クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

家族カードは家族を監視するツールになる!例えば一人暮らしの子供が心配なら、仕送りを減らして家族カードで払わせるなども手です。

Red-tailed Hawk at FTC Apex Building

クレジットカードの家族カードって、使い方によってはちょっとした家族の監視ツールになるんですよね(家族カードについてご存知ない方はこちらを先にどうぞ)。

例えば、東京で一人暮らしをしながら大学に通っている子供がいるのであれば、その子に対する仕送りを減らし、残りは家族カードで買い物をしなさいと伝える。

  • 従来:仕送りはすべて現金
  • 変更:仕送りを減らし、残りを家族カードで払えと伝える

こう変更するだけで、子供がどんな場所で買い物をし、どんな金額の支払いをしているのかが親である自分から丸見えに…。少しでも変な使い方をしているところがあれば、『これは何に使ったのか?』と尋ねることだって可能です。*1

子供の一人暮らしを、可視化する:

このように子供が一人暮らしをするのが心配で心配でしょうがないという方であれば、家族カードで「監視」することも可能ということ。親としては仕送りがどのように使われているのかが可視化できる分、確かに安心ですからね。

  • 現金での仕送り:どこで使ってるかわからない
  • 家族カード:利用日、利用店舗、金額がわかる

仮にプラダやグッチなどのブランドショップ、風俗店っぽいカタカナ名での利用、JTBやHISなどの旅行会社利用などがあれば、子供に確認してみると良いでしょう。

監視目的を隠すための、大義名分も大事?

とはいえ、仕送りがいきなり減らされて家族カードを渡されたら、子供は確実に嫌がります。

そんなときは『これから社会人になるんだから、クレジットカードの使い方くらい覚えなさい!』とか、『自分が月にいくら使っているのか把握しなさい』などなど、監視目的であることを隠す口実も必要になってくるかもしれませんね(苦笑)。是非、子供の性格にあわせた理由を、考えてもらえればと思います。

以上、家族カードは家族を監視するツールになる!例えば一人暮らしの子供が心配なら、仕送りを減らして家族カードで払わせるなども手です…という話題でした。子供に限らず親、兄弟などなど、家族カードを監視ツールとして使う方法はいくらでもあるので、賢く使ってみてください。

参考リンク:

家族カードをもっと活用したい…という方は、下記記事も参考にどうぞ。年会費負担が少なく、それでいてポイントを合算できるなどのメリットは想像以上に多いですよ。

news.cardmics.com

*1:家族カードの元になるクレジットカードを持っている人は、家族カード利用分の履歴をすべて利用明細書にて確認することが出来るため。

PAGE TOP