クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットヒストリーを磨くにはどうすればいいのか?良いクレヒスを構築するために効果のある、絶対に正しい方法をまとめてみました。

f:id:cardmics:20171119232226j:plain

いつかはブラックカードやプラチナカードを入手したいので、そのためにもクレジットヒストリー(クレヒス)を磨きたい!という方は多いと思います。

しかし、いざクレジットヒストリーを磨こうとしても、正直、どうやったら良くなるのかなんて普通はわからないもの。更にネット上には「リボ払いをどんどん使えばいい」なんて誤った情報も溢れているため、迂闊に情報を信じてはいけないケースもあったりします。

そこで今回は、絶対に正しいクレジットヒストリーを良くするためのやり方のみを紹介してみたいと思います。将来のブラックカードホルダーを目指している方は是非、この記事を読んで今日からせっせとクレヒスを磨いてみてくださいね。

クレヒスを良くするやり方:

利用&返済するだけでクレヒスは良くなる:

絶対に正しいクレジットヒストリーを良くするやり方は単純そのもの。

毎月、保有しているクレジットカードをきちんと利用して、その利用代金を必ず口座振替日に支払うだけです。これを永遠と繰り返していけば、5年後、10年後には私のようにブラックカードを入手することだって夢ではありません。

『へっ、そんなこと普通にやってるけど…』と思われるかもしれませんが、みなさんは下記のことをちゃんと守れていますか?

  1. 毎月、クレジットカードを利用すること。たまに…ではなく、毎月です。
  2. 必ず口座振替日に支払うこと。銀行口座の残高不足などで、口座振替日以外に払ってはいけません。

特に2番目は重要で、たとえ1日であっても支払い遅延を起こすのはクレジットヒストリーを良くするためには絶対にNG。

クレジットカード会社とあなたとの間の信用は「クレジットカードをきちんと使い、お金をきちんと返済するかどうか」で保たれているものなので、この2つのルールを守れない方はクレジットヒストリーを良くすることが出来ないのです。

ルールを守り続けるからこそ信用が生まれる:

このようにきちんとルールを守り続けた方のみ、手に入れられるのが「信用」です。

1日でも支払いが遅くなってしまうようなヘマをする人は、クレジットカード会社から「もしかしてこの人、お金に困っているんじゃないか?」と疑いをかけられたり、「契約内容を守れないズボラな人」という印象を持たれてしまっても文句は言えません。

そうなりたくないのであれば、毎月の利用&返済が不可欠なんです。

うっかりは誰にでもあるけれども:

『いやいや、そうはいっても返済日を忘れちゃうこともあるし、たまに遅れるくらいなら大丈夫なんじゃないの?』と思われる方も多いかと思いますが、たとえばあなたが誰かに100万円という大金を貸した場合で、相手から返済日にもかかわらずお金が返済されなかったらどう思いますか?

いくら「ごめんごめん、うっかり返済日を忘れちゃってたよ」と言われても、100万円ものお金を貸している相手。そのまま相手の言葉を信用できるかといえば無理だと思います。

  • 返済日を忘れちゃってたよ:信用できない
  • 入金を忘れちゃって:信用できない
  • 連絡をしようと思ってたところだったよ:信用できない

つまり、クレジットカード代金の返済日にお金を支払わないということは、そういうことなんです。カード会社からの信用を失っても文句は言えません(結果、クレヒスが悪くなる)。

利用&返済のみでクレヒスは良くなる:

だからこそ、継続してクレジットカードを使い、その利用代金を毎月、過不足なくきちんと支払日に払える方には信用が生まれます。

そしてそれを継続していけばいつの日か「この人にならプラチナカードやブラックカードを預けても大丈夫だろう」というカード会社からの信頼が生まれ、その結果としてあなたもプラチナカードやブラックカード保有者になれるのですね(プラチナカードの解説は下記記事にて)。

news.cardmics.com

個人事業主でもブラックカードは持てる:

私は現在、社会的信用が乏しいと言われている個人事業主。しかし、クレヒスを20年近く磨いてきたせいか、現在ではブラックカードを3枚、プラチナカードを2枚ほど保有することができています。

そのため、みなさんも年収が○○円だから無理だとか、自分は中小企業社員だから無理とか、そういったことを思わずに是非、クレジットヒストリーを磨いてステータスカード入手を目指してみてください。

