クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

JCBデビットカード誕生!JCB加盟店で支払いに使えるキャッシュカードが出来るメリットは多い。まずは千葉銀行が発行予定です。

f:id:cardmics:20171109092503j:plain

昨日の三菱東京UFJ-VISAデビットの話題に続きますが、JCBカードでも2014年秋をめどに、JCBデビットカードの発行を開始する動きがあるようです。

日本発唯一の国際ペイメントブランド運営主体である株式会社ジェーシービー(以下:JCB)は、国内においてデビットカード事業に参入します。(中略)

このたびJCBが金融機関を対象に提供を開始するデビットカードサービスは、JCBならではの機能・ノウハウを活かし、国内外のJCB加盟店で各行のデビットカードが利用できる環境を提供するだけでなく、各行の要望に応じて、入会・発券、利用情報照会、銀行システムへの中継などの業務処理や、ポイントスキーム、コールセンターなどをJCBが受託することにより、銀行のデビットカード発行に伴う業務・システムの負荷を軽減するものです。

これが実現すれば、日本国内ではVISAデビットカードと並ぶ、使い勝手の良いデビットカードが誕生することに。なにせJCBデビットカードはJCB加盟店で支払いに使えるカードになるため、使える場所で困ることはまずあり得ないからです。

またJCB側は、JCBデビットカードの利用を国内だけでなく、海外でも可能にしていく方針とのこと。

こうなると日本人がよく行く観光地である台湾や韓国、ハワイなどでも問題なく支払いに使えるようになるため、JCBデビットカードへの期待は膨らみます。

JCBブランドのデビットカードについて:

JCBデビットカードはどのように浸透させる?

ただ日本国内だけで考えれば、JCBデビットカードは使いやすいデビットカードになりますが、海外を含めて考えるとやや弱いところがあるのも事実。

更に三菱東京UFJ-VISAデビットのように、大手銀行ではすでにVISA提携のデビットカードを発行していく流れがあるので、ここにJCBとしてどう食い込むか…についても課題になっていきそうです。

  • VISAデビットカード:日本国内だけでなく海外でも使える
  • JCBデビットカード:日本国内では問題ないが、海外では使いにくい

JCBとしては短期勝負:

さてさてどうなることやら…ですが、JCB側もJCBデビットカードの発行枚数を一気に伸ばしていかないと管理コストばかりがかかってしまうだけなので、2014年度中にいかに多くの銀行とJCBデビットカード発行で提携できるかが鍵になりそうな感じ。

JCBのお手並みを拝見…といったところでしょうか。まずは千葉銀行との提携JCBデビットカードがどんなものになるかを楽しみに待ちましょう。

以上、JCBデビットカード誕生!JCB加盟店で支払いに使えるキャッシュカードが出来るメリットは多い。まずは千葉銀行が発行予定です…という話題でした。当サイト『クレジットカードお読みもの』でも引き続き、JCBデビットカードの動向を追っていきますね。

参考リンク:

そもそもデビットカードって何?という方は下記記事も参考に。クレジットカードとデビットカードの違いなどをわかりやすく解説しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP