クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

東京ディズニーリゾートにある映画館「シネマイクスピアリ」で個人情報漏洩!カード番号やセキュリティコードまで漏洩したようです。

f:id:cardmics:20180715135706j:plain

東京ディズニーリゾートにある映画館「シネマイクスピアリ」において、個人情報の漏洩が発生したようです。毎日新聞が報じました。

千葉県浦安市の東京ディズニーリゾートにある複合映画館「シネマイクスピアリ」を運営するイクスピアリは1日、同社のウェブサーバーに不正アクセスがあり、顧客の個人情報が外部に流出したと発表した。

最大2432人の情報が漏れた恐れがあり、県警に相談しているという。

シネマイクスピアリからの個人情報漏洩について:

カード番号やセキュリティコードまで漏洩:

Security NEXTというサイトによると、どうやら今回の個人情報漏洩ではクレジットカード番号だけでなく、絶対に漏れてはいけないセキュリティコードまでもが漏洩してしまっている可能性があるとのこと(こちらから引用)。

オンラインチケット購入システムの利用者1414人に関しては、氏名や電話番号、メールアドレスのほか、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードが漏洩した可能性がある。

仮にこれらの情報が悪意のある第三者が漏れてしまうと、もうクレジットカードを不正され放題だと言えますね。

そのため、もし2015年10月にシネマイクスピアリのウェブサイトにおいてオンラインチケット購入システムを利用したという方は、利用明細書にて不正利用がないかどうかを確認してみてください。

それが自分の身を守るための、唯一の方法となります。

不正被害があっても自己負担なし:

尚、万が一、カード情報漏えいにより不正被害にあってしまったとしても、クレジットカードには盗難保険という有り難い保険が完備されているので、カード会社の指示を受けて適切に保険申請すれば被害額は0円で済みます。

詳しくは下記記事にまとめていますが、こういった仕組みがある以上、クレジットカードは個人情報漏洩してしまったとしても安全です。ご安心ください。

また毎日新聞によると、今回の情報漏えいを通して不正被害を受けてしまった場合には、東京ディズニーリゾート側がその被害額を負担してくれる動きをしているようなので、併せてご確認をお願いします。

2日に対象者におわびのメールを送り、カード番号変更に伴う手数料や、不正利用による被害額などを顧客に負担させない措置もとるという。

同社は「深くおわびする。再発防止に向け、セキュリティーや監視体制の強化に努める」とコメントした。問い合わせはシネマイクスピアリインフォメーションフリーダイヤル0120・186・750(午前10時〜午後8時)。

以上、東京ディズニーリゾートにある映画館「シネマイクスピアリ」で個人情報漏洩!カード番号やセキュリティコードまで漏洩したようです…という国内ニュースでした。

参考リンク:

シネマイクスピアリではクレジットカードを使っていないけれども、他のウェブサイトでいつもクレジットカード番号をいれているから不安…という方は、下記記事などもどうぞ。

基本的に不正利用にきちんと気付きさえすれば、クレジットカードは安全な支払い手段になりますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP