クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

タイトルだけが魅力的な記事は、はてブ数は伸びてもFacebookのいいね数が伸びない。釣りタイトルの判別に使えるかも?

f:id:cardmics:20180617211951j:plain

釣りタイトルだったり、タイトルが煽り気味の記事って、はてなブックマーク数は伸びていっても、Facebookのいいね数が伸びない傾向にある…って最近、思うのですが、みなさんのところはどうでしょうか?

  • はてなブックマーク…タイトルだけでブクマしてコメントする
  • Facebook…内容まで読んで、シェアするに値する記事だけいいね!する

今回はそんな、ただ思いついただけの雑談です。

はてブ数とFacebook言及数の関係性について:

いいね数が少ない記事は中身がない?

中身が薄く、タイトルだけでブクマを獲得したであろう『人気記事』を見てみると、Facebookが全くといっていいほど伸びていない。

こういったケースでははてブ数が100以上も付いているのに、不自然なくらいにFacebookのいいね数が1とか2という場合が多いのです*1

まぁ、これは考えてみれば当然な話。

実名で登録していることが多いFacebookでは、周りに情報をシェアするにも『この記事をシェアする価値』を考える方は多いため、中身のない記事に対していいねボタンを押すことは稀なんだと思われます。

  • シェアする価値のある記事…シェアして自分のポイントアップ
  • シェアしたら恥ずかしい記事…当然、シェアしない。

結果、いくらはてブ数が伸びて多くの方に読まれたとしても、Facebookのいいね数が伸びていかないのですね(読むに値しない記事の可能性が高いということ)。

当サイトの記事でいうとコレ:

ちなみに当サイト『クレジットカードの読みもの』内の記事でいうと、下記記事がそれにあたります。

正直、ここまでブクマが伸びるとは思ってなかった記事ですね。

f:id:cardmics:20140823213331g:plain

実際、ブクマが420もあるわりには、いいね数が22しかない、内容がスカスカな記事…。

さらにページを開いてもらえればわかりますが、一目瞭然で駄記事だとわかるくらいなので、いいねボタンが押されなくても当然だと思います(そのくらいクオリティが低いです)。

はてブ数だけで記事の良し悪しはわからない?

このように釣りタイトルの常用や、はてブスパムをしている方かどうかは、このあたりで判別が付くのかもしれません。

是非、みなさんもはてブ数だけで記事をチェックするのではなく、Facebookのいいね数まで考慮した上で、記事の質とやらをチェックしてみてください。

その際、Facebookのいいね数に対してはてブ数だけが伸びてる記事があったら、その記事は最初から読む価値がない記事かもしれませんよ*2

以上、タイトルだけが魅力的な記事は、はてブ数は伸びてもFacebookのいいね数が伸びない。釣りタイトルの判別に使えるかも…という話題でした。

参考リンク:

当サイト『クレジットカードの読みもの』が過去にまとめたブログの集客テクニックについては下記記事を参考に。記事を収益化する方法などもまとめていますよ。

news.cardmics.com

*1:中身がなくても挑発的な内容の記事は、Facebook上で議論されることがあるのでいいね数アップに繋がります。

*2:ブクマ数が100以上に伸びている場合に限った話です。もちろん記事の内容によってはシェアされにくいものも多いので、あくまでそういう傾向があるかも…という程度に考えてみてください(まぁ実際にはFacebookでシェアされやすい内容、Twitterでシェアされやすい内容などが存在するので、一概に「こうだ!」ということはできません。あくまでそういう傾向があるかもなぁと思って書いただけの記事となります)。

PAGE TOP