への送金:携帯番号だけで送金できる
  • 使っていない人への送金:PayPay経由ではできない

これはPayPayの仕組み上、仕方ないのない部分なので、PayPay利用者がもっと増えることを祈るだけです。

送金できるのはPayPay残高のみ:

次にPayPay経由で送金できるのはPayPay残高(PayPayライト)のみ。

  • PayPay残高:送金可能
  • PayPayボーナス:送金できない

この残高以上の金額を友人や家族に送金することはできませんが、クレジットカード情報が登録済みの方であれば送金時に足りない分をチャージすることも出来るので、もう自由な金額を送れてしまうと思って問題ないでしょう。

割り勘した金額の送金、お祝いを貰った時のお返し、借りていたお金の返済などなど、離れている相手への送金に活用ください。送金手数料も無料です。

送金可能な上限金額は設定なし?

尚、送金可能な金額の上限はPayPay規約に明記なし。

下記のように「別途行う公表または通知により定める」と書かれていますが、こちらも見当たらないので、たぶんですがPayPayの利用上限である日額50万円が上限に設定されているものと思われます。

第7条 (PayPayライトの譲渡)

  1. 利用者は、当社所定の方法により、自己のPayPayライトアカウントに記録された残高の範囲内で、PayPayライトを譲渡することができます。
  2. 当社は、1日に譲渡できるPayPayライトの上限額、1回に譲渡できるPayPayライトの上限額等利用者が譲渡できるPayPayライトの上限額について、別途行う公表または通知により定めるものとします。

まぁまだまだ送金機能の利用者そのものが少ないために整備されていないのだとは思いますが、この辺はしっかり明記してほしい場所ですね(どこかに記載があるのだとしても、それを見つけられないこと自体が問題)。

送金手数料が無料なのは嬉しい:

PayPayの送金手数料は個人間の移動であれば完全無料。

つまり100円や200円であっても手数料無料で送金することが出来るので、友人間のお金の貸し借りやワリカンの精算などに向いていますよ。

また、土日や夜間を問わずに即時入金できる点も大きな強み。銀行振込ではこうはいきません。

PayPay送金の問題点について:

f:id:cardmics:20180512135729j:plain

そんな便利で使い勝手のいいPayPayの送金機能ですが、使い勝手が良いからこその問題が結構ありそうな感じ。それらの問題点についてもわかりやすくまとめてみたいと思います。

パスワード不要でお金を送れてしまう:

個人的にこれは危ないなぁ…と思うのが、パスワードなしでお金が送金できてしまう点。実際、前述の送金までのステップを思い出してみてください。

  1. PayPayを開く
  2. 画面下にあるスキャン支払いを選択
  3. 左下にある友達に送金するを選択
  4. 携帯番号を入力
  5. 金額を入力
  6. 支払い完了

これらのステップの中に、「パスワードを入力する」や「Face IDで顔認証する / Touch IDで指紋認証する」というものはなし。

試しにPayPayのセキュリティ機能を強化した上で再度、送金を試みてみましたが、それでもパスワード等の入力は求められなかったので、現時点だと本人確認不要で相手側の電話番号さえわかれば送金できてしまうことになります。

スマホを落とした時にすごく怖い:

こう書くと『いやいや、自分が送金したい相手の電話番号を入力した上で送金するんだから、本人認証なんて必要ないんじゃないの?』と思われる方もいるかもしれません。

しかし、たとえばスマホを落としてしまったり、喫茶店等で席にスマホを置いたままトイレに行ったちょっとした合間に不正送金されてしまう可能性があることを考えると、ちょっと怖いどころの話ではないと思う私。

下手したら好き勝手にクレジットカードでPayPay残高をチャージされ、そのまま悪意のある第三者の携帯電話に送金されてしまうことすらありえると思います(競合サービスであるLINE Payではパスワード入力が必要)。

  • LINE Pay:送金時にはパスワード入力が求められる
  • PayPay:送金時に本人確認は一切なし

PayPayには今のところ補償もない:

