クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

買い物でしかクレジットカードを使わないなら、年会費無料のクレジットカードで充分!あえて年会費なんて払う必要性はありません。

f:id:cardmics:20171119233842j:plain

生鮮食料品や洋服など、買い物でしかクレジットカードを使わない場合には、個人的に年会費無料のクレジットカードで充分だよな…と思います。

これは基本的に無料だろうが有料だろうが、買い物できる機能に違いはないため。

なにせ年会費無料のクレジットカードも年会費10万円以上の高級ブラックカードも、カードショッピングの方法はまったく同じなので、だったらわざわざクレジットカードの年会費を払うだけムダというものです*1

  • 年会費無料カード:タダで支払い機能が使える
  • ブラックカード等:有料で支払い機能を使うことになる

あえて年会費を払う必要性がありません。

支払い目的でカードを作成するなら:

ポイント獲得の面でも無料カード有利:

それに年会費無料クレジットカードを利用すれば、支払いで貯まるポイントをまるまると得することだって可能。

  • 年会費無料カード…ポイント獲得分すべてで得する
  • 年会費有料カード…獲得したポイントから、年会費分を差し引いて考える必要アリ(場合によっては赤字になる)

反面、年会費有料のクレジットカードだといくらポイントを稼いでも年会費負担が発生してしまうため、ポイント獲得分の大半を年会費と相殺させられてしまうことでしょう(例:年会費1,000円のクレジットカードを使い、ポイントを1,500円稼いでも差し引き500円しかお得にならない)。

海外旅行にいくなら頼りない:

但し、海外旅行や海外出張にいく方の場合には、年会費無料クレジットカードでは不安が残るのも事実。

こういった海外に普段から行く方は、海外旅行傷害保険などが充実したゴールドカードやプラチナカードを持つほうが無難かもしれません(おすすめのゴールドカードについては下記記事参照)。

また、クレジットカードに買い物以上のサービスを求めるという方も同様ですね。

前述の海外旅行傷害保険だけでなく、年会費有料のクレジットカードには様々な付帯保険、付帯サービス、割引などなどが付いているので、これらに魅力を感じるのであれば年会費有料カードを作ったとしても元を取ることは出来ることでしょう。

サービス全体でカード選びをしよう:

つまりサービスや保険を使うかどうかで、年会費有料のカードを持つべきかを判断すればOKということ。

私のように年会費有料クレジットカードのほうに魅力を感じる人間は、年会費がかかるクレジットカードを作るようにしてくださいね(カードの比較方法についてはこちらの記事を参考に*2

以上、買い物でしかクレジットカードを使わないなら、年会費無料のクレジットカードで充分!あえて年会費なんて払う必要性はありません…という雑談でした。

参考リンク:

年会費無料のおすすめクレジットカードはどれ?という方は、下記記事もあわせてご覧ください。現時点でおすすめの年会費無料カードをまとめています。

news.cardmics.com

*1:ブラックカードなどの年会費が高額なカードと年会費無料カードを比較した場合には利用限度額は違いますが、年会費無料のクレジットカードでも100万円程度までの買い物には対応できるので、一般的な生活をしている方であれば年会費無料カードで充分だと思います。

*2:年会費無料のクレジットカードの中にも、海外旅行傷害保険が付帯されていたり、お得な割引サービスがついているものもあります。ただやはり、ゴールドカードやプラチナカード、そして最高峰のブラックカードと比べると、サービス内容は見劣りしてしまうところがあるので、クレジットカードのサービスを徹底的に活用したい方は惜しまず、年会費を払ってもらえればと思います。

PAGE TOP