クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

クレジットカード決済機を導入するにはいくらかかる?モバイル決済を利用すれば、初期費用&端末購入金額を実質0円にすることも可能です。

f:id:cardmics:20170409111246j:plain

『クレジットカード決済をお店に導入したいけれども、初期費用はきっと高いんでしょ?体力のないうちには無理だよ!』

そんな風に嘆いている経営者のために、今回はクレジットカード決済機を導入するためにかかる費用について記事を書いてみたいと思います。

自店舗にカード決済を導入したいと思う経営者の方は是非、参考にしてみてくださいね。

クレジットカード決済機の導入費用について:

カード決済機にも様々な種類がある:

まず、クレジットカード決済機と一言にいっても、世の中には様々なタイプの決済機が存在します。

一番有名なのはやはり「据え置き型」と呼ばれる端末。

こちらの導入費用な相談するクレジットカード会社や決済代行会社によっても異なりますが、だいたい10万円前後の費用がかかるのが普通です。

電子マネーも一緒に導入するともっと高い:

更にSuicaや楽天Edy、nanacoといった電子マネーまで同時に導入する場合には、追加で10万円くらいかかることも多いので、クレジットカード+電子マネー決済導入で20万円前後の費用がかかることを覚悟したほうがいいでしょう(下記記事なども参考に)。

もちろん、10万円という金額は1台あたりの単価。

店舗数が多いレストラン経営者や、1店舗にレジが2つも3つもあるような店舗の場合には、その分だけ高く付いてしまうため、まとめて据え置き型の決済機を導入する予定があるなら、クレジットカード決済機の一括見積サイトもあわせて活用ください。

うまく交渉すれば1台あたり10万円未満で導入することも可能でしょう(見積もりサイトはこちら)。

導入費用が安いのはモバイル決済:

『いやいやいや、初期費用で10万円以上かかるとか、うちには無理だよ』と思う経営者の方は、iPhoneやiPadなどのタブレット端末を利用した電子決済である、モバイル決済を導入するのがおすすめ(モバイル決済の解説はこちら)。

たとえばモバイル決済として有名な「Square(スクエア)」を導入するためには税込7,980円の決済機を購入しなくてはいけないのですが、購入費の全額がキャッシュバックされるキャンペーンが実施されているので、実質0円でクレジットカード&電子マネー決済を導入することが可能です(手元にスマホやタブレットがある場合の話)。

決済端末実質0円キャンペーン(以下、本キャンペーン)では、本キャンペーン期間中、対象となる方全員に、カードリーダー購入代金(1台分のみ最大7,980円)がキャッシュバックされます!

キャッシュバック対象者

下記1から4までの全ての条件を満たした方

  1. キャッシュレス・消費者還元事業のフォームを入力した方
  2. 対象期間内にSquare公式オンラインショップでSquare Readerを通常販売価格(7,980円)で購入した方
  3. Square Readerを購入してから90日以内に、実際にSquare Readerを使って合計決済額が10,000円を超えた方(テスト決済を除く)(∗1)
  4. 適正なキャッシュバック申請を完了された方

他、新規登録料や月額費用等もSquareではすべて0円。

つまり初期費用0円でクレジットカード決済機の導入が出来てしまうことになりますよ。詳しくは下記記事もあわせてご覧ください。

news.cardmics.com

レシート印刷機等は別途購入する必要あり:

いくらクレジットカード決済機の購入代金が0円になるといっても、レシートを印刷するためのプリンターやレジスター等を購入するには別途費用が必要。

これらを設置せず、手書きの領収書だけでうちはやっていくんだ…という経営者なら費用負担を気にする必要性はありませんが、お客さんの利便性やレジ周りの使い勝手を向上させるには必要不可欠な投資になると思うので、あわせて導入を検討してもらえればなと思います(下記のPOSレジなどは導入メリットが大きい)。

活用すれば経理処理の負担を激減させることも可能ですよ。

国による補助も始まりそう:

f:id:cardmics:20170525235131j:plain

『モバイル決済も魅力的なんだけど、うちは高級店なんで据え置き型のクレジットカード決済機を導入したいんだよな。でも1台10万とか無理だよ…』と思う方は、政府による補助金開始を期待するのも手。

下記の日経新聞記事によると、日本政府がクレジットカードや電子マネー決済の比率を高めるために近々、支払い端末の設置費を補助する施策を開始するとのことなので、その時を待ってから導入してもOKだと思います。

このため政府はカードや交通系ICの支払い端末の設置費を補助する支援策を厚くする。

公費数百億円を使って設置を促すほか、レシートの電子化なども進めて決済手続きを簡単にし、20年に大都市圏の主要施設や観光地などで「100%キャッシュレス対応」を目指す。地方都市にも施策を広げる。

補助してもらえるのは購入金額の一部:

但し、クレジットカード決済機を購入する費用を全額、国が補助金で賄って貰えるかといえばそんなことはないと思うため、あくまで設置費がちょっと安くなる程度と思っておいたほうが無難かもですね。

そう考えるとやはり優先順位としては実質0円で導入可能なモバイル決済を導入するほうが、初期費用を抑えるメリットがあると言えそうです(主要なモバイル決済業者の比較は下記記事参照)。

是非、検討ください。

以上、クレジットカード決済機を導入するにはいくらかかる?モバイル決済を利用すれば、初期費用&端末購入金額を実質0円にすることも可能です…という話題でした。

参考リンク:

飲食店や小売店経営者や株式会社等を経営している方は、下記のビジネスに役立つクレジットカード知識集もあわせてご覧ください。

知識を身につければ、自社ビジネスをもっと成長させることも夢ではありませんよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP