クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

店舗経営者は今すぐPayPayを導入しないとビジネスチャンスを失う!?特に客単価が高いビジネスなら、導入しない手はありません。

f:id:cardmics:20171119233831j:plain

2018年12月4日から開始される、スマホ決済『PayPay(ペイペイ)』の決済額20%還元キャンペーン。

文字通り、PayPayで支払いをするだけでその決済額の20%分がボーナスとして戻ってくるこのキャンペーンは、我々消費者として非常に魅力的ですが、飲食店や小売店といった店舗経営者にとっても大きなビジネスチャンスになりえるキャンペーンですよね。

なにせPayPayを導入すれば、自店舗で提供している食事や商品が実質20%オフになるということ。お客さんも20%オフ目当てでたくさんやってくるので、店舗の売上をあげたいのであれば導入しない手はありません。

PayPay導入のビジネスメリット:

客単価が高いお店なら導入必須:

特に客単価が高い電気店、家具インテリア店、洋服店などであればPayPay導入はもはや必須事項。

なにせPayPayで10万円の商品を購入すると実質2万円オフの8万円で買えることになるので、その割引を求めてPayPay利用者がお店に押し寄せることになります。

  • 5万円の炊飯器:PayPay利用者は実質4万円で買える
  • 10万円のソファ:PayPay利用者は実質8万円で買える
  • 3万円のコート:PayPay利用者は実質2万4,000円で買える

まぁ言葉はアレですが、店舗経営者が身銭を切ることなく割引セールが出来るチャンスと考えれば、PayPay導入がいかに重要かどうかがわかるはず。経営者ならこのビジネスチャンスを逃さないようにしてもらえればなと思います。

客層が若いお店も導入メリット大:

また、20~30代の利用者が多い飲食店を経営している方などにもPayPayはおすすめ。

PayPayはクレジットカードさえ手元にあればその場で登録&利用開始が出来る支払手段なので、店頭でお客さんにPayPayを推奨し、導入してもらうことができれば全品20%オフで飲み食いしてもらうことが出来るようになります。

使い方次第だと、たとえば5,000円の飲み放題コースが4,000円になる…みたいなおすすめの仕方も出来ると思いますね。お店の客単価を下げずに、お客さんの利用を増やせる大きなチャンスです。

PayPayは加盟店手数料0円:

ちなみに。

こう書くと『いやいや、PayPayってよくわからないけど、そんな支払い手段をお店に導入したら導入費が高いとか、決済手数料で5%くらい取られるだけじゃないの?』なんて思われる方もいるかもですが、PayPayではこちらもキャンペーン期間中に付き、決済手数料や導入費はすべて0円。

  • 導入費:0円(スマホやタブレットがあれば使える)
  • 決済手数料:0円(2021年9月末までは無料)
  • 入金手数料:0円(入金サイクルも早い)

PayPayは費用0円で導入できる

PayPayは費用0円で導入できる

2021年10月からは決済手数料が有料に変更されてしまうようですが、それはその時になってから考えれば良いだけの話なので、店舗経営者ならとりあえずPayPayを導入してみるのが良いと言えますよ。

以上、店舗経営者は今すぐPayPayを導入しないとビジネスチャンスを失う!?特に客単価が高いビジネスなら、導入しない手はありません…という話題でした。

参考リンク:

その他、店舗経営者の方であれば法人向けのクレジットカードやクラウド会計ソフトを導入することで、経営の合理化を図ることが可能。

詳しくは下記記事にまとめてあるので、興味がある方は参考にどうぞ。

news.cardmics.com

PAGE TOP