クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ディズニーランドにある会員制レストラン「Club33(クラブ33)」を利用した感想!JCBカードを使った、会員権なしでのクラブ33利用です。

f:id:cardmics:20180715135807j:plain

東京ディズニーランド内にある会員制レストランである「Club33(クラブ33)」。

先日、JCBカード経由で運良くこのレストランを利用することが出来たので、今回は雑談がてらその感想を書いてみたいと思います。

いつかはクラブ33で食事をしたいと考えているディズニーファンの方は是非、ご覧ください。

クラブ33内は撮影禁止なので、申し訳ございませんが文字が多めの記事となります。

クラブ33を利用した感想について:

入店するためにはインターホンで呼出が必要:

まず、前述のようにクラブ33は会員制のレストラン。

特別な会員権や招待状を持っている人しか利用することができない空間なので、入店をするためには入り口脇に設置されているインターホンにて、係の人を呼び出す必要性があります(入り口のドアには鍵がかかっていて入店できない)。

インターホン越しに予約名を連絡:

インターホン越しに係の人が出たら、『○時に予約した○○です』といった感じで予約時間と予約名を伝達すれば入店はOK。

これで入り口まで迎えて来てくれるので、晴れてクラブ33へ足を踏み入れることが可能になります。

2階のロビーでしばらく待たされる:

その後、クラブ33内の方と一緒にエレベーターの乗り、2階で降りると応接セットがいくつか置かれているスペースが広がります。

その後はそこで少し待たされることになるわけですが、実はここでしか販売されていないクラブ33オリジナルのグッズを閲覧することが出来るので、ディズニーマニアの方はしっかりとその詳細をチェックしておいてください(下記はその例)。

  • クラブ33で利用しているお皿
  • クラブ33で利用しているナイフやフォーク
  • クラブ33オリジナルのイヤープレート
  • オリジナルのミッキー&ミニーのぬいぐるみ
  • クラブ33デザインの腕時計など

希望すれば退店時に購入して帰ることが可能です。

オークション等で高値で売買されてるらしい:

ちなみにクラブ33オリジナルのグッズというのはヤフーオークション等で高値で売買されているようで、購入する際には個数制限が設けられています。

加えてクラブ33は基本的にお金持ちのためのスペース。

東京ディズニーランド内にある他のお土産屋さんで売られているような価格よりも、かなり値段設定が高めに設定されているので、購入を希望するならお金に余裕をもってクラブ33に行くようにしてください。

下手すると10万円くらい軽く飛んでいきますよ。

レストラン内はディズニー色はあまり無い:

そんなこんなで5~10分ほど待たされたら、いよいよクラブ33での食事。

ただレストランスペースに入店してみると意外なほどにディズニー色がまったくなく、ごくごく平均的なフレンチレストランのそれと似た感じの作りになっています。

壁にダッフィーが描かれているとか、カーテンがミッキー柄とかそんなこともありません。

食事にもディズニー色はない:

また、コース料理として出される食事には、たとえば『プーさんのはちみつソースを使ったフォアグラソテー』とか、『チップとデールが拾ったドングリパイ』みたいな感じのものが出てくるのかなと思っていたら、こちらもディズニーらしさはまったくなし。

  • 想像では:ディズニーっぽい料理が出る
  • 実際には:一般的な高級フレンチ料理

クラブ33の文字がかかれた器とカトラリー(ナイフやフォーク)などが、唯一、ディズニーらしさを演出してただけで、食事を提供してくれる人も、ソムリエの方もごくごく普通でしたね。

もちろん、ミッキーの形にくり抜かれた人参やポテトなんてものも無し。どうやらクラブ33は大人のための、硬派なレストランに近いようです(そもそもディズニーマニア向けではなく、スポンサー等の会員向けレストランなのでそれも当然?)。

クラブ33店内の様子について:

最後にクラブ33店内の様子ですが、私が利用した日は平日&ランチだったためか、利用者は私を含めて2組だけ。

約1時間半ほどランチを楽しんだ最中にも入ってくるお客さん&出ていくお客さんはゼロだったので、たぶん、この日のランチ利用者は2組のみだった可能性が高いですね。

席数にして20席くらいはある&クラブ33を利用したい人が多いことを考えると、ちょっと勿体ないなぁという気がします*1

ドレスコードは徹底されていない?

あと、クラブ33といえばドレスコードのあるレストランとしてマニアの間では有名…なんですが、私の他に来店していた利用者はTシャツ&デニム姿の男性だったので、ドレスコードが徹底されているわけでもない感じ。

仮にドレスコードの存在を知らずにクラブ33に行くことになってしまったとしても、よほど酷い格好でもなければ入店を断られることもないのかもしれません(周りの目を気にすることなくクラブ33を楽しみたいなら、ちゃんとした格好で行くことを推奨)。

ディズニーランドでお酒が飲めるのはここだけ:

東京ディズニーシー内では当たり前のようにお酒が販売されていますが、東京ディズニーランドの中でお酒が販売されているのは唯一、クラブ33の中だけ。

  • 東京ディズニーシー:お酒販売あり
  • 東京ディズニーランド:クラブ33以外でお酒販売なし

そのため、ほろ酔い加減でディズニーランド内を歩いている人がいたら、その人はもしかするとクラブ33でコースを堪能してきた後かもですね。

私も例に漏れず、クラブ33でビールやグラスワインやらを楽しんだ後、フラフラと東京ディズニーランドを満喫しました(苦笑)

クラブ33を利用する方法について:

f:id:cardmics:20180715140023j:plain

そんな会員制レストランであるクラブ33を、お金もコネもない一般人が利用するためには、東京ディズニーランドの公式スポンサーであるJCBのクレジットカードを持つ他なし。

詳しくは下記記事にまとめてありますが、何年か努力して頑張りさえすればあなたもクラブ33を利用できる可能性があるので、是非、『いつかはクラブ33で食事を…』と思ってる方はその夢に挑戦してもらえればなと思います。

最近ではJCBプラチナカードといって、JCB THE CLASS入手への手順が短縮できるクレジットカードも誕生していますよ(JCBプラチナの公式サイトはこちら)。

以上、ディズニーランドにある会員制レストラン「Club33(クラブ33)」を利用した感想!JCBカードを使った、会員権なしでのクラブ33利用です…という話題でした*2

参考リンク:

クラブ33予約への唯一のルートである、JCB THE CLASSというクレジットカードに関する情報は下記記事も参考に。私はもう10年近く、このクレジットカードにお世話になっています。

news.cardmics.com

*1:たぶんですがクラブ33はスポンサー企業向けのレストランなので、急な予約等でお客さんが入ってきても対処可能な状況にしているのかなと思いますね。

*2:尚、クラブ33については一応、秘密の会員制レストランという場所なので、一般的に知られている情報でも、場所やその立地ならではのメリットについては割愛させていただきました。今回紹介した感想以外の点については、実際にクラブ33を利用した上で味わってもらえればなと思います。

PAGE TOP