クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ふるさと納税の寄付先に迷ったら、ポイント制を採用している自治体に寄付しよう!後日、じっくり返礼品を選べるメリット有りです。

f:id:cardmics:20171119233549j:plain

2017年もそろそろ12月に突入するわけですが、この時期になると問題になってくるのが『ふるさと納税の寄付先をどこにするか問題』ですよね(私だけ?)。

しかし、今や日本全国津々浦々の自治体があれやこれと返礼品を用意しているため、お肉も欲しいしカニも食べたい、いやいややっぱり家計を助ける野菜でしょ…などなど、迷ってしまう方は多いはず。

特に12月28日~31日頃の駆け込み時期ともなると、焦りもあってなかなか選びきれない…というケースも多いのではないでしょうか?

ふるさと納税先に迷った時の回避策について:

ポイント制採用の自治体に寄付を:

そういう時におすすめなのが、「ふるぽ」というポイント制の返礼品交換制度を用意している自治体への寄付です。

これらの自治体ではなんと、寄付をするタイミングで返礼品を選ぶ必要性がなく、後日、必要な時に必要な返礼品を選ぶことが可能なので、焦って返礼品を選ぶ必要性がありません。

  • 通常のふるさと納税:
    12月31日までに返礼品を選ぶ必要性あり。ギリギリだとゆっくり選べない。
  • ふるぽ採用の自治体へ寄付:
    年末までに返礼品を選ぶ必要性なし。後日、そのポイントを使って返礼品と交換する。

つまり「ふるぽ」に交換すれば年末に慌てずに、2018年にはいってからゆったりと返礼品を選べるメリットがあるんです。

ふるぽには有効期限あり:

但し、「ふるぽ」にはいくつかデメリットも存在。一番大きいのはやはり有効期限が存在することですね。短い自治体だと有効期限が1年に設定されてしまうので、寄付してから1年以内にポイントを使わないと失効してしまう点はご注意ください。

2つ目はポイントを上手に使い切ることが出来ない場合がある点。

1万円や2万円といった区切りの良い数字で寄付をしないと「ふるぽ」を全額使い切れないことがあるので、ある程度、どの返礼品が欲しいかの目星を付けておくことは重要であると言えます。

ふるぽの有効期限が切れそうになったら:

『ふるさと納税をし、ふるぽのポイントを獲得したんだけど、1年たっても使い切ることができなかった。このままだとポイントが失効してしまうのでどうしよう…。』

そんな方におすすめなのが、再度、同じ自治体への寄付。納税時にふるぽのIDナンバーを入力した上で再寄付をすれば、ふるぽポイントの有効期限を延長することが出来るので便利です。

  • 再寄付なし:ポイントは1年、または2年で失効
  • 再寄付あり:再寄付した日から1~2年、有効期限が伸びる

ちなみに私も後述する長崎市や近江八幡市のふるぽポイントが使い切れなかったために、再度寄付をすることでポイント有効期限を延長させてもらいましたよ(寄付可能な限り、ポイント有効期限は実質無期限で延長可能ということ)。

ふるぽ採用のおすすめ自治体:

f:id:cardmics:20171203131018j:plain

では、肝心の「ふるぽ」を採用している自治体にはどのようなところがあるのでしょうか?私が過去に利用したことがある自治体を中心に、3つほど紹介させていただきます。

近江八幡市:

お肉好きな方におすすめしたいのが近江八幡市。

こちらの自治体に寄付をすれば、1年間、好きなタイミングで近江牛や野菜、お米といった返礼品を貰うことが出来るので、ふるさと納税可能な金額が残ったら近江八幡市へ寄付をしておくと使い勝手がいいと思います。

ちなみに私自身もこちらの自治体から近江牛ハンバーグやら野菜セット一式やらをいただきましたが、どれも返礼品の鮮度が高くて非常に満足でした。また寄付をしたいなと思ってます。

銚子市:

ふるさと納税で魚介類が欲しい…という方におすすめなのが銚子市。

こちらは日本有数の漁業都市なので、マグロやサンマ、イワシといった魚介類がふんだんに用意されているのがその特徴です。

もちろん「ふるぽ」を利用すれば好きなタイミングで魚介類を送ってもらうことが出来るので、旬な魚を時期にあわせてもらってしまいましょう!

長崎市:

長崎市も「ふるぽ」を採用している自治体のひとつ。

こちらはカステラやお肉などが貰えるだけでなく、日本周遊の豪華客船によるツアーを貰うことができたり、かの軍艦島へのツアーが予約できたりなどなど、返礼品の幅が広いのがその特徴ですね*1

『まだどの返礼品が欲しいか決まっていない』という方は、とりあえず長崎市への寄付がおすすめです。

寄付先に迷ったらふるぽに交換しよう:

f:id:cardmics:20170717002756j:plain

こんな感じでふるさと納税は、返礼品選びができなかったとしても問題なし。一旦、ふるぽに変えてしまえば2018年意向に落ち着いてポイント消化が出来るようになるため、なにかと便利ですよ。

寄付枠が余ってしまっている方は是非、活用ください。

以上、ふるさと納税の寄付先に迷ったら、ポイント制を採用している自治体に寄付しよう!後日、じっくり返礼品を選べるメリット有りです…という話題でした。

参考リンク:

『ふるさと納税なんて私には関係ないっ!』と思っている方は、下記記事も参考に。年収200万円以上ある方であれば誰でも使える制度です。

news.cardmics.com

*1:長崎市=野菜のイメージがないかもしれませんが、長崎市のふるさと納税返礼品に登録されている大将農場の野菜セットは非常に質が高いですね。海老芋や青パパイヤなど、珍しい野菜をたくさん送ってきてくれるのも嬉しいです(しかもひとつひとつ、手書きで野菜名が書いてあるので調理方法がわかりやすい)。

PAGE TOP