クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ガチャガチャがSuica、nanaco、WAONなどの電子マネーで支払えるように!カプセルトイも電子マネーで購入する時代です。

f:id:cardmics:20170613000551j:plain

ついに今年、ビックカメラ有楽町店やタイトーステーションといったゲームセンターに、SuicaやWAONといった電子マネー払い対応のガチャガチャが導入されるようです。

ファミ通.comが報道しました。

国内カプセル玩具自動販売機事業大手のハピネット・ベンディングサービスは、“電子マネー決済システム”を搭載したカプセル玩具自動販売機の試験導入を、国内では初めて、2015年3月より開始することを発表した。

2015年3月~8月の期間、セガ池袋GIGO店、タイトーステーションアイシティ21松本店、トイザらス千葉長沼店、ビックカメラ有楽町店、ヨークベニマルあすと長町店に、各1セット(5口)が順次設定されていく予定で、試験運用においては、Suica(スイカ)、PASMO(パスモ)等の交通系電子マネーや、nanaco(ナナコ)、WAON(ワオン)、楽天Edy(楽天エディ)などに対応する。

ガチャガチャの電子マネー決済対応について:

消費者にも店舗側にもメリットあり:

ガチャガチャに電子マネーが導入されるメリットとしては、消費者側である私達にも、設置する側であるお店にもメリットがあります。

  • 私達のメリット:100円玉を用意する手間が省ける、ポイントがたまる
  • お店のメリット:現金回収の手間が省ける、防犯対策になる

そのため、今回設置される導入店舗にてスムーズに運用できるようなことになれば、全国各地のゲームセンターやアミューズメント施設に一気に広がっていくはず。

ネックは導入コストだと思いますが、これは電子マネー決済対応のガチャガチャが増えていけば負担は少なくなっていく可能性が高いですね。それに期待しましょう。

夜間でも設置可能なので売上アップも?

ちなみに電子マネー払いOKのガチャガチャは、夜間であっても堂々と外に置いておくことが出来るので、1台あたりの売上アップにも繋がるメリットもどうやらありそう。

更に現金とは違い、熱くなって何個もカプセルトイを購入する人も出てきそうなので、そういった意味でも電子マネー決済対応=ガチャガチャの売上アップは確実なのかもしれません(消費者にとってはデメリットですね)。

  • 現金の場合:両替機にいく途中で冷静になれる
  • 電子マネーの場合:熱くなって買い続けてしまう

まぁこんな感じで世の中はどんどん脱現金払い(キャッシュレス化)していくのは間違いなし。今後もガチャガチャだけでなく、意外なものに電子マネーやクレジットカード決済が導入されていくはずなので、個人的にはそういった変化を楽しんでいきたいなと思います。

以上、ガチャガチャがSuica、nanaco、WAONなどの電子マネーで支払えるように!カプセルトイも電子マネーで購入する時代です…という話題でした。

参考リンク:

この機会に電子マネーを使い始めてみたい…という方は下記記事を参考に。日本国内で使われている、主要なプリペイド型電子マネーについて解説しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP