クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ふるさと納税の返礼品にAmazonギフト券が登場!しかし、ふるさと納税の趣旨からはズレているため、すぐに掲載中止となる可能性大です。

f:id:cardmics:20180408180703j:plain

本日、ふるさと納税の返礼品に、Amazonギフト券が登録されているのを発見。

Amazon ギフト券で、数億種類の品揃えの総合オンラインストア Amazon.co.jp にてお好きな商品をお買い求めいただけます。

静岡地域のショッピングをお楽しみください。

さすがにこの返礼品はふるさと納税の趣旨からは遠く離れており、数日以内にお叱りを受けてしまう類の返礼品になってしまう可能性が高そうな感じ。

そのため、ふるさと納税でAmazonギフト券が欲しいという方は、この土日のうちに納税してしまったほうが良さそうな気がします。

ふるさと納税で貰えるAmazonギフト券について:

静岡県小山町が返礼品として登録:

今回、ふるさと納税の返礼品にAmazonギフト券を登録したのは、静岡県にある小山町。

こちらは従来よりサーティーワンアイスクリームやリンガーハットの商品券をふるさと納税の返礼品として登録してきた自治体なので、登録そのものに驚きはありませんが、さすがにAmazonで使えるギフト券については総務省の逆鱗に触れてしまいそうな気がします。

たぶん、祝日明けの10月9日の火曜日には掲載が終了となる可能性が高いです。

アマギフの還元率は40%分:

では、気になるAmazonギフト券の還元率はどのくらいかというと、これは納税額に対して40%といったところ。

納税額 貰えるAmazonギフト券
5万円 2万円分のAmazonギフト券
10万円 4万円分のAmazonギフト券
20万円 8万円分のAmazonギフト券
50万円 20万円分のAmazonギフト券

また、下記の5万円寄付に対して2万円のAmazonギフト券配布が基本となっているので、Amazonギフト券が欲しいのであれば小山町に対して5万円以上の寄付が必要となります。

それ以下の納税額では返礼品の用意がありません。

寄付してしまえば送ってもらえる:

尚、ふるさと納税の返礼品は、地方の自治体が責任をもって行っているもの。

そのゆえ、納税したにも関わらず、『さすがにAmazonギフト券を送ることはできません』といったお詫びを貰うことは今のところ発生していないので、Amazonギフト券が欲しい方は返礼品としての登録があるうちに納税してしまってください。

一旦、納税してしまえば額面通りのAmazonギフト券が届きますよ。

9月28日に募集した際には10月1日に停止:

静岡県小山町では9月28日(金)の夜頃にはじめてAmazonギフト券を返礼品として登録。

その後、確認できるかぎりだと週明けの10月1日早朝3時頃に募集を停止させていたのですが、また、10月5日の金曜日の夜あたりから募集を再開させています。

  • 9月28日(金)の夜に受付開始
  • 10月1日(月)の早朝に受付中止

これは総務省による監視の目がゆるくなる、週末の時間帯を狙った返礼品登録で間違いなし。今回もたぶん、祝日明けの10月9日(火)早朝に募集停止となると思うので、ふるさと納税でAmazonギフト券が欲しい方はお早めにどうぞ。

そりゃ規制されるよね、ふるさと納税:

f:id:cardmics:20180731130949j:plain

こんな感じでふるさと納税が厳格に規制されてしまう前に、駆け込みで寄付金をかき集めようとする自治体が続出中。

まぁこんなことをしていればそりゃ総務省も厳しく規制するよね…って感じがしなくもありませんが、私たち納税者が気を使う問題でもないので、貰えるものはしっかりと貰っておいてください。

私も4万円分くらい貰っておく予定ですよ。

以上、ふるさと納税の返礼品にAmazonギフト券が登場!しかし、ふるさと納税の趣旨からはズレているため、すぐに掲載中止となる可能性大です…という話題でした。

参考リンク:

海外&国内旅行が好きな方であれば、ふるさと納税でAmazonギフト券を貰うよりも旅行券をもらったほうがお得。

詳しくは下記記事にまとめてありますが、旅行券なら寄付額に対して50%分を還元してくれるので更にお得です。

news.cardmics.com

PAGE TOP