クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

起業したばかりの個人事業主でも作れる、法人クレジットカードまとめ。新米フリーランス等の経営者におすすめの法人カードはこれだ!

f:id:cardmics:20170929182626j:plain

今回は創業したての個人事業主でも作りやすい、おすすめの法人クレジットカードをまとめてみたいと思います。

『うちはまだ事業を立ち上げたばかりだから、作れるか不安…』という事業主の方は是非、この記事で紹介している法人カードを中心に作成を検討してみてください。

  • 通常の法人カード:起業から数年は作れない
  • 今回紹介の法人カード:起業したてでもOK

どれも個人格でも問題なく申込可能なカードのみなので、運営年数が短くても作れる可能性大ですよ。

個人事業主でも作りやすい法人カード:

オリコ法人ゴールドカード:

起業したてのフリーランスや店舗経営者におすすめしたい法人クレジットカードが、オリコカードが発行している「Orico EX Gold for Biz(オリコ・エグゼクティブ・ゴールド・フォー・ビズ)」です。

この法人向けゴールドカードは個人事業主でも作成可能なだけでなく、初年度年会費無料、つまり1年目の年会費がかからないゴールドカードなので、起業後の収益化に苦しむ事業主のフトコロにも優しいのが魅力。

また、2年目以降の年会費も2,000円+税とかなり割安に設定されているので、使い続けても経費負担に苦しむこともないでしょう。

  • 発行1年目の年会費:無料
  • 2年目以降の年会費:2,000円+税
ゴールドカードという強みあり:

加えてOrico EX Gold for Bizはゴールドカードである…ということ自体がひとつの強み。

たとえばこのカード1枚あれば、同業者との会合や接待の際に使っても恥ずかしい思いをせずに済むので、「経営者としての身だしなみ」を整えることができますよ。

年会費無料カードじゃこうはいきません。

EX Gold for Biz S(エグゼクティブゴールドフォービズエス)|ビジネスカード(法人カード)・事業融資のオリコEX Gold for Biz(エグゼクティブゴールドフォービズ)|オリコ

三井住友ビジネスカード for Owners:

オリコ同様に個人事業主でも作りやすいビジネスカードが「三井住友ビジネスカード for Owners」。

これ、従来の三井住友ビジネスカードだと個人格の経営者には発行が厳しい状況がありましたが、2017年に新規発行がはじまったこの三井住友ビジネスカード for Ownersでは経営者本人の信用力だけで発行が可能なので、極端なことを言ってしまえば起業直後や赤字経営であっても発行が可能です。

  • 起業したての事業主:発行対象
  • 赤字の事業主:発行対象
三井住友カードブランドの強み有り:

また、三井住友カードブランドの法人カードを持つというのは一種のステータス。

取引先の前でカード払いをすることが多い方や、海外に出張に行く機会がある…という方はこちらの作成がおすすめですね。

VISAカードならではの使い勝手とステータス性の高さを味わえることでしょう。

個人事業主の方向けビジネスカード入会キャンペーン|法人カードの三井住友VISAカード個人事業主の方向けビジネスカード入会キャンペーン|法人カードの三井住友VISAカード 

楽天ビジネスカード:

楽天カードも実は個人事業主向けの法人カードを発行しています。

発行方法は下記リンク先のようにちょっとだけ複雑ですが、楽天プレミアムカードというゴールドカードを作ることで、その追加カードとして法人カードが作成可能になる形です。

  • 通常の法人カード:法人カードそのものを申し込む
  • 楽天の法人カード:個人向けカードを申し込みし、その追加カードとして法人カードを作る
追加カードだけど引き落とし口座は変更可能:

ちなみに追加カードとして発行される楽天ビジネスカードではありますが、個人事業主名義の銀行口座から利用代金を振り替えることも可能。

そのため、個人用の支払いは個人向けの楽天プレミアムカードで払い、事業向けの仕入れ等は楽天ビジネスカードで払う…なんて使い分けも可能ですよ。

もちろんビジネスカードとはいえ楽天カードは楽天カードなので、楽天市場でのポイント割増も大きな魅力。

楽天で商品を仕入れることが多いとか、備品はいつも楽天で買っている…という経営者は、こちらの作成を検討してもらえればなと思います。

楽天カード: 楽天プレミアムカード楽天カード: 楽天ビジネスカード

アメックスビジネスゴールド:

ステータスカードの代表格とも言えるアメリカン・エキスプレス(通称:アメックス)が発行しているビジネスゴールドカードも、起業したばかりの個人事業主を発行対象にしている法人カード。

しかも一昔前までだと『起業したての個人事業主はアメックスのビジネスゴールドを狙え!』と言われていたくらいの定番カードなので、ステータス性が高いゴールドカードが欲しい方ならこちらのカードを狙ってみてください。

  • 起業したての経営者:審査対象
  • 赤字の事業経営者:審査対象

意外にもあっさりと、審査を突破することが出来ると思います。

1年目の年会費が無料になる特典も:

そんなアメックスのビジネスゴールドカードでは現在、1年目の年会費が無料になるキャンペーンを実施中(2019年3月現在)。

  • 通常:1年目から年会費3万1,000円+税が必要
  • 現在:1年目は無料で利用可能

このキャンペーンを利用すれば憧れのアメックスゴールドを1年まるごと無料で使うことが出来るため、『いつかはアメックスを…』と思っていた方こそ申込を検討してみてください。

結果、サービス内容や優待に満足すれば2年目以降は年会費を払った上で利用すればOKですし、自分にはやっぱり不要だったな…と思ったら年会費発生前に解約することで出費を0円に抑えることができますよ。

お試しあれです。

ビジネスゴールドカード | アメリカン・エキスプレスビジネスゴールドカード | アメリカン・エキスプレス 

昔は個人事業主に厳しかったカード業界:

前述のように、昔はとにかく個人事業主ってだけでクレジットカード作成が難しい時代があったんですが、現在ではフリーランスが増加しているためか、徐々にカード作成へのハードルは引き下げられつつあります。

  • 昔:個人事業主はカードが作りにくかった
  • 現在:個人事業主でもカードが作れる時代に

それゆえ、起業したての個人事業主だからといってクレジットカード作成を諦めたり、法人カード作成は無理だと自己判断するのではなく、とにかく申し込んでみることが非常に重要。

実際、私はしがない個人事業主ですが、最高峰のクレジットカードランクであるブラックカードを何枚も保有していますよ。

法人カード作成の関連知識:

f:id:cardmics:20180617211836j:plain

ここで念の為、起業したての方が法人カードを作る際に役立つ情報をいくつか紹介しておこうと思います。

どうしても法人カードが欲しい方や、クレジットカード作成によって資金繰りを良くしたいと思ってる経営者の方は参考にどうぞ。

起業したてで作れるカードは少ない:

今回紹介した法人向けのクレジットカード以外にも個人事業主向けに発行されているカードはそれなりにありますが、どれも起業したてのフリーランスや自由業には審査が厳しいカードになりそうな感じ。

たとえば法人格向けの三井住友VISAビジネスカードやJCB法人カードなどの王道な法人カードが欲しいなら、ある程度の実績と収入を得てから申し込むほうが無難でしょう。

一般的な法人カードは起業したての個人事業主に厳しい

一般的な法人カードは起業したての個人事業主に厳しい

いきなり申し込みしても良いことは何ひとつありません。

借金漬けの人は審査に通らない:

あと、すでに保有中の個人向けでリボ払いや分割払いを限界いっぱいまで利用してしまっていたり、キャッシング枠が天井(借入可能な上限)まで到達してしまっている…という場合には、個人事業主うんぬん関係なしに審査に通る可能性は低いです。

クレジットカード会社としても「この人はそのうち、自己破産してしまうだろう」ということが推測できる状況でカードを発行することはあり得ないので、借金でクビがまわらない方は下記記事などを参考に、まずはその圧縮からはじめてもらえればと思います*1

news.cardmics.com

年会費無料の法人カードもあるけど:

『とにかく何でも良いから法人カードを作りたい!だから年会費が有料なゴールドカードではなく、無料のものはないだろうか?』

そんな場合におすすめなのがライフカードが発行している法人カード。

こちらであれば発行費&年会費無料で作ることが出来るので、なにがなんでも年会費負担にこだわりたい経営者の方におすすめだと言えます。当然、起業したての個人事業主でも作成OK。審査上での不安もありません。

ポイント制度がないのがネック:

ただライフカードの法人カードにはポイント制度がないため、在庫の仕入れや消耗品等の購入で使ってもポイント獲得はなし。

つまり法人カードの支払額が多い方であれば年会費を負担したほうが結果的にお得になることも多いので、そこまでして年会費無料にこだわる必要性はないように思います。

また、法人カードの年会費というのは事業にとっての必要経費。

堂々と損金算入できるため、そういった意味でも当サイト『クレジットカードの読みもの』では年会費有料の法人カードをおすすめしています。

カード払いするだけで資金繰りがよくなる:

事業にとって必要な支払いを現金や銀行振込でした場合には、当たり前ですがその瞬間にお金が手元からなくなります。

しかし、法人カードで支払いをすればだいたい30~60日程度の支払いが猶予されることになるため、創業したてで資金繰りで困っている事業者の方こそ法人カードを作るべき。

  • 現金払い:その瞬間にお金がなくなる
  • 銀行振込:その瞬間にお金がなくなる
  • カード払い:支払いは30~60日後

うまく活用すれば銀行からの借り入れ金額を減らせる場合もあるでしょうし、事業拡大にお金を回すことだって可能になりますよ(事業経営において「掛け」は非常に重要)。

さぁ法人カードを作ろう:

f:id:cardmics:20180505153839j:plain

ここまで起業まもない経営者でも作れるおすすめの法人カードから、法人カード作成における関連知識を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

お読みいただいたように現在では起業したでも問題なく法人カードは作成可能。しかもある程度は選択できる余地があるので、是非、みなさんには事業にとって一番メリットが大きそうな法人カードを選んで貰えればなと思います。

以上、起業したばかりの個人事業主でも作れる、法人クレジットカードまとめ。新米フリーランス等の経営者におすすめの法人カードはこれだ…という話題でした。

参考リンク:

法人クレジットカードの知識をもっと付けてから入手したい…という方は、下記記事も参考に。おすすめ法人カードから法人カードの活用方法までを幅広く紹介しています。

news.cardmics.com

*1:時々、無職な方がクレジットカードや消費者金融申し込みのために起業し、体裁だけ個人事業主になる場合もありますが、こういった場合にはすでにリボ払いや分割払い、キャッシング枠がパンパンだと思うので、どちらにせよクレジットカードが作れる可能性は低いです。また、仮に審査基準に運良く適合できたとしても、クレジットカード会社からの事業内容確認電話で嘘の起業だということがバレてしまうことでしょう。

PAGE TOP