クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

ゴールドカードを見せれば、JALラウンジやANAラウンジは無料利用できるのか?航空会社系のラウンジをカード提示で利用したい方に。

f:id:cardmics:20170928132738j:plain

ゴールドカードの保有特典として有名な、空港ラウンジの無料利用サービス。

このサービスを利用すれば羽田空港や新千歳空港内に設置されている空港ラウンジを無料で利用することが出来るわけですが、この特典にJALラウンジやANAラウンジ等の航空会社ラウンジが含まれているかどうか、気になっている方は多いのではないでしょうか?

そこで今回はゴールドカードの空港ラウンジサービスをわかりやすく解説。どの空港ラウンジなら使えてどのラウンジだと使えないのか知りたい方は是非、参考にどうぞ。

そもそも空港ラウンジってなに?…という方は下記記事も参考に。通常の空港ラウンジと航空会社の空港ラウンジの違いを解説しています。

news.cardmics.com

ゴールドカードで使える空港ラウンジについて:

JALラウンジやANAラウンジは使えない:

まず、結論から先に言ってしまうと、ゴールドカード保有者でもJALラウンジやANAラウンジ等の空港ラウンジは利用できません

これはたとえ最高峰のゴールドカードとして有名なアメリカン・エキスプレスのゴールドカードを保有していても、三井住友カード ゴールドやJCBゴールドカードでもまったく同じ。

どんな種類のゴールドカードであっても、基本的にJALラウンジやANAラウンジは使えないと思っておいてOKです。間違って受付でゴネないようお願いします。

ブラックカード提示でも無理:

ついでに言うと年会費が10万円以上のプラチナカード保有者や、年会費30万円以上のブラックカード保有者であってもJALやANAのビジネスラウンジは利用不可。

  • プラチナカード提示:使えない
  • ブラックカード提示:使えない

一部、レクサスカード等のプラチナカードにおいて、JALの空港ラウンジが年間2回まで無料利用できるラウンジクーポンを配布している例もありますが、これも自由に使えるというわけではなく特例としてクーポン券の枚数分だけ使えるというだけの話です。

いつでも何度でも無料でJALラウンジやANAラウンジが使えるわけではありません。

JALカードやANAカードでも原則は無理:

では日本航空(JAL)のゴールドカードや全日空(ANA)のゴールドカードを持っている場合ならどうなのかというと、実はこれもダメ。

なんと自社の冠が付いたゴールドカード保有者でも航空系の空港ラウンジは利用できないなんて、さすがにちょっと厳しすぎると思ってしまいますよね。

国内線のANAラウンジは利用できる:

但し、プラチナカード級以上のANAカードを保有すれば、国内線のANAラウンジは利用可能(下記のANAカードであれば利用できる)。

まぁ年会費はその分だけ高いものの、常にマイルを使って国内線移動をしている方などには価値ある1枚になるかもしれませんね。

どうしてもエアライン系のラウンジを使いたい方はどうぞ。

ゴールドカード保有者が使えるのはカードラウンジ:

基本的にゴールドカードを提示して利用できる空港ラウンジは、一般的に「カードラウンジ」と呼ばれる種類のラウンジのみ。

これらのラウンジは航空会社のラウンジとは違ってサービス内容も最低限のものが多くなっているので、過度な期待は禁物ですね。

  • カードラウンジ:飲み物等のサービスのみ
  • 航空会社のラウンジ:食べ物やお酒のサービスなども

まぁそれでもターミナル内にある待合席よりは快適そのもの。私も仕事に集中するために積極的に利用しています(ラウンジの種類についてはこちらの記事参照)。

使える人が少ないからこそ価値がある:

f:id:cardmics:20180505151013j:plain

こんな感じでJALラウンジやANAラウンジは、原則としてそれらの航空会社の上級会員にならなければ利用することが出来ない空港ラウンジ。

ゴールドカードやプラチナカードを保有していても利用することが出来ないラウンジだからこそ、多くの方が憧れる状況があるとも言えますね。

どうしてもすぐに使いたいのならビジネスクラスやファーストクラスの航空チケットを取得するか、ANAカードのプラチナカードを作るべしです。

これで利用可能となります。

TIATラウンジを狙うのも手:

あと、羽田空港の国際線を使う方なら、航空会社共有のビジネスラウンジである「TIATラウンジ」の利用を目指すのもひとつの手(引用はこちら)。

ご利用可能航空会社
チャイナ エアライン、デルタ航空、ガルーダ・インドネシア航空、ハワイアン航空、中国南方航空、上海吉祥航空、天津航空、海南航空、キャセイドラゴン、山東航空、エバー航空、フィリピン航空、ベトジェットエア、アエロフロート・ロシア航空

ご利用可能カード会社
TS CUBIC、Porsche Card、三越伊勢丹グループ MICARD、LUXURY CARD、マンチェスターユナイテッドカード

こちらはデルタ航空やハワイアン航空といった航空会社が共有しているラウンジとなっているので、お酒や料理の提供等、質の高いサービスが期待できます。

しかしながら無料利用できるクレジットカードはごくわずか。

そのほとんどが年会費5万円以上の高額なカードばかりとなっていますが、中にはMICARD GOLDなど、年会費がリーズナブルなものも含まれているのでどうしてもエアライン系のラウンジを使いたい方はご検討ください。

きっと満足いく時間を過ごせるものと思いますよ。

以上、ゴールドカードを見せれば、JALラウンジやANAラウンジは無料利用できるのか?航空会社系のラウンジをカード提示で利用したい方に…という疑問解決記事でした。

参考リンク:

航空会社のラウンジが利用したい方は、JALのサクララウンジを利用するための方法をまとめた下記記事もあわせてどうぞ。

上級会員資格を取る以外にも利用できる方法は僅かながらに存在するので、是非、お試しあれです。

news.cardmics.com

PAGE TOP