クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

クレジットカードの汚れを取って、綺麗にする方法!濡れたタオルで拭いても大丈夫なのか、そしてアルコール消毒は問題ないのかを解説。

f:id:cardmics:20180408174658j:plain

クレジットカードについた汚れを取るにはどうしたらいんだろうか?

そんな悩みをお持ちの方向けに、今回はクレジットカードを掃除する方法について解説してみたいと思います。

私同様、カードの汚れが気になって仕方ない…という方は是非、参考にしてみてくださいね。

クレジットカードをの汚れを取る方法:

濡らしてしまって問題なし:

まず、クレジットカードを掃除する上でみなさんが心配しているのは、濡れたタオルなどで拭いてしまって良いのだろうか…という点かと思いますが、こちらはまったく問題なし。

なにせクレジットカードは洗濯機でそのまま洗ってしまっても問題なく使えるくらいの強度があるので、濡れタオルでゴシゴシとこすっても壊れることはありません。

思う存分、汚れを落としてもらえればと思います。

汚れが気になるなら少量の洗剤も:

また、クレジットカード表面の汚れが気になる方は、少量なら洗剤をつけて拭いてもOK。

さすがにどっぷりと液体洗剤につけたり、ハイター等で殺菌するのはやめてほしいですが、濡れタオルや雑巾に洗剤をすこし含ませる程度なら問題はありませんよ。

アルコール除菌も問題なし:

次に、新型コロナウィルスの付着が気になる方が心配なのは、クレジットカードをアルコール消毒をしても問題がないのかかと思いますが、こちらも問題なし。

アルコールスプレーを噴射してティッシュでこすったりしてもOKですし、アルコールが染み込んだ除菌シートで拭いてしまっても故障することはまずないと思われます。

但し、クレジットカードの署名サインが書かれている署名欄を、アルコールでゴシゴシしてしまうと消えてしまう危険性があるので要注意。

こちらは軽く拭くだけにし、アルコール除菌はほどほどにしましょう。

ジェルタイプのアルコール除菌は注意:

あと念のため…ですが、ドロッとカード内部に染み込んでしまう可能性のある、ジェルタイプのアルコール除菌はやや危険。

  • 通常のアルコール消毒:問題なし
  • ジェル状のアルコール消毒:問題あり

下手するとICチップの故障に繋がってしまう危険性があるので、クレジットカードを除菌するにしてもジェル状のアルコールは使わないようにしてください。

除菌シートやアルコールスプレー等で十分に消毒可能です(下記のような脱脂綿タイプのエタノールがあると消毒しやすい)。

トイレに落としちゃったらゴシゴシ洗おう:

クレジットカードを胸ポケットに入れておいたら、そのまま洋式トイレの中にドボン…。

そんな悲しい経験をしたことがある方は多いかと思いますが、そういった「汚れ」についてももう水洗いで落とすしかなし。

しばらくは抵抗があるかもしれませんが、1度、丁寧に洗って軽く干してあげればそのうち気にならなくなると思われます。

いやいや、どうしても気になって…という方は、カード番号と有効期限等をメモって、通販用のクレジットカードとして使うのも手ですよ(笑)

濡れたタオルで汚れは取れる:

f:id:cardmics:20180126114841j:plain

結論。

クレジットカードを汚れを取りたいなら、濡れタオルでこするだけでOK。

新型コロナウィルスなどのウィルスや菌が怖いなら、アルコールが含まれた除菌シート等でこすっても問題はありませんよ。

以上、クレジットカードの汚れを取って、綺麗にする方法!普段から使うものだからこそ、たまにはクリーニングしてあげましょう…という話題でした。

いつもお世話になっているクレジットカードだからこそ、たまには綺麗にしてあげてくださいね。

参考リンク:

随分と長く、同じクレジットカードを使い続けている…という方は、もしかするとそのカードがお得ではなくなっているのかも?

世の中には買い物で使うとポイントが貯まりやすいカードと、そうではないカードが存在するので、クレジットカードでポイントを貯めたいのであれば定期的にカードの見直しをどうぞ。

news.cardmics.com

PAGE TOP