実際、しがない個人事業主である私でさえブラックカードを保有することができているわけですから、みなさんにもきっと、不可能なことなんてありませんよ。

クレヒスを良くする王道な方法まとめ:

f:id:cardmics:20180512140224j:plain

クレジットヒストリーを良くするためには、毎月クレジットカードを利用して期日までにしっかり返済することが重要…ということをここまで解説させていただきましたが、さすがにこれだけだとちょっと物足りない…という方のために、ここからはクレヒスを良くするためのその他の方法についてもまとめておきます。

どうにかしてクレヒスを良くしたいんだ…という方は参考にしてみてください。

勤務先情報や年収を変更する:

クレジットカードを保有してから3年、5年といった月日が経過すると、勤務先や年収などが徐々に変化していくもの。

しかし、それらの情報を変更せず、クレジットカード会社に対して入会当時の情報のみを伝えた状況のまま…という方は、それだけ、自分のクレジットヒストリーを良くできるチャンスを逃している可能性があります。

登録情報を最新にしよう:

そのため、もしカード入会当時よりも年収があがったとか、中小企業勤務から大手企業勤務に変更になったなどのステータス変更があった場合には、極力、早めにカード会社に連絡をするのがおすすめ。

カード会社としてもステータス更新をしてもらえるとそれだけ顧客情報の管理がしやすい&信用情報の再検討が可能になるので、うまくいけばあなたのクレヒスを良くすることができますよ。

リボ払いやキャッシングは使わない:

クレジットヒストリーを良くするための方法、2つ目はリボ払いやキャッシングといった『お金に困った時に利用しがちなサービス』を極力使わないようにするという点です。

こちらはまぁ、カード会社の立場になってみればわかりやすいですが、やはり普段からお金に困ってキャッシングサービスを利用しているお客さんと、キャッシングサービスを使わずに一回払いだけで支払いをしているお客さんとでは、言うまでもなく後者のほうが信用できますよね。

  • 普段から借金ばかりしている人:信用力が低い
  • 普段から1回払いを使ってる人:信用力が高い

また、キャッシング漬けのお客さんが『俺は信用力のある人間だから、ブラックカードを発行してほしい!』と熱弁したところで説得力に欠けるのは当然の話。

つまりクレヒスを良くしてステータスカード入手を目指すのであれば、リボ払いやキャッシングは避けるほうがいいのです。

カードが作れない人には逆の場合も:

但し、ステータスカードが欲しいのではなく、2枚目、3枚目といったクレジットカードが欲しいだけ…という方の場合には、リボ払いやキャッシングを使うことがクレヒス構築につながることもあります。

こちらのケースでは、リボ払いやキャッシングを使う際に、返済日と返済金額をきちんと守ることがとにかく重要。

前述のように返済日さえしっかり守ることができれば、徐々にクレジットヒストリーも良くなってくものと思いますよ(とはいえ、このやり方ではブラックカードやプラチナカードは作れません)。

  • ステータスカードを狙うなら:リボ払い等は避けるべき
  • もう1枚、カードが欲しいなら:リボ払い等を使ってもいいが、返済はしっかりと

詳しくは下記記事も参考にどうぞ。

news.cardmics.com

変わったやり方はたくさんあるけれども:

f:id:cardmics:20170717002503j:plain

他、冒頭にもあった「リボ払いを積極的に使え!」など、ネット上には眉唾なクレヒス良化方法が紹介されていますが、正直、そういったテクニックは裏付けが乏しく、すべてのカード会社に対して効果的な方法とはいえないものも多いように思います(他、キャッシングを使えとか、利用限度額いっぱいまで使うなとか)。

その点、今回紹介したクレヒスを良くする方法は、すべてのカード会社に対して効果のある、最良のクレヒス構築方法

これなら誰にでも実践可能で且つ、全カード会社から歓迎される方法なので、クレジットヒストリーをよくしたい方にはうってつけですよ。おすすめです。

以上、クレジットヒストリーを磨くにはどうすればいいのか?良いクレヒスを構築するために効果のある、絶対に正しい方法をまとめてみました…という話題でした。

参考リンク:

クレヒスを磨くためにはまず、クレジットカードを持っていることが前提になります。なかなかクレジットカードを作ることが出来ないという方は、下記記事なども参考にしてみてください。

news.cardmics.com

PAGE TOP