クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

Yahoo! JAPANが北海道地震の募金受付を開始!余ったTポイントによる寄付や、クレジットカード払いによる寄付も可能です。

f:id:cardmics:20180224114223j:plain

2018年9月6日の未明に発生したM6.7の北海道地震。

この地震による被災者を支援しようという募金活動が、早速、Yahoo! JAPANで開始されていたので、今回はその情報を紹介させてもらおうと思います。

9月6日未明、北海道で最大震度6強の地震が発生しました。

震源に近い厚真町で大規模な土砂崩れが発生し、行方不明者などの被害がでています。また、北海道全域で停電が発生するなど、影響は北海道全域におよび日常生活に支障をきたしています。(中略)

寄付金の使いみち

被災都道府県もしくは被災市町村への義援金を予定しています。 また、被災地の復旧活動、被災者の生活再建を目的とした支援活動にも使用させていただく場合があります。

北海道地震への緊急支援について:

寄付額と同額がYahoo!からも寄付される:

Yahoo! JAPANのネット募金経由で寄付をする最大のメリットは、みなさんが寄付した金額と同額をYahoo! JAPAN側でも寄付してくれるというもの。

たとえば私が1万円の寄付をすれば、Yahoo! JAPANでも1万円を寄付してくれるので、北海道地震の被災者に対して2万円を届けられるメリットがあるんです。

すいません、記事を公開する前に上限に到達したようです。今後はYahoo!側による寄付はありません。

9月6日13時30分時点でマッチング寄付上限500万円に到達したため、Yahoo! JAPANからの同額寄付の取り組みは終了しました。 引き続き皆さまからの暖かいご支援をお待ちしております。

余ったTポイントで寄付も可能:

また、Yahoo! JAPANネット募金ではTポイントによる寄付も可能。

こちらはなんと1ポイント単位での寄付が可能なので、ファミマやTSUTAYA等で貯めたTポイントが余っている…という方でも気軽に寄付できるのが良いですよね。

『現金を払えるほどの余裕はないけど、ポイントでなら寄付してみよう…』という方に最適だと言えます。

楽天ポイントで寄付したい方はもう少しお待ちを:

尚、Tポイントではなく楽天ポイントで北海道地震の被災者支援をしたい…という方は、もう2日ほどお待ちを。

そうすれば楽天側でも楽天クラッチ募金と呼ばれる募金活動を開始するので、そちらのサービスを利用すれば楽天ポイントによる寄付が可能になるためです。

  • Tポイントで寄付したい:Yahoo! JAPANネット募金
  • 楽天ポイントで寄付したい:楽天クラッチ募金

ただ楽天クラッチ募金はYahoo! JAPANほど活動開始が早くありません。たぶん活動開始は明後日の9月8日頃になると思います。

楽天クラッチ募金も9月6日に寄付受付を開始しました。いつもながら2~3日後に受付開始になることが多いのですが、今回の動きは普段よりもかなり早いです。

クレジットカードでの寄付もOK:

あと、Yahoo! JAPANネット募金ではVISAカードやマスターカードといったクレジットカード払いによる支援もOK。

こちらは残念ながら100円以上の寄付が必要ですが、三井住友VISAカードやJCBカードといった手元にあるクレジットカードで寄付できるのは助かる限り。

  • VISAカード:利用OK
  • Mastercard:利用OK
  • JCBカード:利用OK
  • アメックス:利用OK
  • ダイナースクラブ:利用OK:

是非、100円で構わないので、北海道地震で困っている人のためにも寄付を検討してもらえればなと思います(私もこれから寄付します!)。

北海道地震に寄付完了!

f:id:cardmics:20180906141640g:plain

追記です。

微力ではありますが私もYahoo!基金に対して寄付をさせていただきました。すでに1,000万円近いお金が集まっているようですが、たぶんこのくらいではお金が足らないと思うので、私は更にふるさと納税等を通して北海道にお金を回したいなと思います。

以上、Yahoo! JAPANが北海道地震の募金受付を開始!余ったTポイントによる寄付や、クレジットカード払いによる寄付も可能です…という話題でした。こういった記事が広まることで、1円でも多くの支援がありまりますように。

参考リンク:

『私は日本赤十字社や日本ユニセフ経由で寄付をしたい!』という方は下記記事も参考にどうぞ。こちらもクレジットカード払いで寄付可能なだけでなく、寄附金控除の対象ともなるのでおすすめです。

news.cardmics.com

PAGE TOP