クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

1万2,000名分のディズニーリゾート1日券が当たる、「JCB マジカル 2017 第2弾」が開始。JCBカード保有者はエントリーを忘れずに!

Disney Magic

東京ディズニーランドやディズニーシーのパークチケット(1日券)等が当たるJCBカードの人気企画、「JCBマジカル2017」の第二弾が発表されました。

東京ディズニーリゾート(R)宿泊プランなどが合計28,000名様に当たる!
JCBカードを使って当てよう!

今回はパークチケットだけでも1万2,000名(6,000名にペアチケット)、オリジナルグッズの当選なども含めると合計で2万8,000名に当たるキャンペーンになっているので、ディズニー大好きなディズニーファンならエントリーしない手はない感じ。

しかもこのキャンペーンは「エントリー(参加登録)が必須なキャンペーン」なので、いくらJCBカード保有者が多いからといっても当選確率が高めのキャンペーンになっていますよ。間違いなく狙い目です。

キャンペーン参加可能なJCBカードは?

では、どのJCBカードを保有しているとこのJCBマジカル2017に参加することができるのか…というと、それは下記の通り(有名どころのみを抜粋)。

  • (株)アプラス
  • (株)イオン銀行
  • 小田急電鉄(株)
  • (株)オリエントコーポレーション
  • (株)クレディセゾン
  • 出光クレジット(株)
  • (株)セブンCSカードサービス
  • 高島屋クレジット(株)
  • (株)ジャックス
  • (株)セディナ
  • (株)セブン・カードサービス
  • (株)東武カードビジネス
  • トヨタファイナンス(株)
  • 西日本旅客鉄道(株)
  • (株)ビューカード
  • ポケットカード(株)
  • 三菱UFJニコス(株)
  • (株)UCS
  • (株)ゆめカード
  • ライフカード(株)
  • (株)ライフフィナンシャルサービス
  • 楽天カード(株)

株式会社ジェーシービー発行のクレジットカードだけでなく、これらのカード会社発行のJCBブランド付きクレジットカードでもJCBマジカル2017には参加可能なので、兎にも角にもJCB付きのクレジットカードを持っている…という方は、公式サイトよりエントリーに挑戦してみてください。

まだ1枚も持ってないよ…という方は、この機会にJCB一般カード楽天カード(JCB)付きあたりを申し込めばエントリーは余裕で間に合います。

どうすれば当選するのか?

次に、どうすればJCBマジカル2017 第二弾が当たるのかについては下記引用部分を参照に。

JCBカードのご利用合計金額5万円(税込)を1口として抽選でプレゼント!まずは、ご希望のコースを選んで参加登録!

使えば使うほど、当選確率アップ!

期間中のご利用合計金額に応じて、当選確率が上がります。マジカルキャンペーンでは、ご利用合計金額5万円(税込)を1口として抽選するので、10万円ご利用なら2口、15万円なら3口・・・JCBカードを使えば使うほど、チャンスアップ!

※口数の上限はありません。

キャンペーン期間

2017年 6月 16 日(金)〜 2017年 12月 15 日(金)

f:id:cardmics:20170627120640j:plain

要するにキャンペーンにエントリー登録後、期間中(2017年 6月 16 日(金)〜 2017年 12月 15 日(金))にJCBカードを5万円以上利用すればそれで抽選対象になるので、あとはいつでもどこでもJCBカードを使って支払いを積み重ねていけばOKです。

ちなみに重複当選や、1人で複数枚のパークチケットが当たるということはないので、仮に1,000万以上を使う方がいたとしてもあなたの当選確率が落ちるわけではありません。あくまで利用額を増やせばその分だけ当選しやすくなるよ…ということなので、安心して10万、20万、30万とJCBカードを使ってもらえればと思います。

以上、1万2,000名分のディズニーリゾート1日券が当たる、「JCB マジカル 2017 第2弾」が開始。JCBカード保有者はエントリーを忘れずに…というキャンペーン情報でした。

まだJCBカードを持っていない…という方は、この機会に是非、作成を検討してみてくださいね。JCBマジカルでは毎年2回、こういったキャンペーンを実施しているのでお得ですよ。

参考リンク:

JCBカード保有者はJCBマジカルに参加可能なだけでなく、その他にも様々なディズニーリゾート関連の特典を利用することが出来ます。

その中でも一番有名なのが、ディズニーランド内にある会員制レストラン「クラブ33」を使えること。詳しくは下記記事を参考にどうぞ。

news.cardmics.com

PAGE TOP