クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

リスティング広告決済におすすめのクレジットカードを解説!Google AdWordsやYahoo!プロモーション広告の運用に向いたカードとは?

f:id:cardmics:20181113171006j:plain

Yahoo!プロモーション広告や、Google AdWordsといったリスティング広告の費用を払うために、クレジットカードを使っているという方は多いと思いますが、本格的に運用している方であればあるほど『利用限度額が足りなくてすぐにカード決済できなくなる!』という悩みを抱えているもの。

特に月額100万円を超える広告を払っている経営者であれば、一度は面倒&入金が反映されるまでに時間のかかる銀行振込にて対応した経験があるのではないでしょうか?

  • 広告の利用額が少ない:手持ちの限度額で充分
  • 広告の利用額が多い:手持ちの限度額が足りない

そこで今回はリスティング広告の決済用クレジットカードはどれが良いのか…という内容についての記事を書いてみたいと思います。

これを読んでいただければもう、決済用カードで迷うことはなくなるはずですよ。

広告決済用のクレジットカードについて:

広告費の支払いには法人カードを作るべき:

まず最初に…ですが、リスティング広告の支払いにクレジットカードを使う場合には、法人向けクレジットカードと呼ばれるカードを作るべき。

  • 個人向けのクレジットカード:広告費の支払いに適さない
  • 法人向けのクレジットカード:広告費の支払いに最適

この理由は単純で、本来、個人向けに発行されているクレジットカードを、広告費の支払いに使うことはカード会社の利用規約違反に繋がる可能性があるためです。

法人向けを持っておくとなにかと便利:

まぁよほど大金を決済しない限りは、カード会社からあーだこーだ言われることはまずありませんが、毎月のように利用限度額いっぱいまで広告費の支払いに使ってしまっていると、カード会社から『経費の支払いには使わないでください』と利用停止処分を食らう可能性あり。

それゆえ、広告運用をしていくためにもいきなりカードが使えなくなるリスクが怖い…というのであれば、最初から法人カードを作っておくようにするのがベストだと言えます(詳しくは法人カードの詳細記事を参照)。

無事、法人カードを入手できればその後は堂々と経費支払いに使えるようになるので非常に便利。

加えて経費の分類もしやすくなるので、なにかと経営が捗るようにもなると思います。

法人クレジットカードを利用すると経費の仕分けがしやすいメリット有り

法人クレジットカードを利用すると経費の仕分けがしやすいメリット有り

利用限度額を自由に広げられるアメックス:

ここでやっと本題です。

Yahoo!プロモーション広告やGoogle Adwordsの費用を払うためには、どのクレジットカードが良いのかというと、アメリカン・エキスプレス・カードのビジネスカードやLUXURY CARDがおすすめ。

これらのクレジットカードがなぜおすすめなのかというと、カード会社に予めデポジット(預入金)を預けることによって、無制限に支払いに使うことができるため。

たとえば100万円の利用限度額が設定されたカードに900万円のデポジットを積めば、合計で1,000万円の決済にまで利用できるようになります(詳しくはこちら)。

デポジットを預ければ限度額以上の支払いに使える

デポジットを預ければ限度額以上の支払いに使える
100億円でも広告費が払えるデポジット式:

そのため、仮に1億円や10億円の支払いでも、これらのクレジットカードであれば理論上は支払いOK。

  • 月間1,000万円:デポジットを預ければOK
  • 月間1億円:デポジットを預ければOK
  • 月間10億円:デポジットを預ければOK

月間1,000万円とか3,000万円といった単位でPPC広告を回している企業なら、これは助かることでしょう。

デポジットを預ける余裕がない場合は:

手元に現金が足りず、デポジットを預けられるほど会社の状況が芳しくない…という場合は、クレディセゾンが発行しているビジネスプラチナカードがおすすめ。

こちらは利用状況次第で利用限度額を1,000万円以上に広げてくれる特徴があるため、使えば使うほどに毎月の広告運用に使えるメリットがありますよ。

しかも実績次第で利用限度額が5,000万円になる場合もあるようなので、入手したら活用あるのみです(1億円の限度額確保も夢ではない?)。

デポジットを預けるなら一緒なのでは?

f:id:cardmics:20180731131204j:plain

最後に。

今回の説明を読んだ上で『デポジットを預ける必要性があるなら、リスティング広告業者に銀行振込するのと一緒なのでは?』と疑問に思われる方もいるかもですが、アメックスやLUXURY CARDの場合にはデポジットとして預けた金額を利用した場合でもちゃんとカードポイントが付与されるメリット有り。

  • 銀行振込で広告運用:ポイントなし
  • デポジットを預けて広告運用:ポイントあり

つまり広告費用の支払い金額に対して約1%~1.5%分のポイントが貯まるので、単純な計算で広告費をその分だけ圧縮できると捉えることも出来ますよね。

100万円なら1万円分、1,000万円なら10万円の経費削減です。年間で考えると下記のように馬鹿にできません。

月間の広告費 還元率 年間の獲得ポイント
300万円 還元率1.0% 36万円
還元率1.5% 54万円
500万円 還元率1.0% 60万円
還元率1.5% 90万円
1,000万円 還元率1.0% 120万円
還元率1.5% 180万円
3,000万円 還元率1.0% 360万円
還元率1.5% 540万円
5,000万円 還元率1.0% 600万円
還元率1.5% 900万円
1億円 還元率1.0% 1,200万円
還元率1.5% 1,800万円

広告残高を即時、増やせる:

また、銀行振込をしてリスティング業者にお金を振り込む場合には、その金額が反映されるまで早くても1日程度、連休中などでは3日~4日かかってしまうものですが、アメックスやLUXURY CARDを利用すれば他のクレジットカード払い同様、リアルタイムで残高が反映するのも大きなメリット。

仮に広告決済用の残高が0円になってしまった場合には、銀行振込だと数日分の広告出稿をムダにしてしまう可能性がありますが、デポジットを預ける手法なら即時、残高補充が出来るので便利ですよ。

大きな機会損失を起こさないためにも、活用ください。

  • LUXURY CARD
    年会費は高いがGOLD CARDなら1.5%還元なので経費削減効果を期待できる(所得税や消費税の支払いでもポイントが貯まる)

以上、リスティング広告決済におすすめのクレジットカードを解説!Google AdWordsやYahoo!プロモーション広告の運用に向いたカードとは?…という話題でした。

参考リンク:

普段から法人用クレジットカードを利用していると、企業の経理や個人事業主の青色申告がしやすくなるメリットもあります。

詳しくは下記のクラウド会計ソフト比較の記事にてまとめてあるので、会社経理を簡素化したいと思っている方は併せてご覧ください。

business.cardmics.com

PAGE TOP