クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

偽の三菱東京UFJ銀行から届いたメールで、キサマ呼ばわりされた話。こんなフィッシング詐欺目的のメールでも、ひっかかる人は居るのでしょう。

f:id:cardmics:20170825234756j:plain

昨日、Gmailの迷惑メールボックスを整理していたら、三菱東京UFJ銀行を名乗るアカウントからメールがありました。

『あれ?確か三菱東京UFJ銀行には口座を持っていないはずなんだけど…』と思い、その内容を確認してみると、中身はやはり見事なまでのフィッシング詐欺メール。しかし、その内容が不謹慎ながら面白かったので、今回はその内容を晒してみたいと思います。

件名:【三菱東京UFJ銀行ーー安全確認】

こんにちは!

これは三菱東京UFJ銀行によって行っているユーザ番号の調査です。

あなたのユーザ番号は使用停止になっているかどうかをチェックしています。あなたのユーザ番号は合法的であることが保障できるために、下記のリンクをクリックしてください。

ttps://xxxx.bk.mufg.jp/こんな感じのURL/

あなたのユーザ番号の承認が完成された後、三菱東京UFJ銀行よりあなたのユーザ番号をチェックしていただきます。

2014年「三菱東京UFJ銀行」のシステムセキュリティのアップグレードのため、貴様のアカウントの利用中止を避けるために、検証する必要があります。 

日本語がやや不自由:

ざっくりと読むと普通のメールっぽいですが、しっかりと読んでみるとかなり日本語が不自由な方が書いたメールなんじゃないかな?とも取れます。

特に最後の段落の中には、貴様のアカウントの利用停止を避けるために…という文章もある。仮にこれが公式メールだとしたら、顧客をキサマ呼ばわりしていることになるので、さすがにこれは無いですね(笑)。

これでも引っかかる人は引っかかる:

しかし、こんなバレバレのフィッシング詐欺メールであったとしても、URLが本家っぽいアドレスだったりもするなどすることで、稀に引っかかってしまう方は居るのでしょう。

今後も銀行&クレジットカード会社などの金融機関と、フィッシング詐欺業者とのイタチごっこは続いてしまいそうなので、彼らの日本語が上達したとしても見抜ける目を、みなさんには持ってもらえればなと思います。

以上、偽の三菱東京UFJ銀行から届いたメールで、キサマ呼ばわりされた話。こんなフィッシング詐欺目的のメールでも、ひっかかる人は居るのでしょう…という話題でした。

尚、私は三菱東京UFJ銀行で口座を持ってないので、適当に取得したメールアドレスに一斉送信でフィッシングメールを送っているものと思われます。『私は○○銀行でしか口座を持っていないから』という方も安心をせず、警戒を忘れないようにしてくださいね。

参考リンク:

『フィッシング詐欺ってなに?』という方は下記記事も参考に。主要なクレジットカード関連犯罪をわかりやすく解説しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP