クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

年会費無料のクレジットカードって作って大丈夫?無料で作れるカードはセキュリティ面で心配だ…という方に、その安全性を解説してみる。

f:id:cardmics:20180512135643j:plain

年会費無料のクレジットカードって、無料で発行しているからセキュリティ対策が甘いんじゃないかとか、実は落とし穴があってとんでもない手数料が取られてしまうんじゃないかとか、「無料」ゆえに警戒してしまう…という方って意外と多いもの。

そこで今回はそんな不安を取るべく、年会費無料クレジットカードって作っても大丈夫なのか?という点について詳しく解説をしてみようと思います。これを読んでいただければきっと、年会費無料であっても発行して大丈夫だということがわかって貰えるはずですよ。

尚、クレジットカードの仕組みそのものをまだ理解していない…という方は、下記記事を読むところから先にはじめてみてくださいね。

年会費無料クレジットカードが無料な理由:

なぜ無料でカード発行しているのか?

まず、年会費無料クレジットカードはなぜ無料なのかというと、これは単純に、クレジットカード会社としては年会費を無料にしてでもみなさんにクレジットカードを保有してもらいたいためです。

当然ながらクレカを持ってもらうことが出来なければカード会社は1円も利益を稼ぐことが出来ないので、とにかくなんでも良いから自社のカードを持ってもらいたいのですね。

  • カード会社が儲かる可能性あり:年会費無料で持ってもらう
  • カード会社が儲かる可能性はゼロ:カードを持ってもらえない

それがたとえ、年会費無料であってもです。

年会費無料だからセキュリティが甘い?

では、年会費無料だからセキュリティが甘いんじゃないかとか、個人情報が漏れちゃうんじゃないか?とか疑問に思われるかもしれませんが、これはまったく問題ありません。

そもそも年会費無料だろうがゴールドカードだろうがブラックカードだろうが、クレジットカード会社としてはセキュリティを強固にしておかないと顧客からの信頼を失ってしまうためです。

個人情報が流出したら大打撃:

まぁ考えてもみてください。

仮にクレジットカード会社からみなさんの個人情報が漏れ、大々的にニュースにでもなった場合には、多くの会員(利用者のこと)からの信頼を失ってしまうことになるので、無料だから○○が甘いとかということはありえません。

セキュリティ強度でいえば、年会費1万円以上のゴールドカードでも年会費無料のカードでも基本は同じだと言えます(むしろ年会費無料カードのみのセキュリティ対策を甘くするほうが難しい)。

  • 年会費無料カードでも、年会費10万円以上のブラックカードでもセキュリティ対策レベルは一緒

『いやいや、それでも無料でセキュリティ強度が高いなんて信じられない!』という方は、下記記事も参考にしてみてください。年会費無料のライフカードを実際に利用した時に体験した内容をまとめています。

news.cardmics.com

クレジットカード会社はどこで儲けているのか?

それじゃクレジットカード発行会社は年会費無料でクレジットカードを発行して、どこで儲けているのかというと、それは主に加盟店手数料と呼ばれる収入によるものです。

加盟店手数料とはざっくりと説明すると、あなたがお店やネット通販でクレジットカードを決済を使った時に、カードを使われたお店側がカード会社に払う手数料のこと。

消費者側である私たちはクレジットカードを使っても1円も手数料を払いませんが、クレジットカードを使われたお店はしっかりとカード会社に手数料を払っているのですね(だからカード払いを嫌がるお店が存在する)。

  • 私たち:カード会社には手数料を払わない
  • お店:カード決済を使われたら、カード会社に手数料を払う

このあたりのクレジットカードの仕組みについては、下記の図解記事にてまとめてあるので参考にどうぞ。これを読めばクレジットカードを使った時のお金の流れが明確にわかるようになるはずです。

news.cardmics.com

リボ払いや分割払い手数料も収入源:

また、加盟店手数料の他、みなさんがお金に困った時につかうリボ払いや分割払いの金利手数料や、キャッシング利用時の手数料などもカード会社の利益になります。

こういった収入は、前述のようにみなさんにクレジットカードを持ってもらわなければ貰えない利益。そういった事情があるために、クレジットカード会社は会費無料でもなんでもいいからみなさんにカードを持ってもらおうとするのですね。

  • カード保有者が少ない:カード会社の売上も少ない
  • カード保有者が多い:買い物で使ってもらうだけで利益に
心配なら利用者の多い年会費無料カードを:

それでもセキュリティ対策などが万全じゃないとクレジットカードを持つのは怖い!と思うのであれば、たとえ年会費がかかったとしても利用者が多いクレジットカードを持つのがおすすめ。有名なところだと三井住友VISAカードJCBカードあたりが良いかもしれません。

これらのクレジットカードではあなたの他にも利用者が数千万人単位でいるため、万が一のトラブルが発生した時にもきちんと対応してもらうことが出来ます。

加えてこれらのカード会社では保有者が多いからこそのセキュリティ投資も活発なので、総合的に安心できるクレジットカードになるはずですよ。詳しくは三井住友VISAカードのセキュリティ対策について解説している、下記記事をお読みいただければと思います。

news.cardmics.com

利用通知をその都度くれる楽天カード:

年会費無料のクレジットカードの中にも、楽天カードのようにセキュリティ対策を他のクレジットカードよりも強化しているカードもあります。

たとえば楽天カードを支払いで使うと「カード利用お知らせメール」というメールが携帯やパソコンに届くようになっているので、これを都度都度、確認しておけば自分以外の人が楽天カードを使った場合でもすぐにその不正を見抜くことが可能*1

こんな感じでクレジットカードを使い慣れていない、カードを持つのが不安という方は、常にクレジットカードの不正利用を監視することができるカードを持ってもらえればなと思います。

年会費無料クレジットカードでも安心:

f:id:cardmics:20180505154623j:plain

ここまで解説させていただいたように、年会費無料だろうがなんだろうがクレジットカード発行会社はしっかりとした管理&サービスを提供してくれるので、カード初心者ならまずは年会費無料クレジットカードから使いはじめるのがおすすめ。

どの年会費無料クレジットカードを作ろうかと迷っている方は、下記記事も是非、読んでみてください。初めての方におすすめのクレジットカードをわかりやすくまとめているつもりですよ。

以上、年会費無料のクレジットカードって作って大丈夫?無料で作れるカードはセキュリティ面で心配だ…という方に、その安全性を解説してみるという話題でした。

参考リンク:

クレジットカードを持つと不正利用が怖いとか、誰かに盗まれてしまった時の損害は自己負担しなくちゃいけないんじゃないか?とか、そういう不安をお持ちの方は下記記事も参考に。

しっかり読んでもらえれば初心者が抱えがちな、クレジットカードに対する不安を解消することができると思いますよ。

news.cardmics.com

*1:カード利用お知らせメールは受信しないようにすることも可能ですし、仮にその利用を自分がしていない…ということがわかれば、盗難保険を申請して被害額をゼロにしてもらうこともできます。

PAGE TOP