クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

献身的に治療を続ける医療従事者を支援しよう!Yahooネット募金であれば、余ったTポイントを使って1円分からでも寄付が可能です。

f:id:cardmics:20180505151859j:plain

新型コロナウィルスの感染拡大によって、疲弊しつつある医療現場。

そんな医療現場を救うための取り組みがYahoo基金において始まっていたので、今回はすこしでも多くの人を助けるべく、当サイトでもその情報をシェアさせていただこうと思います。

献身的に治療を続ける医療従事者の負担を軽減

(中略)国内では2020年1月16日に感染者が確認されて以降、一気に感染が拡大したことから、医療現場では医療用マスクや防護服の不足、また人手不足が深刻化しています。医療従事者の感染も報道されています。

しかし最前線で戦う医療従事者は、自身の感染も顧みず、献身的に日々治療にあたっていらっしゃいます。

Yahoo!基金では、このような状況を受けて、新型コロナウイルス感染症による医療崩壊を防ぐため、「新型コロナウイルス感染症『医療崩壊』防止活動支援募金」の受付を開始することにいたしました。

この募金では、自治体等を通じて、マスクや消毒液、防護服などの医療用品をはじめとする医療現場で切実に必要とされているものを届けていきます。

献身的に治療を続ける医療従事者を救いたい方は是非、1円だけでも構いません。募金に協力ください。

また、現時点で家計が厳しくて…という方は、Yahoo!ネット募金でこういった取り組みが行われていることを広めるだけでも意味があります。家族や友人&知人に是非、教えてあげてください。

よろしくお願いいたします。

医療崩壊を防ぐための支援について:

あまり説明する必要はないかと思いますが、Yahoo!ネット募金経由で寄付をするために役立つ情報をいくつか紹介しておきます。

Tポイントを使った寄付も可能:

まず、Yahoo!ネット募金ではクレジットカード払いによる寄付だけでなく、Tポイントによる寄付も可能。

そのため、そういやファミマやTSUTAYAで貯めたTポイントが少し余っていたなぁ…という方は、この機会にTポイント分だけで構わないので寄付をしてみてください。

それで救われる医療従事者が必ずいるはずです。

Tポイント寄付なら1円でもOK:

しかもTポイントは1ポイント単位で寄付可能。

実際、試しに1円分だけ寄付してみましたが問題なく完了させることが出来たので、全部はちょっと…という方は端数分だけでもお願いします。

Tポイントなら1円分から寄付可能

Tポイントなら1円分から寄付可能

塵も積もればきっと、山となります。

クレカ払いは100円単位で可能:

次に、クレジットカード払いで支援したい…という場合は100円単位で寄付が可能。

こちらはVISAカード、マスターカード、JCBカード、ダイナースクラブの4つの国際ブランドに対応しているため、みなさんがもっているクレジットカードであればそのほとんどに対応可能なことでしょう。

  • VISA:利用可能
  • Mastercard:利用可能
  • JCB:利用可能
  • DinersClub:利用可能

クレカ払いは100円から寄付可能

クレカ払いは100円から寄付可能

カード券面の表面に、VISA、Mastercard、JCB等がついていればそれでOK。

当然ながら楽天カード、イオンカード、エポスカードなどでも対応できます(よくわからない方は下記記事を参考にどうぞ)。

news.cardmics.com

寄付金控除を受けたい方は別サイトへ:

尚、残念ながらYahoo!ネット募金は寄附金控除に対応していないため、いくら寄付をしても納税額が減るわけではありません。

そのため、1万円以上を寄付したい…と思う方は別サイト経由で寄付をするのがおすすめ。たとえばREADYFORというクラウドファンディングサイトなら、寄附金控除に対応した支援が多いので、こちらに寄付をするのは一案だと言えます。

ちなみに私も医療従事者のマスクを届けるクラウドファンディングに1万円ばかりで申し訳ありませんが寄付済み。

医療従事者にマスクを届けるクラウドファンディングに寄付

医療従事者にマスクを届けるクラウドファンディングに寄付

後日、寄付金領収書が届く予定なので、それを使えば課税所得を減らせることになりそうです(寄付金控除はあくまで控除なので、寄付した全額が減額となるわけではない)。

保育士や幼稚園教諭も支援できる:

寄付によって支援可能なのは医療従事者だけではありません。

保育園や幼稚園などの保育施設で働いている保育士や幼稚園教諭といった方たちも支援を求めている状況があるので、特にお子さんがいらっしゃる家庭の方はこちらへの寄付も検討ください。

あなたの寄付が、日本の未来を担う子供を守ることに繋がりますよ。

さぁ少しでも寄付をしよう:

f:id:cardmics:20181113163956j:plain

ここまでYahoo基金による「新型コロナウイルス 医療崩壊を防ぐための支援」への寄付手段や、寄付金控除が受けられるクラウドファンディング等を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

特に1円分から寄付可能なTポイントは多くの方が寄付できる手段であると思うので、是非、余っているTポイントがある方だけで構いません。

この機会に献身的に治療を続ける医療従事者の方を救うべく、寄付を検討いただければなと思います(寄付が難しい場合にはこういった取り組みがあるよということを多くの方に知らせてあげてください)。

  • 寄付ができる方:1円でも寄付をお願いします
  • 寄付ができない方:他の人に教えてあげてください

以上、献身的に治療を続ける医療従事者を支援しよう!Yahooネット募金であれば、余ったTポイントを使って1円分からでも寄付が可能です…という話題でした。

参考リンク:

『自分はTポイント派じゃなくて楽天ポイント派なんだ!』という方は、楽天が募集している楽天クラッチ募金経由で寄付をするのがおすすめ。

こちらもTポイント同様、楽天ポイントを使って1ポイント単位から寄付が可能ですよ。

他、クレジットカード払いで寄付できる場所については下記記事を参考に。日本赤十字社や日本ユニセフ等への寄付についてまとめています。

news.cardmics.com

PAGE TOP