クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

サークルのお金を管理するために、サークル名義のクレジットカードを発行して貰うことは可能なのか?活動費をカード払いしたい方に。

f:id:cardmics:20180505154717j:plain

大学や専門学校などのサークル活動の支払いを、クレジットカード払い出来ると便利だよなーと思う方、いらっしゃいますよね。

サークル名義のクレジットカードを1枚発行し、サークル関連の出費をすべてそのカードで支払うことができれば確かに楽ちんなんですが、こういったクレジットカードの使い方は可能なんでしょうか?

そこで今回はサークル名義でクレジットカードを作成できるのかについて、記事を書いてみたいと思います。

サークル名義のカード発行について:

原則としてカード発行は無理:

まず、結論から先に言ってしまうと、サークル名義のクレジットカード発行は原則、不可能です。

この理由は非常にシンプルで、クレジットカードを使って支払った金額の返済について誰が責任を持つのかというのが明確にわからないため。

  • 個人向けカード:支払いの責任はそのカード保有者
  • サークル向けカード:支払い責任が誰なのかわからない

特にサークルというのは会社などの法人とは違って非常にもろい団体なので、内部分裂や喧嘩等で『誰が支払いをするのか』で揉めることは頻繁にあることでしょう。

サークル用の銀行口座がきちんとある場合:

『いやいや、うちにはサークル用の銀行口座がきちんと用意されているから、そこからお金を引き落とせば良いんじゃないの?』と思われる方もいるかもしれませんが、それでも前述の問題点をクリアすることが出来ません。

こちらも結局のところ、銀行口座残高が不足してしまえば前述の例とまったく一緒になってしまうので、クレジットカードを発行する側であるカード会社としてみれば怖くてカード発行など出来ないのです(その点、株式会社やNPO法人では会社全体で支払いの責任が発生するので返済の責任を明確化しやすい)。

  • 企業や個人事業:経営者が支払いの責任を持つ
  • サークル:リーダーが支払い責任を持つのは難しい

リーダーがサークル専用のカードを作ればOK:

f:id:cardmics:20171203130922j:plain

では、どうすればサークルの費用支払をクレジットカード払いで出来るかというと、これはもう、サークルのリーダー、もしくは会計担当者が自分名義のクレジットカードを作成し、それをサークル専用のクレジットカードとして使うしかありません。

そうすればそのカードで支払いをする=サークルの関連する費用の支払い…という位置付けが出来るようになるので、活動費の精算が簡単に。あとは所属しているメンバー人数で割り勘をして請求をすれば支払いはグンと楽になることでしょう。

問題点は返済責任がある点:

ただこの方法には大きな問題点がある…というのは前述の通り。

仮にサークルのメンバーが活動費を払わないで逃げてしまったり、内部分裂等で活動費回収の目処がたたなくなってしまった場合にはクレジットカード保有人が損をかぶることになるのでこの点はくれぐれもご注意ください。

  • メンバーが活動費を払ってくれる場合:問題なし
  • メンバーが活動費を踏み倒した場合:自己負担に

まぁある程度、人数のいるサークルであれば誰かが費用を踏み倒してもその分を全員で割り勘するなども出来るので、そこまで大きなリスクにはならないのかもしれませんね。

以上、サークルのお金を管理するために、サークル名義のクレジットカードを発行して貰うことは可能なのか?活動費をカード払いしたい方に…という話題でした。

参考リンク:

専門学校生や大学生がクレジットカードを作ろうと思うなら、下記記事を参考にどうぞ。学生が作成可能なクレジットカードの中から、おすすめのカードを紹介しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP