クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

三菱東京UFJ銀行が、VISAデビットカードの発行開始!メガバンクによる初のVISAデビットカードなので、普及が爆発的に進む?

f:id:cardmics:20170409111236j:plain

日本最大のメガバンクである、三菱東京UFJ銀行が、2013年11月20日より、VISAデビットカードの発行を開始しています。

今までVISAデビットカードを発行してきたのは、楽天銀行スルガ銀行など、どちらかというと新興銀行や地銀のみ。

それがここにきて日本最大の銀行がいきなりVISAデビットカードを発行しはじめるわけですから、そのインパクトは非常に大きなものであると言えます。正直、私もびっくりです。

三菱東京UFJ銀行によるVISAデビット発行について:

VISAデビットカードってなに?

VISAデビットカードというのはざっくり言うと、VISAカードとしても使えるキャッシュカードのこと。簡易的なVISAカード…と理解するとわかりやすいかもしれません。主な特徴は下記のような点です。 

  1. 支払い方法は1回払いのみで、分割払いやボーナス払いは利用不可
  2. 原則、VISAデビットカードを利用した瞬間に、銀行口座からお金が引き落としされる(銀行口座にお金がない場合は使えません)
  3. あくまでキャッシュカードなので、入手のハードルがクレジットカードよりも劇的に低い(銀行口座が開設できる15歳以上の方であれば入手可能なところが多い)。

このようにVISAデビットカードは、銀行口座にお金が入っていないと利用することが出来ないため、クレジットカードと違って利用しすぎの心配がありません。

また、クレジットカードを理由があって作れない方でも、銀行口座さえ開設できる方であれば問題なく入手できるというのもVISAデビットカードのメリットとなります。

大手銀行が発行開始したということは発行数が増える:

では今回、三菱東京UFJ銀行がVISAデビットカードを発行しはじめたことのなにが驚きなのか…というと、これは三菱東京UFJ銀行が最大手銀行であるため。

要するに日本国内で一番大きな銀行がVISAデビットカードを発行しはじめたのなら、うちもうちも…と続く銀行は多いと思うので、今までどちらかというと知る人ぞ知る存在だったVISAデビットカードにも光が当たる可能性が高そうなんです。

  • 昔:VISAデビットカードは中小銀行が発行するもの
  • 今後:VISAデビットカードは大手銀行も発行するもの

実際、2014年1月からは三菱UFJ銀行の窓口において、口座開設希望者に『VISAデビットカードにしませんか?』といった勧誘が行われていくはずなので、VISAデビットカードの爆発的な普及な期待できそうです。

理解しないで使う人も増えそうな予感:

f:id:cardmics:20180512140333j:plain

尚、個人的な心配は、VISAカードですら良くわからないで使っている人が多いのに、そこにVISAデビットカードなんてわかりにくい商品が出てきてしまっては、余計に混乱してしまう人が増えるんじゃないかな?という点。

なにせ今でもヤフー知恵袋などの質問サイトを覗くと、『私はVISAカードを持っています。引き落とし日はいつですか?』なんて知識ゼロな質問が結構並んでいる状況があるわけですからね(苦笑)*1

今後はこれに加え、『私のVISAカードはなぜ、分割払いが出来ないのですか?』とか、『私のVISAカードはすぐに引き落としになって困まっています』なんて質問が増えるんだろうなーと思います。

うーん、激しく心配です。

以上、三菱東京UFJ銀行が、VISAデビットカードの発行開始!メガバンクによる初のVISAデビットカードなので、普及が爆発的に進む?…という話題でした。なんにせよ、日本国内のキャッシュレス化が進んでいくことは大歓迎なので、今後も動向に注目していきたいと思います。

参考リンク:

VISAデビットカードなどのデビットカードについてもっと詳しく知りたい…という方は、下記記事も参考に。おすすめのデビットカードも紹介しています。

news.cardmics.com

*1:VISAカードというのは日本国内にある主要なクレジットカード会社であれば発行しているものなので、VISAカードによって引き落とし日が異なります。そのため、質問をするなら○○カード会社発行のVISAカードについて…という質問でなければいけないのですが、多くの方はVISAカードはVISAカードだと思ってるので、こういう質問になるのですね。

PAGE TOP