ついでにいうとPayPayには今のところ、不正利用された際の補償がありません(PayPay規約の第4条4項、第4条5項より引用)。

利用者は、PayPayアカウントとパスワードの組合せを自己の責任で厳格に管理し、第三者に開示、提供または漏えいしないものとします。

また、本サービスのアプリケーションがダウンロードされた利用端末を自己の責任で厳格に管理し、第三者に利用させないようにするとともに、利用端末の画面ロックまたは画面ロックと同等の利用端末を第三者に利用させないための措置を行うものとします。

利用者がこれらに反することに起因し生じた損害、および利用端末を他人に使用させた、または使用されたことから生じた損害は、利用者の負担とし、当社は、その責任を負わないものとします。

要するに『パスワード等を漏洩しないように厳格に管理し、第三者にスマホのロックを解除させないように設定しておけよ。ロック解除されてしまった時の補償についてはうちの会社では知らないからな』とのこと。

遠隔操作で端末ロックしろという規約:

さらにさらに。

PayPay利用者は遠隔操作で端末ロックが出来るように設定しておけよ…という項目も規約には存在(紛失時にスマホを使えないようにしておける設定が必須ということ)。

利用者は、携帯端末等の紛失、盗難に備え、あらかじめ遠隔操作による携帯端末等のロック、携帯端末等のデータの消去等携帯端末等が提供する遠隔操作による携帯端末等を利用させないための措置(以下「携帯端末等のロック等」といいます。)に必要な設定を行うものとします。

利用者は、携帯端末等の紛失、盗難その他利用端末が不正に利用される可能性が生じた場合、直ちに、当社にその旨を連絡するとともに、本サービスを第三者に利用されないための措置として、携帯端末等のロック等および当社が公表または通知する措置をとるものとします。

携帯電話事業者への連絡および通信回線の利用停止を行うだけでは本サービスの第三者による利用を防ぐことができませんので、利用者は、必ず本項に従った対応を行ってください。また、利用者がこれらに反することに起因し生じた損害は、利用者の負担とし、当社は責任を負いません。

これをしなかった場合の不正利用についてはPayPay側では責任を負わない…ということなので、まぁ、前述の端末ロックとあわせるとIT知識に疎い人にどうこうできる問題ではないように思いますね。

これじゃ安心してPayPayを利用するなんて不可能です。

対策はアプリを都度落とすことくらい:

尚、現時点でPayPayの不正送金を防ごうと思ったら、PayPayのアプリを都度都度、落とすことくらいしかもはやない感じ。

事実、私は過去10日以上にわたってPayPayのアプリを触ってきましたが、その間、パスワードの入力やFACE IDの再認証を求められることなかったので、PayPayではアプリを落とさない限りは認証不要で使えてしまう&送金も可能な状況です(苦笑)

  • アプリを使い続ける:認証不要で使える&送金も可能
  • アプリを落とす:アプリを開いた際に認証が必要

うーん、先日もPayPay経由でのクレジットカード不正利用が話題になりましたが、こういったところからもPayPay側のセキュリティ認識の甘さが見えてきますね。せめて送金時くらいにはパスワード入力を求めるなどの改善を加えてもらえればなと思います。

以上、実はPayPay、送金相手の携帯番号さえわかればお金を送ることが可能!ただ送金時にパスワード入力が不要なのは激しく心配です…という話題でした。

参考リンク:

PayPayとは仕組みそのものが違いますが、後払い式の電子マネーであるQUICPayなどについては不正利用に対する補償がしっかり備わっているんですよね(LINE Pay等は補償の上限があるため全額保証にはならない)。

こちらはスマホを紛失した場合の不正利用であっても基本、全額補償してもらえる電子決済なので、PayPayじゃちょっと心配だと思った方は下記カード等を作成してもらえると安心なのかなと思います。

news.cardmics.com

PAGE TOP