クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

クレジットカード申込をネット限定にする、カード発行会社の利点を考えてみた。なぜ楽天カードなどは紙の申込用紙で申請できないのか?

f:id:cardmics:20171119233441j:plain

今回は雑談がてら、ネット申込のみに申請方法を限定しているクレジットカードにおける、カード発行会社側の利点というものを考えてみたいと思います。

楽天カードやオリコカード THE POINTなど、今やネット経由ではないと申込を受け付けていないクレジットカードは増加傾向。

今後もこの傾向は続いていくと思われるので、「なぜカード会社がネット申込に限定したカードを作りたがっているのか?」を考えるキッカケになれば幸いです。

ネット申込限定カードの発行メリットまとめ:

早速、クレジットカードの申込方法をネット限定とする理由についてまとめていきます。

1.紙の申込用紙にはなにかと費用がかかる:

クレジットカード会社がネット申込を推奨する理由、1つ目は「紙の申込用紙を作る必要性がない」という単純なもの。

こう書くと『いやいや、紙の申込書なんて一気に印刷してしまえばそんなに高コストでもないと思うけど?』と思う方もいるかもしれませんが、クレジットカードというのは常に仕様が変更となる支払手段。

それゆえ、カード券面デザインの変更となれば紙の申込書を変更しなくちゃいけませんし、サービス内容や会員規約が変更になったとしてもまた申込書を変更する必要があるんです。

  • カードデザインを変更した:申込書も変更が必要
  • サービス内容を変更した:申込書も変更が必要
  • 会員規約を変更した:申込書も変更が必要

考えるだけでもちょっと面倒くさいですよね、これ。

設置してくれるお店を探すのも大変:

また、紙の申込書を置いてくれるお店を探すのも一苦労。

これがアクワイアラー(加盟店業務)として多くの店舗を抱えている大手クレジットカード会社ならともかく、中規模以下のカード会社だとこの「申込書の設置場所探し」で困ることになりかねないので、文字通り、バッサリと紙の申込書をやめてしまうというのはアリな選択肢なのです。

  • 大規模なカード会社:
    申込用紙の設置場所を探す営業網がある
  • 中小のカード会社:
    営業力が乏しいので設置してくれる店舗を探すだけで難しい

とにもかくにも、紙の明細書を作るためには様々な費用がかかるのですね。

しかも券面デザインやサービス内容が変われば都度都度、申込書の設置場所に赴いて交換する必要ありと大変なことばかりです。

2.誤字脱字によるコストを減らせる:

クレジットカード会社が紙の明細書を廃止する理由、2つ目は記入者の文字が汚くて書いてある内容が読めないことが多いから。

たとえば住所の番地や電話番号の数字が読めない…なんてなった場合には、当然ながら申込をしてくれた方に電話をするか、郵送をするなどして「正しい記入」をお願いする手間が発生してしまうことに。

  • 紙の申込用紙:文字が汚くて読めないことも
  • ネット限定申込:文字が読めないことはない

その点、パソコンやスマホ経由でクレジットカードの申し込みをしてもらえれば文字が汚くて読めないこともないので、ネット申込に限定することでこういった確認コストを0円にすることが出来るのです。

郵便番号と住所が異なるといったミスも減らせる:

また、紙の申込書で申し込みをしてもらった場合には、郵便番号も住所も好き放題に書けてしまうデメリットも存在。

例をあげると千葉県の郵便番号を記入しているのに、住所は神奈川県のものが書いてある…なんてケースがあげられますが、これもスマホやパソコン経由の申し込みなら申し込み時点でその矛盾を指摘することが出来るので、虚偽の申し込みに対するコストを抑えることが可能なのです。

  • 紙の申込用紙:
    好きな郵便番号と住所を記入できる(入力間違いが多くなる)
  • ネット限定申込:
    郵便番号と住所は自動的に合致する(入力間違いが少ない)

同様に個人事業主なのに資本金1,000万円以上と記入されているとか、専業主婦なのに勤務先が書かれているとか、そういったミスもネット申込であれば自動的に防ぐことが可能になります。

3.メールアドレスの登録が必須にできる:

3つ目はネット申込ならメールアドレスの登録を必須にできるという点です。

カード会社として顧客にメールアドレスを登録してもらうことができれば重要事項の連絡だけでなく、日々の広告メール配信がしやすくなるので広告収入アップに繋げやすいメリットがある。

反面、紙の申込書の場合にはメアドの登録を必須にできなかったり、使われていないアドレスを記入されてしまう可能性もあるので、なかなか使うに使えない事情があります。

メールマガジンも送りやすい:

加えて昨今では自宅にダイレクトメール(DM)を送りつけるのはとにかく嫌がられる傾向にあるため、それならばメールアドレスに対して…という思考回路になるのは自然の流れ。

  • 自宅で郵送でDM:迷惑がられる
  • メールでDM:迷惑に思われにくい

このようにDMよりも広告メールのほうがまだマシという方は多いので、広告等のアピールは今後もメール宛に切り替わっていくことでしょう。

4.ポイントモールへの誘導もカンタン:

4つ目はカード会社が運営するポイントモールへの誘導がしやすい点。

ポイントモールや今やカード発行会社にとって大きな収益源になっているため、出来る限りカード会員にはここを利用してもらいたい事情があるんです。

このあたりも紙の申込書で申請された場合にはなかなかポイントモールにまでたどりついてもらうことは出来ないのですが、ネット申込者であれば抵抗感も少なく利用してもらいやすいメリットあり。

メールを使いこなす人=ネットに不慣れではない人なので、カード会社からしてみるとその分だけ「価値」が高いのです。

5.明細書の発行費用も削減できる:

最後はこれ、紙の利用明細書の送付が不要になるという点です。

クレジットカードの明細書というのは毎月1回、自宅に郵送で届けられるのが常でしたが、昨今ではネット明細限定のクレジットカードも増加傾向にあり、紙の用紙を自宅に届けてもらうことが出来ないケースも増えてきました。

カード発行会社にとっては、紙の明細書を作成する費用、印刷する費用、郵送代などなどと、なにかと時間とお金がかかったこの作業をすべてネット上で完結できるのは大きなメリット。

  • 紙の明細書:郵送代や印刷代がかかる
  • ネット明細書のみ:郵送代や印刷代がかからない

前述のように「絶対に紙の明細書は発行しない」というクレジットカードも出てきていますよ(選択制ではなく、ネット明細しか選べない)。

ネット申込限定のカードは今後も増えそう:

f:id:cardmics:20180404120137j:plain

ここまで5つほど、ネット申込限定にするメリットというもの解説させていただきましたが、こういった経費削減メリットをまとめると、もう1つ、カード発行会社にとって新しいメリットが生まれます。

それが広告費の捻出

ネット申込に限定をすれば当然、ネット世界だけでの宣伝活動でOKになるため、その分だけ周りのクレジットカードよりも多くの広告費を投下することが出来ることに…。

結果、ライバルのクレジットカードよりもネット上で話題になり、発行数が増えていくという好循環が生まれるのですね。

楽天カードの成功が、まさにそれに当たるように私は思います(詳しくは下記公式サイトにて)。

以上、クレジットカード申込をネット限定にする、カード発行会社の利点を考えてみた。なぜ楽天カードなどは紙の申込用紙で申請できないのか…という話題でした。

参考リンク:

この機会にクレジットカードを申し込みしたい…という方は下記記事も参考に。専門家おすすめのクレジットカードを解説しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP