クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

PayPay経由でクレジットカードの不正利用が発生中!PayPayを利用したことがない方も、利用明細書を今すぐチェックしよう。

f:id:cardmics:20180512135629j:plain

100億円あげちゃうキャンペーンが話題になったスマホ決済のPayPay(ペイペイ)

ご存知のように12月13日付けでこのキャンペーンは終了となったものの、その爆発的な余波としてクレジットカードの不正利用が多数発生してしまっているようです。

BIGLOBEニュースが報じました。

100億円相当を利用者に還元するキャンペーンを展開し急激に利用者を増やしている「PayPay」だが、11日ころから身に覚えのない「PayPay」決済についてクレジットカード会社から連絡を受けたというTwitter投稿が相次いでいる。 

PayPay経由のカード不正被害について:

実際に不正利用された方が続出中:

試しにTwitter上でPayPayの不正利用について調べてみると、確かに被害を受けたであろう方のツイートを多数発見。

他にも不正被害を訴えている方は多いところを見ると、これらのツイートは氷山の一角である可能性が高いかなと思います。

過去に流出したカード情報を悪用:

では、どこからクレジットカードが不正利用されてしまったのかというと、これはPayPayから流出した…というわけではなく、過去、他社から流出したクレジットカード番号や有効期限等を悪用した可能性大。

PayPay社に状況を確認したところ、「弊社から情報が流出した事実はない」とのこと。 

実際、PayPay側でも流出した事実を確認していないとのことなので、PayPayに登録したことがないクレジットカードでも不正利用されている場合がありえます。ご注意ください。

PayPayを使ったことがない方も対象:

さらにもうひとつ。

今回のクレジットカード不正被害は、PayPayを利用した方はもちろんのこと、PayPayを使わなかった方、PayPayなんて名前すら知らない方も対象です。

  • PayPayを利用した方:不正利用された可能性あり
  • 使わなかった方:不正利用された可能性あり

つまりクレジットカードを持っている方全員がその対象となるので、『自分はPayPayを使わなかったので大丈夫!』と思わずに、クレジットカード利用明細書等の確認をお願いします。

ネット登録したことないカード番号でも漏洩する:

『私が持ってるクレジットカードは、ネット通販等に登録したことがないからいくらPayPayであっても不正利用されないよ』と思われる方もいるかも…ですが、こういった場合でも不正利用される可能性はゼロではありません(詳しくは下記記事を参照)。

そのため、大切なのは不正利用があろうがなかろうが毎月、利用明細書をしっかり確認すること。これに尽きますよ。

不正利用されてても大丈夫:

f:id:cardmics:20180715141025j:plain

尚、今回のようにクレジットカードを不正利用され、50~100万円といった大金を第三者に使われてしまった場合でも慌てる必要性はありません。

下記ツイートのように不正な被害であることが正しく証明することができればカード会社による補償を受けることが出来るので、被害額を0円に抑えることが可能ですよ。

詳しくは下記記事もあわせてご覧いただければなと思います。

以上、PayPay経由でクレジットカードの不正利用が発生中!PayPayを利用したことがない方も、利用明細書を今すぐチェックしよう…という話題でした。

参考リンク:

PayPay不正被害の中で、個人的に目についたのが下記ツイート(すでに削除済)。

私自身はpaypayに登録していないので、クレジットカード情報が漏れていて、それを使われたみたい。いずれにしても三井住友さんの早急な対応により請求にはあがらないとのこと。とりあえず良かった。

どうやら三井住友VISAカードはPayPayによる不正被害を見抜いて連絡してきてくれたようなので、カード保有者側としては安心が持てますね。さすがは天下の三井住友VISAカードだなぁ…と思います(詳細は下記記事も参照に)。

news.cardmics.com

PAGE TOP