クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

お店にPayPayを導入する方法(2019年版)!登録申請に必要なものや、PayPay加盟店になるメリットをわかりやすく紹介します。

f:id:cardmics:20190712205541j:plain

今回は『うちの店舗にもPayPayを導入したい!』という経営者の方向けに、PayPay導入の方法をわかりやすく解説してみようと思います。

特にこの10月からは日本政府主導のキャッシュレス決済支援策が実施予定。

キャッシュレス・消費者還元事業とは?

消費税率が10%に引き上げられる2019年10月から9か月間、キャッシュレス決済をした消費者に最大5%が還元される国の補助金事業です。

消費者にとってのメリットのみならず、キャッシュレス決済用の端末導入費用補助や手数料補助など事業者にとってのメリットもあります。

この施策が開始されるとテレビや新聞等のメディア上でキャッシュレス決済への注目が高まることが推測されるため、飲食店や小売店を経営している方は今のうちにPayPay導入をしておくようにしてください。

キャッシュレス決済を導入するだけで集客数アップが見込めますよ。

PayPayをお店に導入する方法について:

早速、PayPay導入に必要な情報をまとめていきたいと思います。

導入にはスマホかタブレット端末が必要:

まず、PayPayをお店に導入する上で不可欠なのが、スマートフォン携帯やタブレット端末です(どちらか1つあればOK)。

  • iPhoneやAndroid携帯等のスマホ携帯
  • iPadやGalaxy Tab等のタブレット端末

Q. お店側で準備が必要なものはありますか?

A. PayPay for Business(加盟店売上管理ツール)にアクセスできる端末(PC、スマホ、タブレットいずれか)をご用意ください。

どちらもインターネット通信ができるものであれば基本的には大丈夫ですが、現時点で旧式の携帯電話(ガラケー等)しかない…という方は、PayPay用にスマートフォンやタブレット端末を入手しておく必要性があります。

インターネット通信できることが必要:

また、スマートフォンやタブレット端末が手元にあったとしても、インターネットに接続できない状況では利用不可。

比較項目 ネット接続 導入可能かどうか
スマートフォン端末 ネット接続可能 PayPay導入可能
ネット接続不可 PayPayは使えない
タブレット端末 ネット接続可能 PayPay導入可能
ネット接続不可 PayPayは使えない

NTTドコモ、au、ソフトバンク等と契約を行うか、フレッツ光等の光回線を利用できることが必須条件です。

くれぐれもご注意ください(現在、このページを閲覧している端末が手元にあればPayPayが使える可能性大)。

導入に必要なものについて:

通信可能なスマホやタブレット端末があれば、あとはPayPay導入に際して難しいことはなにもありません。

個人事業主の場合には運転免許証や健康保険証といった身分証明書、株式会社や合同会社等であれば法人番号さえあれば申込可能となります。

  • 個人事業主の場合:運転免許証等の身分証明書
  • 法人格の場合:13桁の法人番号

法人番号がよくわからない方はこちらのサイトを参照ください。

法人番号とは

法人番号は、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平公正な社会を実現するための社会基盤です。

法人には1法人1つの法人番号(13桁)が指定され、登記上の所在地に通知されます。

業種によっては許認可証の追加提出が必要:

尚、業種によっては追加で許認可証の提示が必要となります。

  • 中古品・リサイクル品・古物の取扱有…古物商許可証
  • 施術所…開設届出済証明書
  • 旅行代理店…旅行業登録票
  • 医療相談・法律相談…資格認定証/登録証
  • 運転代行業…自動車運転代行業認定証

これらの業種に合致する経営者の方は、こういった許認可証を事前に用意しておくとスムーズに申込ができることでしょう。

PayPay利用に必要な費用について:

次に、PayPayを利用する上で必要な費用ですが、こちらは下記図の通りすべて0円。

PayPayは無料で導入&利用可能

PayPayは無料で導入&利用可能

導入に必要なお金も、月額利用料も、PayPayを利用された場合の加盟店手数料も、振込をしてもらうための入金手数料についてもすべて無料なので、PayPay導入に際して費用を心配する必要性はありません(費用の詳細は公式サイト参照)。

  • 導入費用:0円
  • 月額費用:0円
  • 決済手数料:0円
  • 振込手数料:0円

PayPayなら、初期導入費・月額固定費・決済システム利用料・入金手数料がすべて無料!費用を気にすることなくご気軽に導入いただけます。

2020年6月30日までは事務手数料や送料等を含め、完全無料で導入&利用可能となります。

サービス解約も問題なく可能:

こう書くと、疑り深い経営者の中には『導入は無料でも、サービスを解約する際には違約金等が発生するんじゃないか?』と勘ぐってしまう方もいるかも…ですが、違約金等もまったく無し。

解約する場合、違約金等はかかるか?

通常解約に対する違約金はございません。

解約そのものについても申請をすれば翌月末には解約可能となるため、一度契約したらなかなか解約させてくれないんじゃないか…と心配する必要性もありません。

利用客が居なくなったら、いつでも解約可能です。

PayPayの加盟店申請をしよう:

ここまででPayPay申込の準備が整ったら、あとは下記リンク先より加盟店申請を行うだけ。

PayPay側によると2営業日中にその審査結果を教えてくれるとのことなので、申込後は審査結果の通知が届くを待つのみとなります。

お申込み後、約2営業日で審査結果をご登録メールアドレスへお送りします。

※お申込み内容に確認事項や不備があった場合、または業種によっては上記よりお時間をいただく場合がございます。

キットは1週間程度で送られてくる:

無事、PayPayの加盟店審査を通過できた場合には、申込から約1週間で「PayPayコードキット」と呼ばれる封筒が届きます。

約1週間でPayPay導入用のキットが届く

約1週間でPayPay導入用のキットが届く

これを元に加盟店売上管理ツールの初期設定を行い、PayPay決済用のQRコードをお店に張り出せばPayPay受付の準備OK。

流れとしてはなんとなく難しそうに感じるかも…ですが、スマホやタブレット端末に慣れた方であれば苦もなく対応できることでしょう。

いざ挑戦あるのみです!

クレカ決済にも対応したいならモバイル決済:

PayPayだけでなく、クレジットカードや電子マネーについても自店舗に導入したい…という方は下記記事を参考に。

さすがにPayPay同様に完全無料…というわけにはいきませんが、少ない負担で利用可能になるモバイル決済についてまとめています(ネット接続可能なスマホ1台あれば利用可能なキャッシュレス決済サービス)。

PayPay導入のメリットについて:

f:id:cardmics:20180224112823j:plain

それでも尚、PayPayを導入すべきか迷っている…という経営者の方のために、PayPay加盟店になるメリットについても解説しておきます。

手数料0円で導入できる:

PayPayを導入する最大のメリットは、完全無料でキャッシュレス決済を導入できるという点。

これは言い換えると『PayPayを導入してみたものの、キャッシュレス決済を導入するメリットを感じられなかったなぁ…』と思った時には負担0円のままで撤退できるので、現時点で現金払いしか使えないお店の経営者が試しに導入するのに最適だと言えます。

  • 初期費用が高い決済サービス:失敗した時は損失に
  • 初期費用が0円のPayPay:失敗しても損失は0円

他の決済サービスだと、こうはいきません。

試験的な導入ができる魅力も:

また、複数の店舗をもっている経営者なら、A店でのみPayPayを導入し、B店では導入しない…なんてABテストを実施することも可能。

前述のようにPayPayは導入費用0円のキャッシュレス決済なので、片側のみで導入をすればその効果を測定しやすいメリットがありますよ。

  • 初期費用が高い決済サービス:試験導入が難しい
  • 初期費用が0円のPayPay:試験導入しやすい

その上で効果を感じれば全店舗での導入、感じられなければ即撤退すればOKです(申請はこちらから可能)。

集客効果が期待できる:

PayPay導入のメリット、2つ目はPayPayの魅力的なキャンペーン効果による集客が期待できる点。

たとえば過去には「100億円あげちゃうキャンペーン」が話題になり、PayPay加盟店にお客さんがあふれる…なんて自体が頻繁に発生しました(引用はこちら)。

PayPayが2018年12月に実施し、わずか10日でキャンペーン原資を使い切ったとして終了した「100億円あげちゃうキャンペーン」。その還元額が115億円にのぼったことが明らかになりました。

「100億円あげちゃうキャンペーン」はすべての決済で20%還元という大盤振る舞いっぷりが話題となり、家電量販店で高額な買い物をするユーザーが相次いだ結果、予算をわずか10日間で使い切り、当初3カ月の予定を大幅に繰り上げる形で終了しました。

こういったキャンペーンに便乗したお客さんが続々とお店にやってくる…と思えば、その効果が垣間見えるのではないでしょうか?

政府支援のキャッシュレス還元もはじまる:

加えて冒頭でも解説した通り、2019年10月からは日本政府主導のキャッシュレス還元策が開始予定(詳細はこちら)。

キャッシュレス・消費者還元事業

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。

PayPayを導入すればこちらによる集客増も期待できるため、ダブルでお客さんを集めることができますよ。

PayPayを導入するとお客さんが最大5%分お得に買い物できる

PayPayを導入するとお客さんが最大5%分お得に買い物できる

優れた店舗経営者なら、こんなチャンスをみすみす逃す選択肢はありません。

中国系の観光客にも対応できる:

PayPayの加盟店になるメリット、3つ目はPayPayを導入すると中華圏で利用されているAlipay(アリペイ)も同時に決済可能になる点です。

PayPayコードでAlipayも使える!

(中略)海外からのAlipay利用者は、AlipayアプリでPayPayコードを読み取るだけでお支払いできます。

これ、Alipayを知らない方すると、『へっ、それで?』と思われるようなメリットかもしれませんが、中国人のAlipay利用率は一節には98%にもなるというデータも(数値はWeChatペイを含む)。

QRコードの下にAlipayのロゴマーク有り

QRコードの下にAlipayのロゴマーク有り

それゆえ、Alipayが使えるというだけで中国人観光客を引き寄せることが出来るため、Alipayを絡めればPayPay導入による集客効果をさらに高めることができますよ。

外国人観光客が多い地域に出店している経営者であれば尚更です。

釣り銭の準備が減る:

PayPay導入のメリット、最後はキャッシュレス決済が増えると釣り銭の準備をする必要が減るという点です。

たとえば現金払いのみのお店にとって悩みのタネは、1万円札を使うお客さんが連続で現れた場合かと思いますが、PayPayを導入しておけばそもそも釣り銭が必要なし。

  • PayPay払い:釣り銭は不要
  • 現金払い:原則、釣り銭が必要

中でもランチタイムの飲食店ではその効果が大きいですね。

PayPay利用者が増えれば増えるほど釣り銭の準備が不要になっていくので、銀行まで両替に往復する必要がなくなります。

PayPay導入が防犯になることも:

さらに店舗売上の一部がPayPayになると、店舗で扱う現金の総量が減るという利点も存在。

そうなれば泥棒に入られたときの防犯対策にもなりますし、従業員による窃盗も防げるなど、なにかと助かることは多いかと思います(他、下記のようなメリット有り)。

  • 泥棒が入っても被害が少なくなる
  • 従業員による盗みを心配せずに済む
  • 夜間、お金を保管しやすくなる
  • 売上把握しやすくなる=レジ締めが楽に
  • レジの回転が早くなる=人件費削減

この辺について詳しくは下記記事も参考にどうぞ。

news.cardmics.com

お客さんは割引価格で購入できるメリット有り:

PayPay導入によるお店側の負担は現時点で0円ですが、お客さん側からしてみると、PayPay導入店舗で買い物をすると3~20%分のポイント獲得になるメリット有り。

これは考え方次第だと、お店で売ってる商品を3~20%程度安く購入できる…ということになるので、経営者としては割引をせずとも割引販売をする効果を得られることになります。

  • 現金払い:1万円の商品は1万円
  • PayPay:客側は1万円の商品を8,000~9,700円程度で買える

だからこそ、現金払いのみのお店とPayPay加盟店が並んでいたら、お客さんはPayPay加盟店のほうに足を運びやすいのですね。

さぁPayPayの加盟店になろう:

f:id:cardmics:20190712205525j:plain

ここまでPayPayの加盟店になる方法から、PayPayをお店に導入するメリットまでをわかりやすく解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

そんなPayPayでは現在、新規に加盟店登録をすると最大1万円分のお金が貰えるキャンペーンを実施中(詳細は下記公式サイトにて)。

こちらを利用すると導入&決済費用0円にも関わらず、なぜか1万円が貰えてしまうことになるので経営者なら見逃せませんよ。是非、キャッシュレス化の波に乗って、お店の売上アップにつなげてもらえればなと思います。

以上、お店にPayPayを導入する方法(2019年版)!登録申請に必要なものや、PayPay加盟店になるメリットをわかりやすく紹介します…という話題でした。

参考リンク:

日本政府によるキャッシュレス消費者還元事業がはじまるまでにクレジットカード決済等の導入を間に合わせたい…という方は下記記事も参考に。今からでも間に合う業者を中心にまとめています。

news.cardmics.com

PAGE TOP