クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

アフィリエイトサイトがGoogle検索結果から排除されたら、ザイやDIMEといった雑誌の記事広告(タイアップ広告)が目立つ時代に。

f:id:cardmics:20170613002447j:plain

主要検索エンジンであるGoogleから、アフィリエイトサイトが嫌われ始めた昨今。

中身のない広告だらけのアフィリエイトサイトが排除されるのは私も大歓迎なのですが、その代わりに最近、台頭してきたなぁ…と思うのが雑誌の記事広告。

でも結局これって広告には変わりないんだけど、Googleさん、そこら辺はどうなんでしょうか?

Googleにおける検索結果の変化について:

記事広告の例はこんな感じ:

雑誌の記事広告(タイアップ広告)とは、こんな感じの記事のこと。

これらの記事はアフィリエイト広告目的で独自に作成した記事なのか、それともカード会社から広告代理店を通じて依頼されているのかはわかりませんが、どちらにせよ『THE 広告』には違いありません。

広告ありきで文章が書かれているのは一目瞭然です。

Googleは記事広告を上位表示する:

ただアフィリエイトサイトと違うのは、雑誌社の広告記事はその知名度の高さから、被リンクが集まりやすい傾向にある点。

  • アフィリエイトサイト:リンクが集まりにくい
  • 雑誌社の記事広告:リンクが集まりやすい

つまり、Google検索では上位表示されやすい傾向にあり、実際、前述のザイやDIMEあたりは、その強みに気付いてネットを活用している印象すらありますね。

どんどん記事を書いて、リンクを集めていってる感じです。

雑誌社の記事はGoogleニュースに載る:

また、雑誌社のサイトはGoogleニュースなどにも掲載されるため、ニュース検索をしているとしばしば、こういった記事広告にブチ当たります。

私たちGoogle利用者側からしてみると『いやいや、この記事ってニュースじゃなくてただの広告記事でしょ…』と思いたくなりますが、そういった広告記事であったとしても雑誌社配信の記事なので、Googleはニュースとして掲載するしかない状況なんでしょう。

結果、ネットのインフラにのって、記事広告が多くの方に届くことに。そして広告代理店はこういった宣伝効果を狙って、雑誌社に『次はこの記事を書いてください』と依頼して回っているのだと思われます。

アフィリエイトサイトよりはマシ?

f:id:cardmics:20180715141448j:plain

こう書くと『いやいや、アフィリエイトサイトよりは雑誌社のほうがマシ!』っていう方も多いかもしれませんが、個人的にはアフィリエイトサイトだろうが雑誌社の記事広告だろうが、広告であることには違いがないなぁ~と思ったので今回の記事を書かせていただきました。

  • アフィリエイトサイト:広告
  • 雑誌社のサイト:広告

そんな当サイト『クレジットカードの読みもの』でも、将来的には広告を掲載するつもり。ただ広告を掲載するにせよ、こういった自分が嫌だなと感じる部分に対しては、反面教師にしていきたいものですね。

以上、アフィリエイトサイトがGoogle検索結果から排除されたら、ザイやDIMEといった雑誌の記事広告(タイアップ広告)が目立つ時代に…という話題でした。

参考リンク:

Googleニュースで検索をすると、記事広告ばかりが出てくる…という愚痴記事もあわせてどうぞ。ほんと誰の役にたっているのか、正直疑問です。

news.cardmics.com

PAGE TOP