クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

保有中のクレジットカードが使えるかどうかは、店頭でどう確認すればいい?ブランドマーク一覧のどこを見れば確認出来るかを解説。

f:id:cardmics:20150129000251j:plain

自分が持っているクレジットカードが、そのお店で利用可能かどうか。

たとえば上記画像のように、カード会社のブランドマークがこれでもかっ!と並んでいる場合、『私が持ってるこのカードは、本当にこのお店で使えるんだろうか?』と不安になってしまう方は多いと思います。

  • カード会社のマークを発見:カードをその店で使う
  • カード会社のマークがなかった:カードを使うのをためらう?

そこで今回は、店頭に貼られているカードブランドリストのどこを見れば、自分のクレジットカードが使えるかどうかがわかるのか?という点を徹底解説(初心者向け記事)。

これを読んでいただければ今後はオドオドせずに、クレジットカード払いができるようになるはずですよ。

保有カードが使えるかどうかの確認方法:

ブランドリストのどこを見れば使えるかわかる?

まず、結論から先にいってしまうと、自分が持っているクレジットカードを発行している会社ロゴマークが店頭にあるかどうかは、実はまったく重要ではありません。

『私はニコスカードを利用しているから、NICOSのマークがあるかどうかをいつもチェックしている(NICOSのマークがないと使えないと思って使わない)。』とか、『私が持っているのはオリコカードだから、オリコのロゴをつい探してしまう…』なんてことをしなくても、全く問題はないのです。

確認すべきは5つのブランドマーク:

ではどこを確認すれば保有クレジットカードが使えるかどうかがわかるのかというと、それが下記画像の赤枠の中のみ。

この5つのマーク(VISA、MasterCard、JCB、アメックス、ダイナースクラブ)のうちどれかが、日本で発行されているクレジットカードには入っているはずなので、そのマークがあるかどうかのみを確認すれば良いのです。

  • 不正解:
    ニコスカード保有者は、NICOSロゴが表示されているか確認
  • 正解:
    ニコスカード保有者は、カードに付いている下記5つのロゴを確認

f:id:cardmics:20150129001333j:plain

上記画像のケースでいえば5つのブランドすべてが表示されているので、このお店では日本で発行されている99%以上のクレジットカードが使えると思って間違いなし。

イオンカードでもライフカードでも、ジャックスカードでもオリコカードであっても、これらのマークがカード表面に見つけられたなら、問題なく支払いに使えます。

わかりやすい例を紹介:

ちょっとわかりにくいので実際にクレジットカードの券面画像を使ってもう一度解説させていただきます。

下記はテレビCMでも知名度のある楽天カードというクレジットカードですが、このクレジットカードの券面には左上のRAKUTENのロゴと、右下にMastercard(マスターカード)のロゴマークがあるのを確認できるはず。

右下のブランドロゴを確認すると使えるお店がわかる

右下のブランドロゴを確認すると使えるお店がわかる

この際、大事なのは右下の国際ブランドと呼ばれるロゴマークのほう。

ここには前述のようにVISAカード、マスターカード、JCBカード、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブのいずれかのマークが印刷されている可能性大なので、このロゴマークを元に使えるお店を探せばOKとなります。

確認すべきは国際ブランドのみ:

このように、店頭で確認すべきなのは自分が持っているクレジットカードを発行している会社ではなく、VISA、MasterCard、JCB、アメックス、ダイナースクラブという5つのロゴマークのみ。

国際ブランドというマークを確認すればカードが使えるかわかる

国際ブランドというマークを確認すればカードが使えるかわかる

これらのうち、どれが表示されているかで、自分のクレジットカードがそのお店で使えるかどうかがわかるようになっているのですね(5つのロゴマークについて詳しくは下記記事を参照)。

news.cardmics.com

銀聯ブランドのカードも増加中:

保有カードが使えるかどうかは5つのブランドをチェックすれば大丈夫…ということはここまで解説した通りですが、最近ではこの5つに加え、中国の国際ブランドである銀聯カードのマークが付いたクレジットカードも増加中(下記カードなど)。

ただ日本国内向けのクレジットカードというよりかは、上海や北京、大連といった中国主要都市での支払い用クレジットカードなので、初心者の方は覚えなくてもまったく問題ありませんよ。5つのみで当面は大丈夫です。

いろんなマークを表示させるのは紛らわしい:

f:id:cardmics:20171109092347j:plain

最後に。

今回説明させていただいたように、保有中のクレジットカードが使えるかどうかはVISAカードやマスターカードといったロゴマークを確認すればOKなんですが、だったらなぜ、ニコスカードやらDCカード、楽天カードといったロゴマークを掲示してゴチャゴチャにしてしまう必要性があるのでしょうか?

これは単純に、各カード会社のブランド戦略によるものが大きいですね。自社のブランドロゴを街の至るところに表示させると、『おっ、このクレジットカードってこんなところでも使えるんだ』という印象を消費者に与えることが出来るので、使える場所が多いカードとして認知されやすいということがあるのだと思われます。

まぁカード利用者側からするとわかりにくいことこの上なし。カード会社の思惑などどうでもいいので、シンプルでわかりやすい表示を心がけて欲しいなと思います。

以上、保有中のクレジットカードが使えるかどうかは、店頭でどう確認すればいい?ブランドマーク一覧のどこを見れば確認出来るかを解説…という疑問解決記事でした。

参考リンク:

自分のクレジットカードが使えるかどうかについてわかったところで、次は「みなさんが持っているそのクレジットカードはほんとうにお得なのか?」というところにも気をつけてみてください。

残念ながらクレジットカードの中には、ポイントが貯まりやすいカードと貯まりにくいカードが存在しますよ(詳しくは下記記事にて)。

news.cardmics.com

PAGE TOP