クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

ダイナースクラブカードのビジネス・アカウントカード入手!これで経費の支払いと私的なカード利用を分けられるようになります。

f:id:cardmics:20170924142954j:plain

前々から作るべきだったんですが、ついつい面倒臭がって作っていなかったダイナースクラブカードのビジネス・アカウントカード。

今回、昨年の青色申告で手間取った…ということもあり、ついに重い腰をあげてカード発行を申し込んでみました。

ビジネス・アカウントカードについて:

私的なカード利用と仕事用を分けられる:

ビジネス・アカウントカードを作る最大のメリットといえば、やはり私的なクレジットカード利用と事業用の決済を区別することが出来るようになるということ。

下記のように個人的な支払いはいつものダイナースクラブカードで支払い、仕事関連の費用についてはビジネス・アカウントカードで支払えば、経費かそれ以外かを綺麗に分けることが可能になります。

  • 私的な支払い:個人名義のクレジットカードで払う
  • 事業用の支払い:ビジネス・アカウントカードで払う

逆に区別せずに利用してしまうと、『えっと、どの支払いが仕事用だったっけ?』とあとで確認する手間が発生してしまう…というわけですね。

クラウド会計ソフトと組み合わせれば楽ちん:

さらにこれに加えて、MoneyForwardクラウド青色申告などのクラウド会計ソフトを組み合わせれば、記帳作業を劇的に楽にできるメリットも。

なにせダイナースクラブのビジネス・アカウントカードで支払ったものはすべて経費。

『どれが私的利用でどれが仕事用だったかな?』と記帳時に悩むことがなくなるので、そのまま記帳できるのはほんと便利です。

特に私のように1人でビジネスを展開している個人事業主にとっては、この合理化で節約できる時間は計り知れません(クレジットカードを使った記帳作業の合理化については下記記事を参照)。

news.cardmics.com

発行期間は約10日間:

ダイナースクラブのビジネス・アカウントカードを申し込みしてから発行されるまでにかかった時間は、約10日間程度。営業日でいうとだいたい7営業日…といったところでしょうか。

基本的には親となるダイナースクラブカードとは異なり、子カードであるビジネス・アカウントカードには入会審査がないため、発行が比較的スムーズだった可能性大。

ダイナースクラブカードそのものの新規入会だと、もう少し発行期間が必要となりますよ。

ビジネス・アカウントカードの注意点:

f:id:cardmics:20170924143402j:plain

最後にビジネス・アカウントカードの注意点をいくつかあげておきます。

1つ目はビジネス・アカウントカードは経費支払用のクレジットカードのため、原則、一括払いのみしか利用できないクレジットカードだという点。

  • 通常のダイナースクラブカード:支払い方法を選択可能
  • ビジネス・アカウントカード:支払い方法は1回払いのみ

リボ払いやボーナス払いはもちろんのこと、2回払などの支払いも使えないのでご注意ください。

親カードとは別にポイントが貯まる:

2つ目はダイナースクラブカード本体とビジネス・アカウントカードではそれぞれでポイントが貯まる…という点。

残念ながら個人向けカードとビジネス・アカウントカードのポイントは合算できないので、個別に特典などと交換するようにしてください。まぁ経営者であれば大したデメリットにはなりえない点ですね。

以上、ダイナースクラブカードのビジネス・アカウントカードを入手!これで事業用の支出をすべてこのカードで払えることになります…という雑談でした。

ちなみに。

経費支払い向けのダイナースクラブにはダイナースクラブ ビジネスカードもありますが、個人事業主の方であれば個人利用と事業利用で使い分け可能な、ビジネス・アカウントカードのほうがおすすめ。

ダイナースクラブ ビジネスカードのみだと今度は私的な支払いにダイナースクラブカードが使えなくなってしまいますよ。

参考リンク:

その他、個人事業主としてクレジットカードを持ちたい…という方は、下記の法人向けクレジットカード特集も参考に。

ダイナースクラブカード以外にも様々な事業者向けカードを紹介しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP