クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードの還元率とは何かをわかりやすく解説!どのくらいのポイント還元率があれば、高還元率クレジットカードに値する?

f:id:cardmics:20171109093255j:plain

クレジットカードの比較サイトや雑誌を読むと、よく登場する「還元率(かんげんりつ)」という言葉。

しかし、クレジットカードをまだ作ったことがない方や、銀行やお店から言われるがままにクレジットカードを作っただけの方だと、正直、還元率ってなんの話かよくわかりませんよね。

そこで今回は初心者の方を対象に、クレジットカードの還元率について徹底解説。ここでしっかりと還元率を理解しておけば、その後はどのクレジットカードがお得かどうかといった選び方がわかるようになりますよ。

クレジットカードの還元率について:

クレカの還元率とはなに?

まず、クレジットカードの還元率とはなにかを簡単に説明すると、クレジットカードで支払いをした時にどのくらいポイントが貯まるのかという比率のこと。

たとえばテレビCMで有名な楽天カードは100円の買い物で利用すると1円分の楽天ポイントが貯まるので、還元率としては下記のような形となります。

  • 100円利用で1円分のポイント:
    利用額の1%分のポイントが貯まるということだから還元率は1%

還元率を算出する計算式は(獲得ポイント数)÷(カード利用額)で算出可能。楽天カードの場合には100円で1円分なので還元率は1%…と非常にわかりやすいですね。

単純明快です。

還元率はカードによって異なる:

次に、インターネット上で人気のエポスカードは、200円あたり1円分のポイントが貯まるクレジットカードなんですが、こちらの還元率は0.5%程度。

  • 200円利用で1円分のポイント:
    利用額の0.5%分のポイントが貯まるということだから還元率は0.5%

ざっくり、楽天カードの半分程度しかポイントが貯まらないことになるので、下記図解のように、1万円、100万円といった金額で利用していくと、ポイント獲得数において大きな差が生じることになります。

還元率が違うと、獲得できるポイント数にも大きな差が生じる

還元率が違うと、獲得できるポイント数にも大きな差が生じる

どちらのクレジットカードを使えばポイントが溜まりやすいかは、もはや言うまでもありません(楽天カードの公式サイト)。

ポイント価値がわからないと還元率も不明:

ここまでを読んで、『なるほど、還元率というのはカード利用額と獲得ポイント数で計算すればいいのか』ということがなんとなくわかってもらえたかと思いますが、難しいのはポイント価値が1ポイント=1円ではないクレジットカードについて。

その最たる例が三井住友VISAカードですね。

こちらは下記のように1,000円の利用あたり1ポイントが貯まるクレジットカードなので、一見、還元率は0.1%なんじゃないかなと思ってしまうところ。

ご利用金額の合計1,000円(含む消費税等)ごとに1ポイントをプレゼントします。

しかし、三井住友VISAカード利用で貯めたポイントは1ポイントあたり5円相当の価値があるため、実際には1,000円利用で5円分のポイント獲得=還元率は0.5%という形となります。

セゾンカードやニコスカード等もわかりにくい:

同様に永久不滅ポイントで有名なセゾンカードや、40代、50代の方には馴染み深いニコスカードやDCカードも、1ポイントの価値が1円ではないクレジットカード。

これらのクレジットカードの還元率を調べる場合には、1ポイントあたりの価値を算出した上ではないと計算が出来ないので、この点は注意ください(概ね0.4~0.5%の還元率にはなる)。

詳しくは下記記事を参考にどうぞ。

news.cardmics.com

ポイント価値が1円以下のカードも:

ちなみに。

一昔前には逆に、1ポイントの価値が0.1円以下のクレジットカードなんてものもありました(下記記事のようにAmazonでも発行した履歴あり)。

今回の入会キャンペーンで貰える2万ポイントについても、実は価値にしてわずか2,000円分のポイント。

こういったカードでは見た目的に多くのポイントが貯まるものの、還元率で考えると0.5%以下のものばかり。

要するに低い還元率を付与ポイント数の多さでごまかそうとしていたわけですが、現在ではそのほとんどが発行停止になったか、もしくはポイント付与数の見直しをしたところをみると、そう長くは騙すことができなかったのでしょう(苦笑)

早めに是正されて良かったなぁ…と個人的にも思います。

還元率だけがクレジットカードのすべてじゃない:

私自身もついつい、クレジットカードの還元率を考えた上でカード比較をしてしまいがちですが、クレジットカードの魅力はなにもポイントだけではありません。

実際、この記事で比較対象として紹介したエポスカードは、還元率だけで見ると平々凡々なダメクレジットカード。

しかし、各種優待や割引制度、そして年会費無料のゴールドカード入手ができるメリットを考えるとおすすめの一枚に化けるクレジットカードでもあります(詳細は下記記事にて)。

こんな感じでポイントやマイル獲得の還元率ってすごく大事ですが、それ以外にもクレジットカードには多くの魅力が存在。是非、みなさんには還元率だけでなく、様々な角度からクレジットカード選びをしてもらえればな…と思います(比較方法についてはこちらの記事を参照)。

高還元率クレジットカードについて:

f:id:cardmics:20170825234455j:plain

ここまででクレジットカードの還元率に関する基礎知識はわかってもらえたと思うので、ここから先は現時点でのクレジットカード業界についても少し、紹介していこうと思います。

高還元率って何パーセント以上から?

2018年現在、いわゆる高還元率クレジットカードというのは、還元率にして1.0%以上のクレジットカードを指すことが多くなりました。

  • 還元率1.0%以上:高還元率クレジットカード
  • 還元率1.0%未満:普通のクレジットカード

これ、昔はもっと還元率が高くて、1.5~2.0%くらいのクレジットカードのことを高還元率と呼んでいた時代もあったんですが、現時点では1.0%を超えれば高還元率で間違いなし

そう言い切ってしまっても反論が飛んでこないくらいに、クレジットカードの還元率は年々、低下傾向にあります。

なぜ還元率が低下しているのか?

ではなぜ、クレジットカードの還元率が低下傾向にあるのかというと、これはクレジットカード会社が加盟店(カード払いが使えるお店などのこと)から貰える手数料が低下傾向にあるため。

あまり意識されたことはないかもしれませんが、みなさんがカードを利用した時に貰えるポイントは、クレジットカード会社がカード加盟店からもらった手数料をもとにプレゼントしている「おまけ」のようなもの。

クレジットカード利用でポイントが還元される仕組み

クレジットカード利用でポイントが還元される仕組み

そのため、その元となる手数料が低下してしまうと、その分だけ還元できるポイントやマイルが減る…という流れがあるのですね(昔は手数料が高かったので、その分だけ多くのポイントをみなさんに付与できた)。

先日も下記のようなニュースが報じられたばかりとなります。

政府が平成31年10月の消費税率引き上げにあわせ消費者にポイントを還元する景気対策で、クレジットカード会社に対し、小売りなどの加盟店から受け取る手数料を引き下げるよう要請する方向で調整に入ったことが18日、分かった。

ポイントを貯めたいなら還元率が高いものを:

このようにクレジットカードの還元率は低下傾向にあるわけですが、だからといってどのクレジットカードを使っても一緒かといえばそんなことはありません。

やはり還元率が0.5%のクレジットカードを使うよりも、還元率が1.0%以上のものを使ったほうがポイントは溜まりやすいので、是非、この機会に還元率が高いクレジットカード作成を検討してみてください。

上手に切り替えれば従来の2倍、3倍のスピードで獲得ポイント数を増やすことも可能ですよ(おすすめの高還元率カードについては下記記事を参照)。

以上、クレジットカードの還元率とは何かをわかりやすく解説!どのくらいのポイント還元率があれば、高還元率クレジットカードに値する?…という話題でした。

参考リンク:

『クレジットカードについてちょっと興味が出てきたから、もっといろんな知識を知りたい!』という方は下記記事も参考に。

当サイト「クレジットカードの読みもの」が過去にまとめた、クレジットカードの専門記事を紹介しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP