クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

セブン-イレブンやローソンで最大5.5%ポイント還元される三菱UFJカードが凄い!今ならキャンペーン経由で最大10%還元も可能です。

セブン-イレブンやローソンで最大5.5%分のポイントが貯まる

コンビニ大手のセブン-イレブンやローソンで最大5.5%分のポイントが貯まる、そんな夢のようなクレジットカードが7月に誕生しました。

それが下記の三菱UFJカード。

まぁ正確には「三菱UFJカードにコンビニ優待が追加された」だけではありますが、普段からセブン-イレブンやローソンを利用中の方にとっては価値あるメリット誕生になるのではないでしょうか?

わかりやすくいうと三菱UFJカードで20回支払いをすれば1回分が無料になる。そんなイメージを持ってもらればその凄さがわかってもらえるはずです。

三菱UFJカードのコンビニ優待について:

期間限定で最大10%ポイント還元中:

しかも三菱UFJカードでは2022年9月30日までの期間限定キャンペーンとして、最大10%分のポイント還元を実施中。

期間中は下記図解のように1,000円利用につき最大10%分のポイントが貯まるので、ビールや雑誌など、スーパーマーケットでもなかなか安く販売していない商品を大量購入するチャンスになると思います。

キャンペーン登録&アプリログインで最大10%還元

キャンペーン登録&アプリログインで最大10%還元

実質1割引きの破壊力を是非、堪能ください。

キャンペーン適用条件と落とし穴について:

尚、最大10%相当還元キャンペーンの適用条件ですが、気をつけるべきは3つ程度。

  1. キャンペーンに登録すること
  2. MUFJカードアプリにログインすること

たったこれだけで最大5.5%ポイント還元から最大10%ポイント還元にアップするわけですから、忘れず対応ください。それでどんどんポイントが溜まります。

あと、キャンペーンの落とし穴には「キャンペーン特典の最大10%相当還元および最大15%相当還元となるご利用金額は期間中累計10万円までとなります」がありますが、こちらはコンビニで高級ウィスキーや焼酎などを買わない限りは大丈夫。

  • 10万円まで:最大10%相当還元
  • 10万円以上:最大5.5%相当還元

あまり気にしなくてOKかと思います。

どのくらいお得になるかの試算表:

参考までにセブン-イレブンやローソンで三菱UFJカードを使った際のポイント還元金額を表にまとめておきます。

1日の利用額 還元率 年間の獲得ポイント
300円 最大5.5%相当還元 約6,000円分
500円 約1万円分
1,000円 約2万円分
2,000円 約4万円分

普段、コンビニをどのくらい利用しているかでそのお得さを判断ください。

私のようにコンビニで弁当やドリンクを購入したり、雑誌を買ってる方なら意外と1日1,000円以上を使ってるものですよ。

三菱UFJカードについて:

ここで肝心の三菱UFJカードの詳細を少しだけ。

三菱UFJカードは「年1回以上の利用」で翌年の年会費が無料になる条件付き年会費無料クレジットカード。

  • 1年目:無料
  • 2年目以降:年1回以上の利用で無料

年1回以上の利用で翌年の年会費が無料となる

年1回以上の利用で翌年の年会費が無料となる

それゆえ、今回の優待追加によってコンビニで使う予定がある方なら、永久に年会費無料のまま使えると思って間違いありません。

つまりデイリーで300円程度しかコンビニ利用しない方でも三菱UFJカード申込が節約に繋がります。

コンビニでの利用に便利なタッチ決済あり:

また、三菱UFJカードはコンビニでの利用に最適なタッチ決済を搭載済み。

コンビニでは三菱UFJカードを近づけるだけで支払いできる

コンビニでは三菱UFJカードを近づけるだけで支払いできる

セブン-イレブンやローソンではレジ横の決済機に三菱UFJカードを近づけるだけで支払いが済んでしまうので、コンビニでの支払いスピード向上も期待できます。

イメージはSuicaみたいなものですね。あの感覚でピッと支払いできちゃいます。

三菱UFJ銀行に口座がなくてもOK:

ちなみに、三菱UFJカードはその名前から「三菱UFJ銀行に口座を持ってないと作れないのでは?」と思う方がいるのですが、こちらは心配ご無用。

たとえライバル銀行である三井住友銀行やみずほ銀行の口座であっても振替口座に登録可能なので、楽天カードやイオンカードみたいな感覚で申し込んでしまって問題ありません。

平凡なクレジットカードから尖ったカードに:

今回紹介したコンビニ優待が始まる前は、三菱UFJカードって平凡なクレジットカードそのものだったんですよね(苦笑)

尖った部分がまったくないのに年会費は条件付き無料…と、大手クレジットカード会社が発行している安心感くらいしか推すところがなかったので、当サイト「クレジットカードの読みもの」ではおすすめカードとして紹介してきませんでした。

しかし、コンビニ優待が強化されたことで、三菱UFJカードは価値ある1枚に進化。

  • 過去:平々凡々なクレジットカードだった
  • 今後:尖った特徴ある魅力的なカードに進化

今後は当サイトおすすめカードでも紹介していこうと思ってます。

よくある質問とその答え:

細かい部分まで気になって仕方ない方のために、よくある質問とその答えをQ&A形式で作っておきます。

まだまだ疑問がある方はどうぞ。

Q.家族カード利用分も対象になるの?

『三菱UFJカード作成後、家族カードを作ったらそのカードでもコンビニ還元の対象となるの?』

こちらは問題なく対象になるとのこと。

Q.家族会員も対象か?

家族会員さまも対象となります。キャンペーン登録は、本人会員さま、または、家族会員さまどちらかがご登録いただいていれば対象となります。

対象店舗のご利用分については合算して集計します。

最大10%相当還元のキャンペーンも適用となるので、夫婦や親子揃ってコンビニで節約してみてください。そうすれば年1万円相当分以上のポイント獲得はカンタンでしょう。

Q.セブン-イレブンとローソン利用分は合算される?

セブン-イレブンとローソン利用分は合算されず、それぞれを合計してポイントが付与される仕組みとのこと。

それゆえ、たとえばセブン-イレブンで月950円、ローソンで月750円みたいな使い方をしてしまうと、どちらもボーナスポイントが貰えずじまいとなってしまうのでご注意ください。

還元するポイントは、1ヵ月のご利用金額合計1,000円ごとに算出します。スペシャルポイントはセブン-イレブン、ローソンそれぞれご利用金額を集計のうえ算出します(一部付与対象とならない店舗があります)。

つまり理想はどちらか一方のコンビニだけを使うこと…ですね。そうすれば余すことなくポイント獲得が可能となります。

Q.ローソンストア100やナチュラルローソンは還元対象?

『三菱UFJカードがローソンでお得なクレジットカードであることはわかったけど、ローソン系列のナチュラルローソンやローソンストア100はどうなの?』

こちらも問題なくその対象。

  • ローソン:還元対象
  • 薬局併設のローソン:還元対象
  • ローソンストア100:還元対象
  • ナチュラルローソン:還元対象

ローソンは、ナチュラルローソン、ローソンストア100も対象となります。

勤務先や自宅近くにそれらのコンビニしかない方も安心して三菱UFJカード利用&大量のポイント獲得を狙えます。

Q.ローソンではPontaやdポイントを貯めてもいいの?

ローソンで三菱UFJカードを使う際、Pontaカードやdポイントカードの提示をしても大丈夫なのかどうか…というと、これもまったく問題なし。

つまりローソンでは時間次第ではありますが、三菱UFJカードの利用でキャンペーン期間中は最大11%、キャンペーン終了後も最大6.5%分のポイント還元が受けられることとなります。

まぁほんと、太っ腹すぎるポイント還元ですね。是非、活用ください。

残念ながらファミマは対象外:

コンビニ大手3社といえばセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートですが、三菱UFJカードの優待はセブン-イレブンとローソンのみ。

残念ながらファミリーマートは対象外です。

  • セブン-イレブン:還元対象
  • ローソン:還元対象
  • ファミリーマート:対象外

まぁこの辺についてはゴニョゴニョとした諸問題があったようなので、将来的にも追加される可能性は低そうな感じ。

個人的にもファミマまで対象としてくれたら嬉しかったんですが、セブン-イレブンとローソンだけでも十分ですね。

さぁ三菱UFJカードで節約を始めよう:

ここまで三菱UFJのコンビニ優待と期間限定キャンペーンの紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

このように自宅や勤務先近くにセブン-イレブンやローソンがある方なら作らない理由のないクレジットカードに進化したので、是非、期間限定の10%相当還元キャンペーン実施中の今こそ申込してみてください。

それだけで年1~2万円の節約に繋がりますよ。

以上、セブン-イレブンやローソンで最大5.5%ポイント還元される三菱UFJカードが凄い!今ならキャンペーン経由で最大10%還元も可能です…という話題でした。

参考リンク:

三菱UFJカード発行を担当している三菱UFJニコスをもっと詳しく知りたい方は下記記事も参考に。その名前から推測できる通り、日本を代表する大手クレジットカード発行会社ですよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP