クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

なぜクレジットカードを持つと金遣いが荒くなるの?カードを持ったことがない初心者の方向けに、その3つの理由を解説してみる。

f:id:cardmics:20170825234455j:plain

『クレジットカードを持つと金遣いが荒くなる。』

一般的にそう言われることが多いクレジットカードですが、ではなぜカードを持つと金遣いが荒くなると言われているのでしょうか?

今回はまだクレジットカードを持ったことがないという初心者の方向けに、その理由を解説してみたいと思います。

これからクレジットカードを作るのであれば、こういったカードの特徴&落とし穴をしっかりと理解した上で、作成するようにしてくださいね。

カードを持つと金遣いが荒くなる理由:

1.お金を支払っている感覚がなくなる:

まず、クレジットカードを持つと金遣いが荒くなる理由として一番よく言われるのが、『クレジットカード払いだとお金を払っている感覚がなくなってしまうため』です。

たとえば3万円のバッグを購入する場合、現金払いであれば財布の中から3枚の1万円札を取り出し、レジに置きますよね。「ああ、3万円の出費か…」ということが紙幣で支払いをしている分、誰の目にもわかりやすいと思います。

反面、クレジットカード払いの場合には、支払いに使うクレジットカードを店員渡すだけでOK。あとは店員が勝手に処理をしてくれて、あなたがすべきことはサイン、もしくは暗証番号の入力だけです。

  • 現金払い:
    貨幣で払う分、お金使った感覚がわかりやすい
  • クレジットカード払い:
    サインや暗証番号の入力で支払いが完了するため、お金を払っている実感が湧きにくい

たったこれだけの作業で支払いが終了してしまうため、カード払いだと3万円を使った実感を味わうことがほとんどないんですよね。

結果、お金を使っている感覚なしにどんどん買い物をしてしまい、人によっては現金払いをしていた時以上にお金を使ってしまう可能性があるのです。

2.銀行にお金がなくても買い物できる:

2つ目はクレジットカードって銀行口座にお金が入っていなくても、買い物できてしまうって点。

詳しいカードの仕組みについてはこちらの記事を参考にしてほしいんですが、たとえば銀行口座残高が0円だったとしても、クレジットカードがあれば100万円、300万円といった買い物をすることは理論上可能です。

だからこそ、お金を際限なく使えてしまうような浪費癖のある方は、カードを持つと途端に金遣いが荒くなる可能性アリ。

あれも欲しい、これも欲しい…という夢はクレジットカードで簡単に叶えることができるので、人によっては好きなものを好きなだけ買ってしまうことになるのですね。

  • お金を計画的に使える人:カードを持っても変化無し
  • 浪費癖のある人:カードを持つと際限なく買い物をしてしまう

しかしもちろん使った金額はあとでしっかり請求されるのがクレジットカード。

結局、こういった「一時的に金遣いが荒くなった方」というのは、その後、お金の返済で苦労するか、リボ払いの金利手数料ばかりを払う羽目になります(場合によってはそのまま消費者金融利用→自己破産への道を歩みます)。

3.ポイント獲得にハマる:

最後はこれ、ポイント獲得にハマりすぎて、クレジットカードをとにかく使いたくなってしまう場合です。

ご存知のようにクレジットカードは、薬局で利用してもスーパーで利用しても、支払い金額に応じてポイントが貯まるお得な支払手段(ポイント貯まる仕組みはこちらを参照)。

カードで支払うだけでポイントが貯まる

カードで支払うだけでポイントが貯まる

それゆえに、人によっては『あれも買い忘れてたな~』とか、『あっちのお店ならカード払いが出来るから行ってみよう』などなど、無理にクレジットカードを使おうとしてしまう傾向があります。

  • 自覚症状:現金払いと同じようにしかカードを使っていない
  • 実際には:不要なものまでカードで購入してしまっている

結果、現金払いをしていた時よりも支出が増えてしまうことに繋がり、金遣いが荒くなってしまうのですね。

いくら使ったかの把握がしないことも影響:

クレジットカードを正しく使っている方からすると理解しがたい感覚ですが、お金にルーズな方だと利用履歴を確認せずにクレジットカードを使い続けてしまうことがあります(本来、クレジットカードの利用履歴はスマホ等で簡単に確認できる)。

こうなると過去1ヶ月にどのくらいクレジットカードを利用したのかがわからないため、気付かぬうちに自分の収入以上のクレジットカード利用をしてしまうことも。

反面、現金払い主体であればATMからお金をおろし、その範囲内で使うだけで使いすぎを抑止できるので、お金の管理が苦手な方であればあるほど現金払いへの支持が多い傾向にありますね。

  • カード払い:確認しないと利用額がわからない
  • 現金払い:財布を見れば残高がわかる

この辺りもクレジットカードを持つと金遣いが荒くなる理由のひとつかもしれません(実際は金遣いが荒くなるのではなく、お金の管理が苦手だからこその弊害)。

落とし穴を理解していれば怖くないカード:

f:id:cardmics:20170819201621j:plain

ここまで3つほど、カードを持つと金遣いが荒くなってしまう理由を解説させていただきましたが、それではクレジットカードは持たないほうが良いのでしょうか?

この答えはもちろんNO。

基本的にはクレジットカードを持ったとしても、現金払いと同様の使い方さえしていれば金遣いが荒くなることは無いので、過度に怖がる必要性はなし。

むしろ使い方次第ではポイントが貰えたり、ネット通販でお得に買物が出来たりなどのメリットのほうが多いくらいです。

使いすぎてしまいそうな方は先に下記記事を:

それでも尚、使いすぎが怖い…という方は、下記記事を参考に。

クレジットカードを使い過ぎないようにするための解決策を6つほど紹介しているので、是非、参考にしてもられえればな…と思います。

以上、なぜクレジットカードを持つと金遣いが荒くなるの?カードを持ったことがない初心者の方向けに、その理由をカンタンに解説してみる…という話題でした。

参考リンク:

これから人生ではじめてクレジットカードを作る…という方は、事前にクレジットカードの仕組みについても勉強を!

なぜクレジットカード1枚あればお店で買い物ができるのか…といった理由がわかるようになりますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP