クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

クレジットカードの年会費は、たとえ3日間しか使ってなくても返金なし!年会費有料カードを使うなら、会費の引き落とし日の把握を。

f:id:cardmics:20171109092713j:plain

今日、某プラチナカードの解約をしようとカード会社に連絡を入れたら、『つい先月に年会費の引き落としがあったばかりなので、今、解約すると損ですよ』とのこと。

うぐぐ、年会費の引き落としはもうちょっと先だと思ってたんですけど、先月だったとは迂闊でした。

実に数万円の出費です。

クレジットカードの年会費について:

カードの年会費って返金されない:

こんな感じでクレジットカードの年会費って、基本、返金してくれることはありません。半年使った場合でも、3日間しか使っていなかったとしても返金は0円。1度払ってしまったら最後、戻ってくることがない費用なんです。

たとえば年会費1万円のカードであれば、

  • そのまま1年利用:1万円の年会費
  • 利用6ヶ月で解約:1万円の年会費
  • 利用1ヶ月で解約:1万円の年会費
  • 利用3日間で解約:1万円の年会費

こうなるわけですね。

そのため、年会費がかかるクレジットカードの場合には、いつ年会費の引き落としがかかるのか?という点を把握しておくことが大切

そうでないと私のように、解約しようと思っていたのに年会費を払ってしまうことになります。

公式サイトにもQ&Aあり:

この辺、嘘だと思う方も多いと思うので、JCBカードやJALカードの公式サイトから規約を拾ってきました。

はい。 カード年会費の請求後の取り消しはできません。また、年会費お支払い後の返金も行っておりません。

途中退会の場合(年会費の対象期間開始日より前に退会手続きが完了した場合を除く)、および新たに提携カード会社の異なるカードにご入会後、既にお持ちのカードを退会される場合、お支払いになった年会費はお返しできかねます。

とにかく1日でもクレジットカードを使ってしまったら、年会費は1円も返ってこない規約になってるようです。もちろん、三井住友カードや楽天カード等のクレジットカードも同様となります。

カード利用者が理不尽さを感じる規約:

…と、ここまででクレジットカードには年会費を返金しない規約があることはわかりましたが、クレジットカードを使う側からしてみたら、規約だろうがなんだろうがなんで返金されないだ…って思いますよね(苦笑)

実際、カード会社は私たちの銀行口座を把握しているわけですから、返金しようと思えばいくらでも返金できるはず。

それにも関わらず月割の返金にも対応しないってことは、『昔から年会費の返金対応はしていないし、業界全体としてそういうものだから』という慣習のみで返金を拒否してるだけな気がします。

  • 建前:規約に書いてあるから返金しない
  • 実際:利益が減ってしまうので返金したくない
返金してくれるカード会社が出来ても面白い:

ほんと1990年頃まではそれでOKだった気がしますが、IT化が進んだ21世紀の今ならむしろ返金することをアピールポイントにしたクレジットカードがあっても面白いのになぁと思うところ。

是非、どこか勇気のあるカード会社があるのなら、「月割で年会費を返金するクレジットカード」を作ってほしいなと思います。

月額で使えるクレジットカードは存在した:

年間で会費を払うのではなく、1ヶ月ごとに月会費を請求されるクレジットカードが過去には存在したのですが、現在ではそういうカードはほぼすべて無くなってしまいました。

やはり月に1回、銀行口座から会費が引き落とされると、クレジットカードを途中で解約してしまう人が多かったのかもしれません(年会費よりも月会費のほうがお金がフトコロから出ていく感覚が強くなる)。

  • 毎月引き落とし:解約に繋がりやすい
  • 年に1度引き落とし:解約に繋がりにくい

そして言うまでもなくカード発行会社側からすると、解約が多くなるのは死活問題。

今のように年に1回引き落としをかけ、『今、解約すると半年分の年会費がムダになっちゃいますよ!あと5ヶ月ほど使い続けてみてはいかがでしょうか?』と提案するほうが解約を減らせるメリットがあるため、理にかなっているようです。

クレームを入れれば返してくれることも:

f:id:cardmics:20171101234116j:plain

ちなみに。

かなり強めにクレームをつけて年会費返金を求めると、返金に応じてくれるクレジットカード会社もあるにはあります。

そのため、よほど納得がいかない場合があるんだ!という場合などには、クレジットカード会社に対して年会費の返金が出来ないのかどうかを確認するのも手。

しかしまぁ、その電話をするためにも相応の時間がかかること、そしてカード会社からすればクレーム客以外のなにものでもないので、出来れば避けて欲しいなと思います(たぶんそのカード会社のクレジットカードは二度と作成不可に)。

以上、クレジットカードの年会費は、たとえ3日間しか使ってなくても返金なし!年会費有料カードを使うなら、会費の引き落とし日の把握を…という話題でした。

参考リンク:

年会費で悩まずに、最初から年会費無料で作ることが出来るクレジットカードを作ってしまうのもおすすめ。

これならいつどのタイミングでクレジットカードを作っても年会費は0円なので、解約タイミングで悩む必要性がなくなりますよ(専門家おすすめの年会費無料カードは下記記事参照)。

news.cardmics.com

PAGE TOP